2017年08月29日

「エロマンガ先生」(3)

★キャラクター&キャスト
 続いてサブキャラクターを。

○神野めぐみ /木戸衣吹



 中学1年生、紗霧のクラスメイトであり学級委員長。紗霧を登校させようと再三和泉家を訪れる。紗霧と直接顔を合わせた数少ない人物。一人称は「めぐみん」。

○高砂智恵 / 石川由依



 正宗の同級生、「たかさご書店」の看板娘で、正宗が「和泉マサムネ」であることをお知っている人物の一人。一人称は「ボク」。

○神楽坂あやめ / 小松未可子



 電撃文庫の編集の女性。正宗やムラマサの担当。悪い人ではなさそうだが、腹の内は見せない。

○山田クリス / 山下誠一郎
 エルフの兄で担当編集。長髪でイケメン。エルフの仕事への取り組み方には手を焼いているものの、妹思いの良き兄。正宗とエルフがつきあっていると思っており、結婚を勧めた。

○和泉虎徹 / 中村悠一
 正宗の父。妻を事故で亡くし、正宗が14歳の時に紗霧の母と再婚した。故人。

○初代・エロマンガ先生 / 井口裕香
 紗霧の母、イラストレーター。紗霧にせがまれて画のてほどきをする。夫と離婚後、正宗の父と再婚する。

○獅童国光 / 島ア信長
 正宗と同じ出版社から出版している男性新人作家。エロマンガ先生を男だと信じており、正宗を同性愛者だと間勘違いしている。
posted by KAZU at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年08月27日

「エロマンガ先生」(2)

★キャラクター&キャスト
 まずはメインキャラクターから。
○和泉正宗 / 松岡禎丞
 本作の主人公、高校1年生、ライトノベル作家。ペンネームは下の名前をカタカナに変えただけ。代表作は「転生の銀狼」。義理の妹・紗霧と二人暮らし。アニメでは詳しく述べられていないが、実母は他界、その後父は紗霧の母と再婚したため紗霧が妹になる。その後、両親が新婚旅行中に事故で亡くなったそうだ。現在は父の妹が保護者・後見人になっている。自身の作品のイラストを描いていたエロマンガ先生が紗霧であることを知る。

○和泉紗霧 / 藤田茜
 本作のヒロイン、正宗の義理の妹、中学1年、イラストレーター。現在引き籠もり中で学校へは通っていない。母親がイラストレーターだったため、母から手ほどきを受ける。正宗のことは「兄さん」と呼んでいる。劇中アニメ「星くず☆うぃっちメルル」のファンでネットライブで顔出しのときはメルルのお面をかぶり、変声機を使用している。イラストは写実派で自分で見たものしか描けない。エロマンガ先生と呼ばれた時の返しは「そんな名前の人はしらない」。

○山田エルフ / 高橋未奈美



 和泉家の隣の通称幽霊屋敷に引っ越してきた売れっ子作家、中学2年、本名はエミリー。正宗のことを好きで度々アプローチをかける。第1話の冒頭の顔出しでさりげなく引っ越し風景が映し出されている。

○千寿ムラマサ / 大西沙織



 中学2年生の売れっ子作家。正宗の年下で先輩作家で正宗には「ムラマサ先輩」と呼ばれている。本名はアニメでは明らかにされてなかったと思う。学校に通うときはもちろん制服だが、普段は着物姿。古風な感じを受けるが正宗にはストレートに告白して振られている。エルフと同じく第1話の冒頭で自室での和装姿が流れている。ツンデレ系で一番のお気に入りキャラ。
posted by KAZU at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年08月26日

「エロマンガ先生」(1)



 「エロマンガ先生」は2017年4月に放映されたラブコメ系のアニメ作品。原作は伏見つかさの同タイトルライトノベル。原作のイラストはかんざきひろが担当。監督 は竹下良平、キャラクターデザインは織田広之、音楽に菊谷知樹。音楽制作はアニプレックス、制作はA-1 Pictures、製作はEMP(アニプレックス、KADOKAWA アスキー・メディアワークス、木下グループ、ムービック、BS11)、全12話。
 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と同じ原作者と原作イラストレーターのコンビ。ということもあって「俺の妹」のキャラクターがちらりと登場する場面があって、黒猫が二度登場します。“黒猫”ファンの僕にとっては嬉しい限り。



★ストーリー
 舞台は東京都足立区周辺。高校1年でライトノベル作家の主人公和泉正宗は引き籠もりの中学一年生の妹と二人暮らし。おもしろい作品を書いて、みんなに読んでもらって喜んでもらう、というのが夢の純粋で前向き思考の男子学生。自身の作品のイラストを描いているペンネーム「エロマンガ」先生は会ったことはないが、エロマンガ先生のネットライブを見て、その正体が妹であることを知る。
 中学2年生のライトノベル作家・山田エルフが隣の屋敷に引っ越して来て巻き起こす騒動も、出版社で鉢合わせした中学2年生の人気作家千寿ムラマサの対抗意識も、裏を返せば「和泉くん大好き」で、妹兄への思い、妹の同級生で学級委員長の神野めぐみ、高砂書店の看板娘・正宗の同級生高砂智恵もみんな正宗に好意を示すハーレム系ながら、当の主人公は鈍感というお決まりの性格。
 ちょっと現実離れしているけれども、なかなか楽しめるストーリーです。

posted by KAZU at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年08月23日

1,300,000アクセス達成



 もう少しかなと思っていたら、バタバタしている間にカウンターが「1,300,000」を超えていました。ありがとうございます。

「AOLダイアリー」からスタートして、引っ越しが二回、カウンターのトラブルが二回あるので、正確な数字ではないのですが。13年以上やってますので1年あたり10万アクセス平均というところでしょうか。その多くが今の1日のアクセスの10倍近くあった「AOL」時代に稼いだものです。それでも過去記事にアクセスが多いので1日100くらいはカウンターが回ります。ありがたいことです。

これからもよろしくお願いいたします。
posted by KAZU at 07:38| Comment(4) | TrackBack(0) | Journal

2017年08月22日

「夏目友人帳 陸」



 2017年4月から6月にかけて放映された「夏目友人帳」の第6期。僕は1話完結タイプが好きなんですが、最近は前後編のパターンが多くなってきています。夏目貴志と妖怪との心の琴線触れ合う微妙な関係を描いたストーリーは期待を裏切りませんね。的場一門と名取が絡むストーリーはだんだんきな臭くなってきている。
 原作は緑川ゆきの同タイトルの漫画作品。監督は出合小都美、制作は朱夏、NAS。製作は「夏目友人帳」製作委員会(テレビ東京、NAS、アニプレックス、白泉社)。

★サブタイトル
第一話  つきひぐい
第二話 明日咲く
第三話  二体さま
第四話  違える瞳
第五話 縛られしもの
第六話 西村と北本
第七話 ゴモチの恩人
第八話  いつかくる日
 今回では一番好きなエピソード。「夏目友人帳」の妖怪はヒト以上に人臭いものが登場しますが、このゲスト妖怪キャラ「葵」も最たるもの。サブタイトルの「いつかくる日」が結末のハッピーな雰囲気に対して残酷です。



第九話 ながれゆくは
第十話 閉ざされた部屋
第十一話 大切なモノ

★主題歌



 オープニングに「フローリア」。作詞・作曲・歌は佐香智久、編曲は野村陽一郎。これまでのオープニングと少し違った感じ。これは歌い手の声が軽妙なところにあるのかもしれません。シンガーソングライターらしい個性的な曲です。オープニング映像は今まで以上にレイコの姿が多く登場して、楽しませてくれます。
 エンディングは「きみのうた」。作詞は安田レイ・玉井健二・石原理酉、 作曲は飛内将大、編曲は玉井健二・飛内将大、歌は安田レイ。超がつく程に日本の田舎的な風景な物語に洋の香り高い安田レイの歌声も前作までとは違った雰囲気。

posted by KAZU at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年08月20日

「セイレン」(5)

主題歌
 最後は主題歌を。
○オープニング



 オープニングは奥華子の歌う。「キミの花」。作詞・作曲・歌は奥華子、編曲は森本隆寛。オープニング映像は主要キャラクターが名前のテロップ入りで登場しますが、順番は常に同じ。異なるのは最後、正一がカーテンの中にいる女の子とキスしますがその相手が主役メインヒロイン。そして最後に登場する3人のメインヒロインの順番が入れ代わり、中央に主役のメインヒロインが入ります。
 奥華子さんというと劇場版アニメ「時をかける少女」(2006)の主題歌「ガーネット」が印象的でした。あの曲のようなインパクトはないですが、優しい歌声が恋する喜びを素直に伝えていて聞き飽きないです。

○エンディング
 エンディングは主役のメインヒロインが歌います。1〜3章までは同じ曲、最終章のみ別の曲になります。本作では三人の歌唱力はどっこいどっこいで、飛び抜けて印象に残る曲がないというのが残念なところでしょうか。



常木耀編
「瞬間Happening」(1〜3章)
作曲・石田寛朗、作詞・岩城由美、編曲・堤博明、歌・常木耀(佐倉綾音)
「アカネ色に隠して」(最終章)
作編曲・Evan Call、作詞・岩城由美、歌・常木耀(佐倉綾音)



宮前透編
「ムテキの女神」(1〜3章)
作編曲・Evan Call、作詞・岩城由美、歌・宮前透(下地紫野)
「キミと夜空とフォーチュンと」(最終章)
作編曲・石田寛朗、作詞・岩城由美、歌・宮前透(下地紫野)



「恋のセオリー」(1〜3章)
作曲・石田寛朗、作詞・岩城由美、編曲・Evan Call、歌・桃乃今日子(木村珠莉)
「ふたりふわりら」(最終章)
作曲・大隅知宇、作詞・岩城由美、編曲・堤博明、歌・桃乃今日子(木村珠莉)
posted by KAZU at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年08月19日

訃報・中島春雄さん





 2017年8月8日、ぬいぐるみ俳優、今でいうところのスーツアクターの中島春雄さんの訃報が流れました。東宝の特撮に顔出のちょい役にも出演されていましたから、スーツアクターながら顔もよく知られていました。ずっと後になってからはバラエティ番組にも時々出ておられたのが懐かしいです。
 何と行っても初代ゴジラを演じたことで有名で、雑誌「少年画報」での怪獣映画のぬいぐるみの特集で、イラストに描かれていた人はどう見ても中島春雄さんでした。汗止めに鉢巻きをするのが中島さんのスタイルだったとか。イラストのおじさんも鉢巻きしてましたからね。
 ゴジラはあまりにも有名ですが、初代「ラドン」、「サンダ対ガイラ」のガイラ、それから「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の怪獣も演じておられます。



 鍛えられた体で重くて暑い昔のぬいぐるみを使いこなし、研究熱心で動物園で動物の動きを観察したとの話も有名です。「ウルトラQ」の第1話のゴメスや「ウルトラマン」のジラースはゴジラと同じ二足歩行怪獣ですが、パゴス、ネロンガ、ガボラというった四足歩行怪獣も印象的です。四足歩行怪獣が二足で立ち上がる場面があるのですが、その動きがよく似ているので、子供ながらもおんなじ人だろうなと思ってました。

 心からご冥福をお祈りいたします。





posted by KAZU at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮