2007年10月17日

キャロの呪文

 「魔法少女リリカルなのは」シリーズでは魔法の呪文は余り唱えられていません。シリーズ1第1話で傷ついたユーノがインテリジェントデバイス(レイジングハート)を使ってなのはを変身させるときは、最初だけ結構長い呪文をユーノの呪文を復唱させる形でなのはに唱えさせていました。しかし、この時の呪文は口語文だったと思う。一人例外がはやてくらい。「夜天の書」を読む形で魔法を使うせいか、第1話でも呪文を唱えています。このシリーズ3に来て今度はキャロが召還魔法を使う時は呪文を唱えています。
 特にキャロの唱える呪文は文語体の呪文。「来よ!」(こよ)って言ってますね。ではここで国文法の復習です。口語体では「来る」ですが、これの活用形は「こ/き/くる/くる/くれ/こい」です。来ず、来て、来る、来る時、来れば、来いと活用します。文語体では「来」(く)で、これの活用形は「こ/き/く/くる/くれ/こよ」です。来ず、来て、来、来る時、来れば、来よと活用します。そう、文語体の命令形は「来よ」(こよ)です。
ではキャロのヴォルテール召還の呪文を。「天地貫く劫火の咆哮、遥けき大地の永久の守り手、我が元に来よ、黒き炎の大地の守護者」。最後に「竜鬼●●、天地高明、来よヴォルテール」と叫んでいます。随分難しい漢語が続くのですが、最後のところはよく聞き取れないのですが、これでいいのでしょうか。伏字のところも含めてご存知の方、教えてください。

2007年10月16日

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜キャスト〜

今回のキャストの特徴は何と言っても一人の声優さんが複数のキャラクターを演じていることでしょう。まずはキャラクターごとに声優さんをご紹介します。

なのは/田村ゆかり
フェイト/水樹奈々
はやて/植田佳奈
スバル/斎藤千和
ティアナ/中原麻衣
エリオ/井上麻里奈
キャロ/高橋美佳子
シグナム/清水香里
ヴィータ/真田アサミ
シャマル/柚子涼香
ザフィーラ/一条和矢
リインフォースII/ゆかな
ギンガ/木川絵理子
ゲンヤ・ナカジマ/大川透
シャリオ(シャーリー)/伊藤静
ヴァイス/中村悠一
グリフィス/箭内仁
アルト/升望
ルキノ/ゆかな
マリエル・アテンザ/阪田佳代
ユーノ/水橋かおり
クロノ/杉田智和
リンディ/久川綾
アルフ/桑谷夏子
カリム/高森奈緒
ヴェロッサ・アコース/小野大輔
シャッハ/阪田佳代
ヴィヴィオ/水橋かおり
レジアス/石丸凡
オーリス/桑谷夏子
スカリエッティ/成田剣
ルーテシア/桑谷夏子
ゼスト/相沢正輝
アギト/亀岡真美
ウーノ/木川絵理子
ドゥーエ/又吉愛
トーレ/木川絵理子
クワットロ/斎藤千和
チンク/井上麻里奈
セイン/水橋かおり
セッテ/桑谷夏子
オットー/伊藤静
ノーヴェ/斎藤千和
ディエチ/升望
ウェンディ/井上麻里奈
ディード/伊藤静

さて裏返して今度は声優さんに対して担当したキャラクターを列挙しますと、
(Read More につづく)Read More

2007年10月15日

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜ディード〜



★ディード
 スカリエッティ制作の戦闘機人、ナンバーズNo.12。近接戦闘を得意とする戦闘機人。瞬間加速でまわいに入り込み、背後を取って一撃を食らわす。一旦ティアナに倒され、息を吹き返して再度背後から狙おうとした時、ヴァイスに狙撃される。末の妹に当たるが落ち着いた立ち振る舞い、低い声での冷静な喋り方は末妹らしくないけど。

 これでナンバーズの戦闘機人は全部ご紹介を終わりました。興味のない方には退屈な記事が続いたと思います。自分も見ている時に誰が誰かわからなかった戦闘機人。自分の記憶の整理の忌みもあってじっくり見直しました。もう少し「なのは」の記事が続きますが、今しばらくおつきあいください。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日はアニメ・特撮・ゲームについて語り
アニメソングをかけ倒す(?)120分です。

2007年10月14日

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜ウェンディ〜



★ウェンディ
 スカリエッティ制作の戦闘機人、ナンバーズNo.11。ライディングボードに乗って飛行するやたらと明るい戦闘機人。近距離射撃が得意。ライディングボードは攻撃を避ける盾にもなるし、銃にもなる。最終決戦ではティアナをノーヴェ、ディードと共に攻撃するが、最後の力を振り絞ったティアナに倒される。「〜っス」と言うのが口癖。


81.8MHz fmGIG が夜9時からお送りするムーンライト・ブレイク
月曜日は新旧問わず、アニメ・特撮番組について語り尽くす2時間。

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜ディエチ〜



★ディエチ
 スカリエッティ制作の戦闘機人、ナンバーズNo.10。ナンバーは10ながら初期から戦闘に参加、後方からの砲撃を得意とする。やや独り言が多い他は言葉すくな。遠距離からのエネルギー砲撃をかける実力派。なかなか手ごわかったです。自らは飛行能力がないので、最終決戦でゆりかごに向かう時は写真のようにクアットロに抱えてもらった。なのはの砲撃魔法と張り合ったが最後は押し切られ身柄を拘束される。なのはの超人的パワーに「あいつ人間か?」のセリフが印象的でした。

2007年10月13日

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜ノーヴェ〜



★ノーヴェ
 スカリエッティ制作の戦闘機人、ナンバーズNo.9。対魔導師、特に前衛陸戦用につくられた戦闘機人。スバルのリボルバーナックルやマッハキャリバーをモデルに作られた装備を持つ。ショートの赤毛が特徴。チンクが大破したのはティアナの幻術のせいだと考えており、最後までティアナと張り合ったが、ヴァイスの支援もあってティアナに身柄を拘束される。

「魔法少女リリカルなのは StrikerS」〜オットー〜



★オットー
 スカリエッティ制作の戦闘機人、ナンバーズNo.8。広域結界を張って後方支援を担当する戦闘機人。バトルスーツの上にジャケットを着ているのが特徴。ステルスジャケットは魔法探索を回避することのできる装備。機動六課本部襲撃時はシャマルとザフィーラを撃破したが、最終決戦時はシャマルのクラールヴィントからは逃れられず、脱出しようとしたがザフィーラに阻まれ拿捕される。