2019年12月07日

「うみねこのなく頃に」(2)



★キャラクター&キャスト
 キャラクターの数は多い上に、ゲーム盤の上のキャラクターと上位のゲームマスターのキャラクターが存在していて、一部のキャラクターに人間と魔女の二態が存在したりと複雑だ。更にゲームごとに設定にちがう部分があったりと視聴者に対して複雑さに輪をかけている。先に予備知識を得てから見たのである程度理解できたが、初めて見た人には一度で理解するにはかなり難しいと思われる。

◎右代宮家(うしろみやけ)
 日本の大富豪。関東大震災で多くの一族と財産を失ったが、当主金蔵がベアトリーチェから10トンの金塊を借り受け、それを担保にして資金を調達し一代にして再び大富豪に返り咲く。金蔵は個人所有の六軒島に住み、彼の子供たちは幼少の時期を島で過ごした。直系の一族と許された使用人のみが「片翼の鷲」と呼ばれる紋様の着用を許されている。姻族には許されていない。各々が纏う「片翼の鷲」の翼の部位、模様の細部、枚数などは異なる。序列は当主の金蔵を第1位に第2位長男・蔵臼、第3位長女・絵羽、第4位次男・留弗夫、第5位次女・楼座、第6位蔵臼の長女・朱志香、第7位絵羽の長男・譲治、第8位留弗夫の長男・戦人、第9位楼座の長女・真里亞、第10位蔵臼の妻・夏妃、第11位絵羽の夫・秀吉、第12位留弗夫の妻・霧江と続く。蔵臼の子供たちは大富豪の一族にありがちな、憎しみ合ってはいないが仲は険悪。

○右代宮金蔵(うしろみやきんぞう) / 麦人
 右代宮家当主。関東大震災以降、ベアトリーチェから借り受けた金塊10トンを元手に右代宮家を立て直す。余命3か月を宣告されて1年が経過。多指症で両足の指が6本ある。

○ベアトリーチェ / 大原さやか
 六軒島の森の奥にある「九羽鳥庵」という屋敷に住んでいた。魔女として育てられたが、魔法は使えず、屋敷に幽閉さえていた。迷い込んだ楼座から外の世界の存在を教えられ、誘われて脱出を計ったが誤って断崖から転落して亡くなる。楼座は恐怖から死体を放置したまま誰にも話さなかった。

○右代宮蔵臼(うしろみやくらうす) / 小杉十郎太
 金蔵の第1子、長男。父親に憧れて事業を展開するが芳しくなく金蔵の黄金の遺産を担保にしていた。妹、弟たちとは仲が良くないが、過去のいじめを悔いていて、本来は良心的で愛情深い人物。

〇右代宮夏妃(うしろみやなつひ) / 篠原恵美
 蔵臼の妻。次期当主の妻を自覚していて、金蔵からの信頼も厚いが、血族でないため片翼の鷲を纏うことを許されないことを歯がゆく思っている。それ故に使用人ながら片翼の鷲を纏うことを許されている紗音と嘉音には冷たい。

○右代宮朱志香(うしろみやじぇしか) / 井上麻里奈
 蔵臼と夏妃の娘、18歳の高校3年生、活発で男勝りの少女。高校では生徒会長で、バンド活動をしている。普段は男言葉を使っており、何故かメリケンサックを所持。喘息発作を起こすことがあり、吸入剤を常時所持している。使用人の嘉音に恋心を抱いている。

○右代宮絵羽(うしろみやえば) / 伊藤美紀
 金蔵の第2子、長女。夫は婿養子の秀吉。兄・蔵臼夫婦とは仲が悪く、譲治と使用人の紗音との交際にも難色を示す。六軒島の大量殺人事件を生き延び当主となる。後に病に倒れ不幸を背負わせるために縁寿に家督を譲る。

○右代宮秀吉(うしろみやひでよし) / 広瀬正志
 絵羽の婿養子の夫。小太り、おおらかで優しい性格。普段は関西弁を話す。経営する会社の状態は良くなく、金が絡むとマジ顔になる。妻を深く愛しており、いたわる姿が本編所々で見られる。

○右代宮譲治(うしろみやじょうじ) / 鈴村健一
 絵羽と秀吉の息子。金蔵の孫の中では唯一の成人。眼鏡をかけた好青年。成績優秀、まじめで穏やかな性格。使用人の紗音とは交際しており、深く愛している。親族会議の日に指輪を贈る。

○右代宮留弗夫(うしろみやるどるふ) / 小山力也
 金蔵の第3子で次男。前妻の明日夢とは6年前に死別、直後に霧江と再婚している。金蔵の子供たちの中では唯一の喫煙者。

○右代宮霧江(うしろみやきりえ) / 田中敦子
 留弗夫の後妻。戦人の義母、縁寿の実母。戦人からは「霧江さん」と呼ばれている。1986年の親族会議では、病気だった縁寿を実家に預けていた。旧家「須磨寺家」の出身。代宮家に嫁入りし、須磨寺家の家督は妹である霞に押しつけた。

○右代宮明日夢(うしろみやあすむ)
 留弗夫の前妻で故人。6年前に他界している。妊娠を理由に留弗夫と強引に結婚したため、霧江からは激しい嫉妬の対象となっていた。

○右代宮戦人(うしろみやばとら) / 小野大輔
 留弗夫の長男で本作の主人公、18歳。「ダメだな…ああ、全然ダメだぜ!」が口癖。明日夢を亡くした後、喪が明けないうちに霧江と再婚した父親に反抗して家出し、1986年親族会議で6年ぶりに六軒島を訪れる。EpisodeTで魔女ベアトリーチェと邂逅するが、ベアトリーチェの犯行、魔女の存在を否定して上位世界でベアトリーチェとゲームを対戦することになる。

○右代宮縁寿(うしろみやえんじぇ) / 佐藤利奈
 留弗夫と霧江の娘、戦人の妹。病弱な体質で1986年の親族会議時は体調不良で六軒島に渡っていない。絵羽が生き残った世界では絵羽に引き取られている。戦人と同じような口癖、「ああダメね、全然ダメ。」などを発する。病魔に倒れた絵羽から右代宮家の家督を相続することになる。この段階で右代宮家の最後の一人となる。魔女ベアトリーチェも引き継ぎ「エンジェ・ベアトリーチェ」となる。上位世界に登場した時は本名を隠し「グレーテル」と名乗っている。

○右代宮楼座(うしろみやろーざ) / 小清水亜美
 金蔵の第4子で次女。亜麻色のストレートの髪の美女。夫は蒸発しており、今はシングルマザー。教育熱心だが、娘のオカルト趣味、幼児言葉には辟易している。自分の感情の不安定さもあり、真里亞の言動に激昂して虐待たびたび行なっている。

○右代宮真里亞(うしろみやまりあ) / 堀江由衣
 楼座の娘、9歳。父親は行方不明で現在は母親と二人暮らし。素直で知能は高いが言動は年よりも幼く「うーうー」が口癖。オカルトに関する知識は一級で、それを披露する際は「きひひひひ」という薄気味悪い笑い声をあげ、普段よりも饒舌になる。


posted by KAZU at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年12月05日

「うみねこのなく頃に」(1)



 「うみねこのなく頃に」は2009年7月〜12月に放映されたアニメ作品。原作は同人サークル07th Expansionが製作し販売した同タイトルの同人ゲーム。タイトルでは「な」を赤文字で表記したりと、「赤」にこだわる部分があったりする。音楽ではゲームである原作の音楽がアレンジして使用されているそうだ。放送局によって若干の規制がかかっているようだが、アニメ作品であのモザイク必要なのか疑問だ。
 原作は竜騎士07 / 07th Expansion「うみねこのなく頃に」、監督は今千秋、キャラクターデザインに菊地洋子、音楽制作はフロンティアワークス、制作はStudio DEEN、製作はうみねこのなく頃に製作委員会・右代宮家一族。全26話。

 大富豪右代宮家の親族会議が六軒島で行なわれるため、親族一同が1986年10月4日に島を訪れる。4日〜5日にかけて右代宮家とその使用人たちが惨殺される大量殺人事件が起こる。当主右代宮金蔵が魔女ベアトリーチェから金塊10トンを借り受け、これを元に現在の財を築いたとされる。今回の親族会議にベアトリーチェが干渉し、金蔵に与えた金塊とその利子を返してもらいにきたと宣言する。そしてベアトリーチェの肖像画の下の碑文の暗号を解いた場合は回収を断念すると言う。しかし碑文に書かれた文句の通りに次々と殺人が実行されて行く。ゲームはこの事件の謎解きをするゲームのようであるが、アニメではパラレルワールドで起こった複数の大量殺人事件について、無限を操る魔女ベアトリーチェと魔女の存在を否定する右代宮戦人の理論的問答を中心に描いている。現実には人知を超える事象が描かれていて、視聴者から見れば戦人の論理武装には何の意味もないように思えるのだが、はて?

★サブタイトル
 各話のサブタイトルはチェス用語から取られているとのこと。"casling"や"promotion"くらいならともかく、門外なのでその意味とエピソードの中身の関係は計りかねるが、素直に分かる英語だけの意味を取れば合致しているように思う。

1. episode T-T opening
2. episode T-U first move
3. episode T-V dubious move
4. episode T-W blunder
5. episode T-X fool's mate
6. episode U-T middle game
7. episode U-U early queen move
8. episode U-V weak square
9. episode U-W skewer
10. episode U-X accept
11. episode U-Y back rank mate
12. episode V-T castling
13. episode V-U gambit
14. episode V-V positional play
15. episode V-W isolated pawn
16. episode V-X queening square
17. episode V-Y promotion
18. episode V-Z swindles
19. episode W-T end game
20. episode W-U zugzwang
21. episode W-V prophylaxis
22. episode W-W problem child
23. episode W-X breakthrough
24. episode W-Y adjourn
25. episode W-Z forced move
26. episode W-[ sacrifice
posted by KAZU at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年11月27日

京阪電車×「響け!ユーフォニアム」2019



 今年も京阪電車と「響け!ユーフォニアム」のコラボがタートしています。劇場版「〜誓いのフィナーレ〜」に合わせてのことでしょうが、今年は名前こそ出してはいませんが“京アニ”の応援も兼ねてますね。聖地巡礼は2回行ってますが、近々足を運びたいです。


posted by KAZU at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年11月26日

「海神別荘」



 急に泉鏡花の戯曲「海神別荘」が読みたくなって再読。この戯曲は文語ではなくて口語で書かれているものの古風な言い回しと漢語がやたらと多くてちょっと読むには骨折りますが、人にあらざるものの世界、なかなかおもしろいです。
 そしてこの戯曲を読めば思い出すのは劇場版「サクラ大戦 活動写真」。物語の最後は帝国歌劇団花組に加わったラチェットが公子(海神)をさくらが美女を演じる「海神別荘」で幕を閉じます。以前この作品を見た後に「海神別荘」を読んだのですが、今回は読んだ後にアニメの方を。泉鏡花のオリジナルの台詞にラチェットとさくらのアドリブを交えながら大団円を迎えます。
 「海神別荘」を読んだことがないという方は青空文庫で読むことができるので、この戯曲の世界を楽しんでみてはいかがでしょう。

◇◇◇「海神別荘」泉鏡花/青空文庫◇◇◇
posted by KAZU at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年11月20日

「Mirror mirror on the wall…」

 飯島真理さんのアルバム「ミスレモン」の中の一曲「鏡よ、鏡」を聞いていて、ふと思い出した中学時代の話。2年の時だったか、ESSが文化祭の時に英語劇「白雪姫」を上演した。なかなかの好演で、継母の鏡に問いかけるセリフが学校中で語り種になった。「Mirror mirror on the wall, who's the fairest of them all?」鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?有名なセリフです。「Mirror mirror on the wall」、今なら何の不思議も感じないんですが、当時は「on the wall」が日本語から考えて何を言っているのかわからなかったです。
 さて、鏡を通して効果的な映像を撮っているのがウルトラマン第14話「真珠貝防衛指令」。監督は実相寺昭雄氏。フジ隊員とイデ隊員が真珠宝飾店の鏡、ビルの窓を通して映し出されます。「鏡よ、鏡」鏡に問いかけて返ってくる答えは?




posted by KAZU at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年11月19日

「雲のじゅうたん」



 「雲のじゅうたん」は1976年4月から10月にかけて放映されたNHKの連続テレビ小説。第17作目だそうだ。1974年の「鳩子の海」までは1年間の帯放送だったのが1975年から半年のシリーズになり、僕も高校生になって朝見ることができなくなったので、75年の「水色の時」(大竹しのぶ主演)から余り内容を覚えていない。それでも、朝に昼に、この頃は土曜日もやっていたので土曜の昼にとテーマ音楽は耳にして知っている。機会があれば録音していた。その中でテーマ音楽がお気に入りだったのが「雲のじゅうたん」。
 脚本は田向正健、音楽は坂田晃一、演出に北嶋隆、八木雅次、澁谷康生、高橋康夫、制作局は東京NHK、1話15分、全156話。
 さてストーリーはというと、先に書いたように余り見ていないのでよく覚えていない。ヒロイン真琴が飛行機の操縦士になるという夢をに向かって邁進する姿を描いているが、このヒロインよりもとてつもなく頑固が父親の姿の方が印象に残っている。あと田中絹代さんの語りに父も母も意外そうなことを言っていた記憶がある。

★キャスト
小野間真琴:浅茅陽子
小野間左衛門:中条静夫
小野間たき:幸田弘子
小野間良子:斉藤とも子
井原高子:山田はるみ
稲葉忠裕:竜崎勝
稲葉誠:井上純一
遠井知恵子:佐野布美子
白川義信:船越英二
白川春子:馬渕晴子
高沢兼子:千石規子
茅野隆二:志垣太郎
小林町長:小松方正
大林良平:矢崎滋
俊堂:風間杜夫
語り:田中絹代

★主題歌
○テーマ「雲のじゅうたん」
 定番の1分間ミュージック。弦楽の伴奏に主旋律はリコーダー?実に爽やかなメロディです。演奏:新室内楽協会
○挿入歌「あの空へ帰ろう」
 ドラマを見ていると挿入歌というのは印象深いものですが、今聞いて見てもいまひとつ覚えがありません。かろうじてサビの部分だけ聞き覚えがありますが、これもドラマの中で聞いた印象はないものです。作詞は脚本の田向正健、作曲は音楽の坂田晃一、歌はチェリッシュ。チェリッシュ18枚目のシングル「夕映えの恋人達」のB面に収録されている。
posted by KAZU at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2019年11月15日

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 U.lost butterfly を見ました



 この夏に公開された劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 UをDVDを借りて見ました。T.spring songが2017年の公開だったので2年ぶり。前作は劇場まで見に行きました。三部作というのは最初から分かっていて見たものの、劇場版の連作というのはやはり性に合いません。殊にTはストーリーが見えて来なかったので尚更。それで今作は劇場には足を運びませんでした。
 今回Uを見てやっとストーリーが見えてきたので、Vには期待したいところ。それでも来春の公開ですからインターバルが長すぎます。

※memo
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 T.presage flower
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 U.lost butterfly
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」V.spring song
posted by KAZU at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション