2017年03月17日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(1)



 「ルパン三世」(実写版・2014年)は、2014年に東宝系で公開された日本のアクション映画。原作はモンキー・パンチの漫画「ルパン三世」でストーリーはオリジナル。監督は北村北村龍平、脚本は 水島力也、音楽はアルド・シュラク。制作はパイプライン、製作は「ルパン三世」製作委員会、133分。
 最初制作が発表された時はこれほどまでにアニメのイメージが固まってしまっているものを実写版とは絶対にイメージが崩れるだけだと思っていました。それが恐くて見ずに来たけれども、ここに来てやっと鑑賞。この作品は作り手のこだわりと熱意の結晶。漫画ともアニメとも違う世界、アニメのイメージはすっかり振り払って見るべき作品ですね。けして比べてはいけないと思います。
 海外ロケをふんだんに行い外国人も起用して、英語でのお芝居の場面もあり日本語吹き替えで見ましたが日本人の俳優さんの口も日本語を喋ってはいません。タイの軍隊も協力しているとのことでバンコクで実際に出会った帯銃した軍人の雰囲気そのままで映像からもその迫力を感じます。
 ストーリーはオリジナルで2時間強という物語は予備知識は余り必要とせずこの「ルパン三世」を知らずして見ても十分に楽しめます。先にアニメと比べるなと書きましたが、一人だけ比べておくと峰不二子だけはかなりイメージが違います。アニメの不二子の色っぽさを黒木メイサに求めるのは無理ですが、見事にメイサ版不二子を演じていてお見事です。他のキャラクターは細かいところは抜きにして良くイメージをつかんでいると思います。


posted by KAZU at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年03月13日

「響けユーフォニアム2」舞台めぐりMAP



 今年も宇治市と京阪電車、それに「響け!ユーフォニアム」のコラボで宇治巡りのマップが出ています。去年はお盆休みに宇治を歩きまわりましたが、今年は1月から5月と春季に駅に等身大パネルが設置されるそうです。クリアファイルも去年はスタンプラリーで瞬く間になくなってしまい、今回は京阪電車のエリア内乗り降り自由のチケットを買っての引き換え券配布になってます。
 3、4、5月と忙しいのですがお彼岸の三連休が一日空いているので宇治まで行ってきましょうか。
posted by KAZU at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年03月10日

ミュータント研究所所長



 天本英世さんが出演していた作品でもうひとつ。中学時代、印象に深いのがNHKの少年ドラマシリーズで1975年に放映された「赤外音楽」。佐野洋のSF小説「赤外音楽」が原作で、ミュータント研究所の所長役でした。
 地球の滅亡を察知した宇宙人が地球人を救うためにやってくる。ところが全ての地球人を脱出させるわけにはいかず、ミュータント研究所が「赤外音」と名付ける2万ヘルツを超える高音域の音を聞ける人だけに限られる。深夜放送のラジオで赤外音の音楽とコンタクト方法を流して、それに応じて来た人たちをミュータント研究所に案内して事情を説明するというストーリー。つまりは宇宙人のボスでした。(上の写真の赤い服を着た男、説明するまでもありませんが)
posted by KAZU at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年03月08日

死神博士



 先日の「帰って来たウルトラマン」の記事での天本英世さんの写真に随分たくさんの反響をいただきました。たまたま見たエピソードで出演されていた時のものですが、私たちの年代で忘れられないのはやはり「仮面ライダー」での死神博士でしょう。あの独特のしゃべり方に不気味さがプラスされていました。
 そしてショッカーの幹部はいずれも改造人間で変身するわけですが、死神博士のこの変身のポーズは有名。怪人イカデビルへと姿を変えます。

posted by KAZU at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2017年03月03日

「砂の枕」



 「大江戸捜査網」のオープニングは主役が交代する毎に映像は変わっていきますが、あの勇壮な音楽はそのまま。隠密同心の過酷な心情をナレーションが語ります。
 返してエンディングの音楽はしみじみと、主役の俳優さんたちが中心に歌をうたいます。里見浩太朗さんの「砂の枕」は短いけれど歌詞はよ〜く考えるとあり得ないようなことを言ってます。映画「ランボー」でランボーが大佐に「苦痛は無視しろと言われた」と言ってますが、それに近いですね。暗くて悲愴。

命と思えば惜しくなる
石と思えば捨てられる

 ほんまかいな。
posted by KAZU at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年03月02日

訃報・かまやつひろしさん



 子供の頃からテレビに出ていた人ですが、まだ亡くなるような年齢じゃないのでびっくりしました。癌を患っていたということで、ニュースを読んで納得。まだもうひと活躍してほしかったです。ご冥福をお祈りいたします。

 さて、かまやつひろしさんの歌うアニメ主題歌というと、山田康雄さん→「ズッコのうた」と同じ感じで、すぐに頭に浮かんだのが、かまやつひろしさん→「ありの大統領」。「まんが偉人物語」のエンディングです。1977年から放映された「まんが偉人物語」ですが、前期のオープニング「つづけ青春たちよ」も含めてかまやつひろしさんが歌っています。小学生の時は伝記もの大好きだったんですが、映像化されるとイメージが崩れてしまいますね。ベーブルースの伝記を読んで持っていたイメージが「まんが偉人物語」でぶっ壊れてしまったのを覚えています。放映当時は既に大学生だったので余り見なかった番組ですが、主題歌はおさえていました。
 近年の曲となると「戦闘妖精雪風」のエンディング「RTB」でしょう。ストーリーの非常に緊迫した救いのない開に反して明るいエンディングでした。たちまち気に入ってCDを購入した一曲です。間奏の口笛が印象的です。こちらは2002年から4年もかかってわずか5巻で完結されたOVA作品なので、この曲自体聞いたことのない方が多いのではと思います。作品も素晴らしいので見ていただきたいですが、まずは曲だけでも聞いてみてください。

Note
「 ありの大統領」: 作詞/麻生香太郎、作・編曲/東海林修、歌/かまやつひろし
「RTB」: 作詞/多田由美・横山武、作曲/三柴理・Clara、編曲/高浪敬太郎、歌/ムッシュかまやつ


posted by KAZU at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2017年03月01日

丘ユリ子隊員


最初だけロングの黒髪でした

 ここのところ「帰って来たウルトラマン」のエピソードをあちこち見ていたのはこの人を調べるため。丘ユリ子隊員、MATの紅一点。演じるは桂木美加さん。1949年生まれと言うから「帰って来たウルトラマン」当時は22〜23歳。当時はずっと大人の女性に見えたけれど、意外に若かったんですね。クールで満面を崩した笑い顔を見せなかったし、剣道四段の設定、怪獣退治にも武器を携えて活躍。ナックル星人にMATの男性隊員が操られた折も、一人抵抗して戻ってきた郷と共に男性隊員と渡り合った。
 私服での登場は記憶している限り2話。「暗黒怪獣星を吐け」で北斗七星が消えた事を知っていた星占いの女を探しに出かける場面と「狙われた女」で休暇を言い渡されて自宅へ帰った時。いずれも1970年初期らしきファッションです。



posted by KAZU at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション