2020年10月10日

「帝都物語」OVA版(5)



 最後の戦いは加藤と恵子との一騎討ちとなります。勝ち誇り「俺の女になれ」と豪語する加藤。対して恵子は既に命を捨てており観音力、慈愛の心をもって加藤の鬼神力を封じ、ただただ前に進みます。加藤の攻撃に衣服は吹き飛び全裸になろうともただ突き進んでくる恵子に加藤は恐怖します。そして最後はショッキングな映像で幕を閉じます。普通なら最後の一撃あるいは一太刀で加藤が消滅しそうなものですが。恵子=観音様は加藤を抱きしめキスを交わして諸共に加藤を鎮魂してしまいます。
 原作を読破したのはもう随分前のことで、当時読んだ文庫も処分してしまい確認ができないのが残念ですが、この物語、奈落に落ちた二人にまだ先の話が続いているのです。









★主題歌
 全編を通じて歌唱のついた曲はありません。タイトルコールの後とエンディングにクレジットが流れますが、その曲たちが実に見事です。ことに第一「魔都篇」のエンディングは印象的でした。

○サウンドトラック「帝都物語〜暗黒交響詩」(キングレコード)



1 序〉魔都
2. ぶる神
3. 童
4. 女
5. 動
6. 都改造計画
7. 神
8. 法童子
9. 音力
10. 芒星
11. 服の魔人
12. 興
posted by KAZU at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月09日

「帝都物語」OVA版(4)

★キャラクター&キャスト
 残りのキャラクターを。本作の魅力はキャラクター。ほんのちょっとしか登場しなくても、きっちり役割があって外すことができません。

○渋沢栄一 / 阪脩



 渋沢翁と呼ばれる実業家。帝都東京を優れた都市にしようと秘密会議を開き帝都改造計画を進める。そのためには帝都東京を物理的・軍事的に強固なにするだけでなく、霊的にも守護されなければならないと考えている。関東大震災で計画は阻まれたが、帝都復興に尽力する。

○西村真琴 / 徳丸完



 地下鉄工事現場に出没した鬼を退治するため人造人間「學天則」を繰り出す。



○目方新 / 矢田耕司



 相馬俤神社の宮司。目方恵子の父。

○看護婦 / 篠原恵美



 加藤に操られる由佳里の担当看護婦。一旦体内の腹中虫を排除した由佳里に近づき、平井保昌が由佳里を守ろうと張った結界の中に入り込むことにより、内側から結界を破壊した。

○易者 / 置鮎龍太郎



 大連から戻った加藤を目撃した易者。後に辰宮恵子に遭遇し、奇人力と観音力について説き、恵子の本質(観音力)を見抜く。

○天野順吉 / 北村弘一



 天文学者。加藤が雪子を使って発現させようとした“永遠の満月”を目の当たりにする。観測することしかできなかったが、弾き返された月が元の位置で止まったことを確認した。

○森鷗外 / 笹岡繁蔵

○早川徳次 / 土師孝也
 東京地下鉄道の社長

○ナレーション / 岡部政明
posted by KAZU at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月08日

「帝都物語」OVA版(3)

★キャラクター&キャスト
 つづきを。加藤に対抗する人々。

○幸田露伴 / 屋良有作



 辰宮家を守るために鳴滝と協力し、魔術知識をもって加藤と戦う。そのキャラクターも時間の経過とともに容姿が少しずつ変わっていくが、中でもこの人は一番変化が大きい。最初は若き書生風。最後は特徴的な口髭のこの姿に。

○寺田寅彦 / 龍田直樹



 鳴滝の大学の先輩。渋沢の帝都改造計画の会議に出席。加藤の存在を知り、幸田露伴とはまた別の形で加藤に挑む。

○黒田茂丸 / 緒方賢一



 風水師。東京地下鉄道の事業に協力し風水の知識をもって地の龍を鎮める。原作通り二宮金次郎像をもって帝都を守ろうとする姿が描かれている。また、後に辰宮恵子と知り合い恵子の命を賭した戦いに協力する。

○平井保昌 / 納谷悟朗



 土御門家一門の総帥たる陰陽師。土御門家の威信をかけて加藤と戦うが重傷を負い敗れる。傷は癒えたが精神的には立ち直れず、明治天皇ご崩御に殉死。加藤の亥の年の再来を予言する。沖田艦長を彷彿させるが、加藤に敗れてからの姿は哀れ。

○賀茂 / 山口健



 土御門家の一人、平井保昌の弟子。平井保昌の後を継いで土御門家の悲願である加藤撲滅のため奇門遁甲の陣で挑む。雪子を助けようとした幸田と鳴滝に陣を崩されたため加藤に敗れる。
posted by KAZU at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月07日

「帝都物語」OVA版(2)

★キャラクター&キャスト
 まずは呪われた家族を中心に全篇に登場するメインキャラクターを。

○平将門
 大蔵省の敷地内にある首塚に眠る帝都東京を守護霊。帝都改造を目指して半ばで亡くなり怨念を持つが守護霊として眠っている。加藤は将門を呼び起こしてその怨念で帝都を滅ぼそうとするが、眠りを妨げられることを激しく忌み嫌い、加藤の力をも退ける。声の出演はクレジットされていないようだ。殆どの場面を他の人物の体を借りて話している。

○加藤保憲 / 嶋田久作



 紀州龍神村の近隣に起源を持つ魔道師の一族の男。人類の敵でありながら、本作では主人公的存在。帝都東京破壊を目論む軍人(中尉)。陰陽道を操り、平将門を甦らせて帝都東京を葬ろうとする。関東大震災は彼の手による。実写版と同じく嶋田久作が声を演じているが、前に書いたように実写版の印象が強烈で、アニメのキャラの線が細いせいもあるが凄味を感じられなかった。

○辰宮恵子 / 麻上洋子



 辰宮洋一郎の妻。旧姓目方、元相馬俤神社の巫女。後半のヒロイン的存在。辰宮家と帝都を守るために将門の巫女として加藤と戦う。優れた術者で最後は将門の力も借り、自らの身を菩薩と化し、命を賭して加藤の怨念を鎮める。

○辰宮洋一郎 / 塩沢兼人



 大蔵省官吏。多忙を理由に普段はかまうことすらないが、妹の由佳理に異常な執着を持つ。幼少の頃に由佳里と交わり後、絞め殺そうとしている。加藤に閻王の術を施された彼女と半ば強引に交わり雪子を産ませることになる。見ていて「銀河英雄伝説」のオーベルシュタインを激しく思い出させる。やはり塩沢兼人さんの声はすばらしいです。

○辰宮由佳理 / 潘恵子



 洋一郎の妹。強力な霊能力者で、将門復活のために加藤に狙われる。兄に首を締められ殺されかけ、冥府を垣間見たために強い霊力を宿す。兄と交わり雪子を産む。加藤に依代に利用され精神を病む。

○辰宮雪子 / 伊藤礼奈


 由佳理と洋一郎の間に生まれた禁断の子。母は既に加藤によって術を施されており、加藤の子とも言える存在。母から霊力を受け継いでおり、加藤に狙われた。顔の輪郭が「赤い光弾ジリオン」のアップルにそっくり。

○鳴滝純一 / 山寺宏一



 辰宮洋一郎の友人で理学士。純真素朴で由佳理に想いを寄せる。由佳理の子・雪子を助けるために賀茂が加藤を追い詰めたものの陣を崩すことで、結果的に加藤を助けてしまう。由佳理が精神を病んでも尚、想いは深く雪子が洋一郎の子であることを知って、すんでの所で殺してしまうまで洋一郎を殴りつける。
posted by KAZU at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月06日

野添義弘さん



 俳優の野添義弘さんは中学の同級生。1年の時に同じクラスでした。殺陣師として有名で、時代劇にしか出ていないと勝手に思っていたのですが、ドラマや舞台でもご活躍のようです。戦隊ものでは「電磁戦隊メガレンジャー」にレギュラー出演されていたようですが、この時はニュージーランドにいた時代で未視聴です。アニメはないだろうと思っていたら…。
 「蟲師」の第1期の第18話「山抱く衣」に骨董屋の主人として出演されていました。声優としてもまったく違和感がありません。さすが。

posted by KAZU at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん

2020年10月05日

「帝都物語」OVA版(1)



 「帝都物語」OVA版は1991年に発売された「帝都物語」のアニメ作品。東映VANIMEレーベルのVHSメディアとして全4巻が発売され、2007年にDVD化されている(全2巻)。原作は荒俣宏の同タイトルの小説。原作のA魔都篇、B大震災篇、C龍動篇の3つを第一部魔都篇、第二部震災篇、第三部龍動篇、第四部菩薩篇の4篇構成で描いている。シリーズ監督にりんたろう、監督に片山一良(魔都篇)、千明孝一(震災篇)、久米一成(龍動篇)、池田成(菩薩篇)、脚本に遠藤明範、キャラクターデザインに摩砂雪、
音楽にKAZZ TOYAMA、制作はマッドハウス、製作は東映ビデオ、オズ。
 実写版の「帝都物語」は私は原作を読んでいたので難解だとは思わなかったが、一般には難解との評が多かった。確かに短い尺で描くには物語が壮大過ぎたかも。おまけに監督が実相寺監督でかなりイメージ描写が多かった。その点、OVA版は詳細を描いていて原作を読んでいなくても十分に筋を追うことができる。加藤保憲の声に実写版と同じく嶋田久作を起用。実写版の印象が余りに強くて強烈で加藤に凄味がないのが残念。辰宮洋一郎に塩沢兼人、由佳里に潘恵子、平井に納谷悟朗、鳴滝純一に山寺宏一、目方恵子に麻上洋子と、豪華なキャストも楽しませてくれる。
posted by KAZU at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年10月04日

「彼女、お借りします」(4)

★主題歌
○オープニング
「センチメートル」



 和也の側から心情を歌ったオープニング。映像では和也と千鶴、麻美、瑠夏、墨が代わる代わる登場。サブキャラクターも顔をちょい出ししている。ストーリーはシリアスとコメディが混在しているが、このオープニングにはシリアスな表情はない。歌詞の内容と映像が見事にマッチしていて楽しい。最終話ではエンディングとして使用されている。作詞・作曲:北澤ゆうほ、編曲:the peggies・江口亮、歌はthe peggies。

○エンディング



・「告白バンジージャンプ」(第1〜6、8〜11話)
 タイトルからも想像できるように、オープニングより更にコミカルなエンディングテーマ。歌詞の内容は女の子側からのものになっているが、エンディング映像は和也がバンジージャンプする、コミカルバージョンになっている。
 作詞・作曲:前山田健一、編曲:板垣祐介、歌はhalca。

・「FIRST DROP」(第7話)
 瑠夏が幼少の頃から心臓病であることを説明するエンディング映像と共に流れたスペシャルエンディング。曲もなかなか秀逸だが、エンディングの映像も素敵。作詞:宮嶋淳子、作・編曲:塚田耕平、歌はhalca。

○挿入歌
「君を通して」(第12話)
 クレジットが「センチメートル」をバックに流れたあと、エピローグとしてフルキャストが登場する映像のバックに流れる。挿入歌というよりも、こちらが真のエンディングという感じ。作詞:やまし、作・編曲は宮川麿、歌は千鶴の声を演じた雨宮天。



★サブタイトル
第1話 レンタル彼女 -レンカノ-
第2話 元カノと彼女 -モトカノ-
第3話 海と彼女 -ナツカノ-
第4話 友達と彼女 -マサカノ-
第5話 温泉と彼女 -イマカノ-
第6話 彼女と彼女 -カノカノ-
第7話 仮カノと彼女 -カリカノ-
第8話 クリスマスと彼女 -クリカノ-
第9話 嘘と彼女 -ウソカノ-
第10話 友達の彼女 -トモカノ-
第11話 真実と彼女 -シンカノ-
第12話 告白と彼女 -コクカノ-





posted by KAZU at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション