2017年06月18日

「ViVid Strike!」(3)

★主題歌
 オープニングもエンディングも「リリカルなのは」シリーズの伝統的な主題歌イメージを踏襲した曲想で、編曲も同じ感じに仕上がってます。ただ、これまでがオープニングは水樹奈々、エンディングが田村ゆかりという実力派シンガーだけに若干パワー不足を感じます。それでもなかなか迫力のある歌唱に仕上がってます。



 オープニングはリンネ・ベルリネッタの声を演じる小倉唯さんの歌う「Future Strike」。オープニング映像もシリアスな場面を多用していてガンガンとばす感じです。服部祐希作詞、俊龍作曲、小高光太郎編曲、歌は小倉唯。



 エンディングはフーカ・レヴェントンを演じる水瀬いのりさんが歌う「Starry Wish」。主人公が歌うというこのパターンも今まで通りです。こちらは歌詞はけしてコミカルではありませんが、エンディング映像はコミカルでかわいいです。nozomi作詞、KOUGA、nozomi作曲、KOUGA編曲、歌は水瀬いのり。

★サブタイトル
 シンプルでよくエピソードの内容をつかんだ語句。「フーカ・レヴェントン」「リンネ・ベルリネッタ」「ウラカン」「高町なのは」と固有名詞がならぶあたりが印象的でした。OVAは未だ鑑賞していないので早くみたいものです。
#01 フーカ・レヴェントン
#02 ナカジマジム
#03 挑戦
#04 リンネ・ベルリネッタ
#05 ウラカン
#06 ウインターカップ
#07 高町ヴィヴィオ
#08 勝者と敗者
#09 再会
#10 雨
#11 撃ち抜く一撃(ストライク)
#12 繋いだ手の中で
OVA
#05.5 総合魔法戦競技
#05.75 見守る瞳
#13 サマータイムバカンス

2017年06月17日

「ViVid Strike!」(2)



★キャラクター&キャスト
 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」以降、キャラクターの数が多くてなかなか全員を覚えるのが難しいです。本作も同様に1クールの作品としてはキャラクター数は多く、一人の声優さんが複数のキャラクターの声を担当しているものも。

○フーカ・レヴェントン / 水瀬いのり
 本作の主人公。ミッドチルダの孤児院出身の少女。礼儀正しくジムの先輩には年下にも敬語を使う。やや直線的な性格で生真面目。自分のことは「わし」、語尾に「じゃ」を付けて喋る。孤児院を出て住み込みのアルバイトで生活を立てていたが、喧嘩に明け暮れ行き倒れ寸前のところをアインハルトに助けられる。使用デバイスは「ウラカン」愛称は「ウーラ」。ヒョウの姿をした自律行動型インテリジェントデバイス。

○リンネ・ベルリネッタ / 小倉唯
 フーカと同じく孤児院出身の少女。フーカの幼馴染、大富豪ベルリネッタ家の養女。U15ワールドランク1位の格闘家。1年前にフーカとは喧嘩別れしている。無敵ながら、過去にヴィヴィオに判定負けを喫していた。使用デバイスは「スクーデリア」。

○高町 ヴィヴィオ / 水橋かおり
 ナカジマジム所属。判定ながら唯一リンネに土をつけている技巧派ファイター。使用デバイスは「セイクリッド・ハート」、愛称はクリスでウサギの姿をした自律行動型インテリジェントデバイス。

○アインハルト・ストラトス / 能登麻美子
 ナカジマジム所属。聖ヒルデ魔法学院中等部2年で無敗で全試合KOのU15ワールドチャンピオン。使用デバイスは「アスティオン」。愛称はティオ、ヒョウの姿をした自律行動型インテリジェントデバイス。

○リオ・ウェズリー / 喜多村英梨
 ナカジマジム所属、ヴィヴィオの親友。魔法戦競技の選手で本作では競技よりもサポート役。使用デバイスは「ソルフェージュ」。

○コロナ・ティミル / 福圓美里
 ナカジマジム所属、ヴィヴィオの親友。魔法戦競技の選手で、リオと同じく本作ではサポート役。使用デバイスは「ブランゼル」。

○ミウラ・リナルディ / 伊藤かな恵
 ナカジマジム所属。リンネからダウンを奪う実力派。使用デバイスは「スターセイバー」。星型のインテリジェントデバイス。

○ユミナ・アンクレイヴ / 上坂すみれ
 ナカジマジムのバイトリーダー、マネージャー。アインハルトの親友。

○ノーヴェ・ナカジマ / 斎藤千和
 ナカジマジムの会長。元ナンバーズ、格闘競技・総合魔法戦競技トレーナー。ジムのあるマンションで暮らしている。

○ミカヤ・シェベル / 浅川悠
 ナカジマジムの顧問取締役、居合道「天瞳流抜刀居合」の師範でもある。ノーヴェの親友。

○ジル・ストーラ / 佐倉綾音
 リンネの専属コーチ。フロンティアジムのトレーナー。元格闘競技選手だったが怪我で引退。拉致されたリンネを助けたことがきっかけで知り合う。

○ヴィクトーリア・ダールグリュン / 遠藤綾
 フロンティアジム所属。総合魔法戦競技の選手。愛称「ヴィクター」。

○ロイ・ベルリネッタ / 辻親八
 リンネの養祖父、故人。孤児たちの公園での奉仕活動でリンネに出会い、自らの娘夫婦の元へリンネを招いた。いじめっ子たちのせいでリンネは大好きなおじいちゃんの最期に立ち会えなかったため、誰にも負けない強さを得るためリンネを格闘技の世界へ導く結果となった。

○ダン・ベルリネッタ / 高田裕司
 リンネの養父。

○ローリー・ベルリネッタ / 日のり子
 リンネの養母。おじいちゃん(ロイ)の実の娘。

○ハリー・トライベッカ / 内山夕実

○エルス・タスミン / 新井里美

○シャンテ・アピニオン / 阿澄佳奈
 聖王教会のシスター。

○ファビア・クロゼルグ / 瀬戸麻沙美

○イクスヴェリア / 川澄綾子

○シスターセイン / 水橋かおり

○ジークリンデ・エレミア / 中津真莉

○ルーテシア・アルピーノ / 桑谷夏子

○キャリー・ターセル / 長谷美希

○ライラ・カプリス / 福原綾香

○カルナ・メイブン / 藤原夏海

2017年06月15日

「白い炎」



 先日、柴崎友香さんのエッセイ集「見とれていたい★わたしのアイドルたち★」を読みました。このエッセイ集は雑誌に連載されたものを単行本化したものですが、柴崎さんがお気に入りの女優、タレント、ミュージシャンたちをミーハーぽく熱く語った文章が収められています。本編のあとに書き下ろしの「美女観測日記」が付いています。その中に登場する斉藤由貴にいたく反応。
 “「砂の城」「白い炎」「卒業」も好きだけど谷山浩子作詞の「MAT」がいちばん好き。”僕も斉藤由貴さんは好きな俳優さんでしたが、歌手としては「白い炎」と「悲しみよこんにちは」が好きです。「悲しみよこんにちは」は「めぞん一刻」のオープニング、「白い炎」は彼女が演じた「スケバン刑事」のエンディング。
 伴奏の階段を下っていくような音の運びが印象的で、麻宮サキの影の部分の象徴のようか気がして、耳を傾けていました。そして、最後の部分、


私 かなしい女の子ですか
頬で涙が雪になります
自分勝手な女の子ですか
あなたが好きです


 取って付けたような「あなたが好きです」が何度も聞いていると耳に残ります。
posted by KAZU at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年06月13日

「ViVid Strike!」(1)



 「ViVid Strike!」は2016年10月からTOKYO MX等で放映されたアニメ作品。「魔法少女リリカルなのは」シリーズの5作目。「魔法少女リリカルなのはViVid」のその後を描いた作品でタイトルに「リリカルなのは」を冠せず、実質上なのはもフェイトも登場しない。前作の主人公であるヴィヴィオとアインハルトも主人公に立てず、新たにフーカ・レヴェントンを主人公に制作されている。原作・脚本は都築真紀、監督は西村純二、音楽は吉川洋一郎、制作はセブン・アークス・ピクチャーズ、製作はViVid Strike PROJECT(キングレコード、セブン・アークス、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ、クロックワークス)、全12話+3 (OVA)。
 フーカ・レヴェントンとリンネ・ベルリネッタは孤児で同じ施設の幼なじみ。兄役のフーカと引っ込み思案の妹役リンネは施設で育つが、リンネは大富豪ベルリネッタ家に養女として迎えられる。やがて時をへてリンネは格闘技で名をあげる。フーカはリンネの格闘技に対する姿勢に苛立ち口論となる。さらに街のチンピラ相手に喧嘩沙汰を起こしてしまう。たまたま公園を朝のジョギングで通りかかったアインハルトに拳を振るうが力尽きて倒れてしまう。アインハルトはフーカの才能を見抜いてナカジマジムを紹介し、フーカは格闘技の世界に入っていく。
 リンネが格闘技の世界に入った悲しい出来事を知ったフーカはリンネを叩き伏せてから話をするという意気込みでウインターカップへ挑む。フーカは新人ながらその実力を発揮して準決勝を勝ち抜くが、リンネはヴィヴィオに敗れ、ヴィヴィオはリンネの一撃で受けた傷のため棄権し、決勝は同じジム同士フーカとアインハルトで争われることになる。一方リンネはヴィヴィオに二度目の負けを喫して引退を口にするほどに落ち込む。アインハルトはリンネにチャンピオンシップをフーカとの戦いの勝利を条件に掛けることを提案。名目上のフーカとリンネの練習試合が廃棄地区を舞台に繰り広げられる。長期戦の末、フーカが勝利しリンネの目に輝きが戻ってくる。物語はフーカとアインハルトの決勝のゴングで閉じられる。

2017年06月01日

43年来の間違いに気づく



 フルートで練習しようと「魔女っ子メグちゃん」のエンディングの楽譜を用意して持っているのですが、カラオケにこの曲がない。カラオケもいろいろな機種がありますから、今回もダメだろうなと思って検索したら何とヒット。念願のこの曲を吹くことができました。
 そしてカラオケの最後に出てきた曲のタイトルを見て「えっ!」。絶句でした。曲のタイトルは「ひとりぽっちのメグ」。レコードも持ってます。43年前にテレビ放映された時から「ひとりぼっちのメグ」だとずーっと思ってました。今日たまたまカラオケの検索で「ぼ」と「ぽ」を入力しまちがってヒットしたのでした。1974年から43年間、ずーっと「ひとりぼっちのメグ」だとばかり思ってました。ここにきて間違いに気づく。何とも間抜けです、恥ずかしい。

posted by KAZU at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | Journal

2017年05月24日

八部衆



興福寺八部衆像

 先日、奈良の興福寺に行ってきました。興福寺の食堂(じきどう)は国宝館になっていますが、耐震工事のため休館中。中金堂の再建工事も行われていてお寺らしくない興福寺なんですが、講堂に仏像が展示されて特別公開されてました。興福寺の八部衆といえば何といっても阿修羅像ですね。八部衆の中では大きい方ですが、周りの他の仏像に比べると小さいです。それでも存在感はすごい。
 この八部衆をモチーフにしたアニメが「天空戦記シュラト」ですが、興福寺の八部衆は独特です。これにシュラトのキャラクターを当てると、
阿修羅(あしゅら)=修羅王シュラト
五部浄(ごぶじょう)=天王ヒュウガ
沙羯羅(さから)=龍王リョウマ
乾闥婆(けんだっぱ)=闥婆王クウヤ
緊那羅(きんなら)=那羅王レンゲ
鳩槃荼(くはんだ)=夜叉王ガイ
畢婆迦羅(ひばから)=比婆王ダン
迦楼羅(かるら)=迦楼羅王レイガ
ということになります。興福寺八部衆像は全部国宝。考えてみればとんでもないアニメです。罰があたりませんように。
posted by KAZU at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月23日

「魔法少女リリカルなのはViVid」(3)



★主題歌
 オープニングは水樹奈々の歌う「Angel Blossom」。今までの「リリカルなのは」シリーズと同様のパターンですが、シリアス路線から外れたということで明るい曲想になっています。メロディはなかなか難しい曲ですが、水樹奈々さんが自分でつけた歌詞を伸びやかに歌っています。さすがです。弦とピアノの伴奏も素敵な一曲。作詞・歌は水樹奈々、作曲は光増ハジメ、編曲はEFFY。
 エンディングはやはり田村ゆかりの歌う「Pleasure treasure」。こちらも主人公であるヴィヴィオに合わせて声の年齢を下げています。いつものゆかり節とはちょっと感じが違います。最初聞いた時には余り好きになれなかったのですが、聞き込んでいくと♪Smile on me, Smile on you, Shine on me, Shine on youの英語歌詞の部分が耳についてきて心地よいです。作詞は松井五郎、作・編曲は板垣祐介、歌は田村ゆかり。

★サブタイトル
 タイトルナンバーはMemory;#となっています。
Memory;01 セイクリッド・ハート
Memory;02 アインハルト・ストラトス
Memory;03 本気の気持ち
Memory;04 ブランニュー・ハート
Memory;05 サプライズ・アタック
Memory;06 マッチアップ・デュエル
Memory;07 ニュー・ステージ!
Memory;08 ライバル!
Memory;09 インターミドル・チャンピオンシップ
Memory;10 勝利のために!
Memory;11 覇王の拳・創主の願い
Memory;12 決着の意味