2020年10月05日

「帝都物語」OVA版(1)



 「帝都物語」OVA版は1991年に発売された「帝都物語」のアニメ作品。東映VANIMEレーベルのVHSメディアとして全4巻が発売され、2007年にDVD化されている(全2巻)。原作は荒俣宏の同タイトルの小説。原作のA魔都篇、B大震災篇、C龍動篇の3つを第一部魔都篇、第二部震災篇、第三部龍動篇、第四部菩薩篇の4篇構成で描いている。シリーズ監督にりんたろう、監督に片山一良(魔都篇)、千明孝一(震災篇)、久米一成(龍動篇)、池田成(菩薩篇)、脚本に遠藤明範、キャラクターデザインに摩砂雪、
音楽にKAZZ TOYAMA、制作はマッドハウス、製作は東映ビデオ、オズ。
 実写版の「帝都物語」は私は原作を読んでいたので難解だとは思わなかったが、一般には難解との評が多かった。確かに短い尺で描くには物語が壮大過ぎたかも。おまけに監督が実相寺監督でかなりイメージ描写が多かった。その点、OVA版は詳細を描いていて原作を読んでいなくても十分に筋を追うことができる。加藤保憲の声に実写版と同じく嶋田久作を起用。実写版の印象が余りに強くて強烈で加藤に凄味がないのが残念。辰宮洋一郎に塩沢兼人、由佳里に潘恵子、平井に納谷悟朗、鳴滝純一に山寺宏一、目方恵子に麻上洋子と、豪華なキャストも楽しませてくれる。
posted by KAZU at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月04日

「彼女、お借りします」(4)

★主題歌
○オープニング
「センチメートル」



 和也の側から心情を歌ったオープニング。映像では和也と千鶴、麻美、瑠夏、墨が代わる代わる登場。サブキャラクターも顔をちょい出ししている。ストーリーはシリアスとコメディが混在しているが、このオープニングにはシリアスな表情はない。歌詞の内容と映像が見事にマッチしていて楽しい。最終話ではエンディングとして使用されている。作詞・作曲:北澤ゆうほ、編曲:the peggies・江口亮、歌はthe peggies。

○エンディング



・「告白バンジージャンプ」(第1〜6、8〜11話)
 タイトルからも想像できるように、オープニングより更にコミカルなエンディングテーマ。歌詞の内容は女の子側からのものになっているが、エンディング映像は和也がバンジージャンプする、コミカルバージョンになっている。
 作詞・作曲:前山田健一、編曲:板垣祐介、歌はhalca。

・「FIRST DROP」(第7話)
 瑠夏が幼少の頃から心臓病であることを説明するエンディング映像と共に流れたスペシャルエンディング。曲もなかなか秀逸だが、エンディングの映像も素敵。作詞:宮嶋淳子、作・編曲:塚田耕平、歌はhalca。

○挿入歌
「君を通して」(第12話)
 クレジットが「センチメートル」をバックに流れたあと、エピローグとしてフルキャストが登場する映像のバックに流れる。挿入歌というよりも、こちらが真のエンディングという感じ。作詞:やまし、作・編曲は宮川麿、歌は千鶴の声を演じた雨宮天。



★サブタイトル
第1話 レンタル彼女 -レンカノ-
第2話 元カノと彼女 -モトカノ-
第3話 海と彼女 -ナツカノ-
第4話 友達と彼女 -マサカノ-
第5話 温泉と彼女 -イマカノ-
第6話 彼女と彼女 -カノカノ-
第7話 仮カノと彼女 -カリカノ-
第8話 クリスマスと彼女 -クリカノ-
第9話 嘘と彼女 -ウソカノ-
第10話 友達の彼女 -トモカノ-
第11話 真実と彼女 -シンカノ-
第12話 告白と彼女 -コクカノ-





posted by KAZU at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月03日

「彼女、お借りします」(4)

★キャラクター&キャスト
 最後はほぼゲストキャラの面々。ですが、最終話のエピローグには登場します。



○笹野たけし / 吉野貴大
 和也の大学の先輩、テニスサークル所属、モヒカンにピアスの男。

○今井みはる / 東城日沙子
 麻美の大学の友人、赤毛のショートヘアの少女。テニスサークル所属。

○島江 / 北守さいか
 麻美の大学の友人、ロングヘアの少女。笹野と同じテニスサークル所属。



○新保曜子 / 咲々木瞳
 千鶴の大学の友人。お団子ヘアの少女。

○川中裕希 / 栗坂南美
 千鶴の大学の友人。ボブカットでメガネの少女。

○海(うみ) / 石川界人



 千鶴の俳優仲間の男性。

○店長 / 左座翔丸
 和也のバイト先であるカラオケボックスの店長。
posted by KAZU at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月02日

「彼女、お借りします」(3)

★キャラクター&キャスト
 つづきを。ストーリーに大きく絡むサブキャラクターたち。



○木ノ下和(きのしたなごみ) / 野沢由香里

 和也の父方の祖母、和也の実家「和酒店」の元女店主。夫は若くして他界している。孫の和也に女っ気がないのを嘆いており、和也が千鶴を紹介した折には涙して喜んだ。

○木ノ下和男 / 三瓶雄樹
 和也の父。「和酒店」の店主

○木ノ下晴美 / 夏谷美希
 和也の母。


○一ノ瀬小百合 / 定岡小百合



 千鶴の祖母。和也の祖母と同じ病院に入院していて、友人。孫同志がつきあっていることを知ってさらに親しくなり、退院後は木ノ下ファミリーと温泉旅行に同行する。祖母同志の計略で和也と千鶴を同じ部屋に泊まらせることに。後に再検査・入院となる。

○木部芳秋 / 赤坂柾之



 和也の小学校時代からの幼馴染の友人、大学も同じ。和也の祖母とも顔見知りで親交がある。和也と千鶴が別れると公言した際に、もう一度話し合えとフェリーのチケットを千鶴に渡す。がさつそうに見えるが友達思いの好青年だ。

○栗林駿 / 梶原岳人



 和也の大学の友人。マッシュルームカットにメガネの気の弱そうな男性。実家は林檎園で卒業後は実家を継ぐという話。るかをレンタルして和也と千鶴に彼女と紹介し、ボルダリングに誘った。後日瑠夏に和也の前でレンタル彼女であることをバラされて、女性不審に陥ったが、和也の計らいで千鶴とデートして、千鶴がレンタル彼女であることを知る。一応納得したものの、和也が彼女を助けるために海に飛び込んだ一件もありレンカノ関係だとは思っていない様子。
posted by KAZU at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月01日

「彼女、お借りします」(2)

★キャラクター&キャスト
○木ノ下和也 / 堀江瞬



 本作の主人公、練馬大学1年だが一浪して入学。優柔不断だが根がまじめな性格。嘘をついてしまい後から後悔して悩むことも多い。千鶴を嘘につきあわせた事を後悔し、彼女に多大な迷惑をかけていることを悩んでいる。下田でフェリーから落ちた千鶴を海に飛び込んで助けたことがきっかけで、復縁を願った元カノからは無視されるが、どんどん千鶴にのめりこんで行く。

○水原千鶴 / 雨宮天



 本作のヒロイン、本名は一ノ瀬ちづる、練馬大学1年で和也のひとつ年下。和也の隣の部屋204号室に住んでいる。ダイアモンドに所属するレンタル彼女で新人クラスで人気ナンバー1、レビューも常に☆5つを誇る。女優でもあり女優の勉強のためにレンタル彼女の職に就いている。ロングヘアの美女で仕事の時はアカ抜けたスタイル、普段は三つ編みで眼鏡で地味な服装で通している。そのため大学内では同一人物とは気付かれていない。祖母に嘘をついてしまったため和也の嘘につきあっている。冷静で論理的、職業意識が高く強気な性格。和也とはお客さんとして距離を置いていたが、意に反してだんだんと距離が縮まっていく。

○七海麻美 / 悠木碧



 和也の元カノ、練馬大学1年、テニスサークルに所属。和也と1か月付き合っていたが別れる。「誰でも良かった」ため和也に全く未練はないが、和也が別れてすぐに彼女を作った事は良く思ってなく、裏で毒づく、意識的に邪魔をするなどかなり腹黒い性格。和也が墨とデートしていたのを見かけたのをきっかけに、千鶴の正体をつきとめる。最終話では千鶴をレンタルして直接対決を挑む。

○更科瑠夏 / 東山奈央



 ショートヘアに大きなリボンの少女。栗林の彼女として登場、実はメイプル所属のレンカノ。千鶴をレンタル彼女と見破り、和也の家におしかけ隣に千鶴が住んでいることに驚く。和也を「ドキドキ」する存在として本当の彼女としてつきあいたいと思っている。和也と千鶴の関係をバラさないという条件で和也とつきあい始める。和也がカラオケボックスでアルバイトを始めると自分も押しかけてアルバイト店員となる。家族にも彼女として認められている千鶴に対して激しいライバル意識を燃やしている。

○桜沢 墨 / 高橋李依



 千鶴と同じダイヤモンドに所属するレンタル彼女。千鶴の後輩だが年は同じ。桜色のセミロングの少女。日本史をこよなく愛する。極度の人見知り、どうしてレンタル彼女なんかやっているのかと思う程。自分を変えるためということらしいが…千鶴に相談して和也と練習デートをする。その時に励ましてくれた和也に好感を抱くようになる。デートの途中でたまたま麻美に見つかったために千鶴の正体がバレることに。
posted by KAZU at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月30日

「彼女、お借りします」(1)



 放映が終了したところですが、ちょっとかじってみるだけのつもりが、ストーリーが進む程にのめりこんだ作品。「レンタル彼女」という今風の題材以上に主人公、ヒロインの魅力が大きい作品。

 「彼女、お借りします」は2020年7月〜9月に放映されたラブコメアニメ。原作は宮島礼吏の同タイトルの漫画作品。略称は「かのかり」。単行本は累計500万部を超える人気コミックで少し読んで見たが、アニメよりも細かいストーリーが展開されている。逆に言えばアニメの方は細かいところはすっ飛ばしていることになるが、ストーリー展開がラブコメで1クール作品ということになると、丁度いいのかも。
 原作は宮島礼吏、監督は古賀一臣、キャラクターデザイン・プロップデザイン・総作画監督に平山寛菜、音楽はヒャダイン・板垣祐介・大竹智之、音楽制作はDMM music、制作はトムス・エンタテインメント、製作は「彼女、お借りします」製作委員会(DMM pictures、講談社、MBS)、全12話。

★あらすじ
 主人公、大学生の木ノ下和也は今まで彼女ができたことがなかったが、やっと念願かなって七海麻美とつきあい始めた。ところがわずか1か月で彼女にフラれてしまう。寂しさを紛らわすためにレンタル彼女を申し込んでしまったが、そこに現れた水原千鶴は容姿から振る舞いまで完璧、和也はほれ込んでします。2回目のデートはフラれた彼女を思い出しレンタル彼女の仕事の領域にまで八つ当たりしたため千鶴が怒ってしまう。本来ならそこでお終いだったはずなのだが、千鶴は実は和也の隣の部屋に住む一ノ瀬ちづるであり、大学も同じ。入院していた祖母同志が同じ病院で友達。事の成り行きからそれぞれの祖母に彼女、彼氏と紹介してしまう。千鶴は仕事と割り切ってレンタル彼女に徹しようとするし、和也は嘘はどこかで打ち明けなければならないと彼女を理解しつつ微妙な関係は普通の恋人同志以上に接近していく。下田でフェリーから海に落ちた千鶴を和也が飛び込んで助けたことで周りからは公認のカップルとなり、和也はますます千鶴のことが好きになる。最終話ではとうとう部屋の前で「君がいい」と告白してしまう。ここでコミカルに言い訳して二人とも普段通りに分かれて部屋に戻るが、1年も恋人ごっこをやっていれば相手の性格も分かろうというもの。和也は部屋で悶えて転げ回り、千鶴は部屋に入ったとたんにへたり込んでしまう。第2期の制作発表があったようで、つづきが見られることに。
posted by KAZU at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月29日

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(7)--「百合ームコロッケ」



 「百合ームコロッケ」は2008年12月にLantisから発売された「喰霊-零-」のイメージソングアルバム。オープニング「Paradise Lost」、エンディング「夢の足音が聞こえる」両曲のテレビサイズ、劇中で持ちいられた挿入歌、他を収録している。10年以上前のものなので、なかなか音源を手に入れるのに苦労したが、やっと聞くことができた。劇中で聞くことができる歌以外についても完成度が高く聞き応えのあるい一枚。

1. Dark Side of the Light 飛蘭
2. Paradise Lost 茅原実里
3. ここから、これから。 サリヤ人
4. Unusual Days 美郷あき
5. Reality awake yozuca*
6. 永遠 -TOWA- 瀬名
7. 霊喰い 妖精帝國
8. Distance point 飛蘭
9. Blue Butterfly Riryka
10. 鎮魂の旅へ 飛蘭
11. AI yozuca*
12. if 飛蘭
13. Reincarnation yozuca*
14. 夢の足音が聞こえる 水原薫
posted by KAZU at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション