2017年05月17日

「八月の濡れた砂」(2)



キーワード:石川セリ

 NHKの少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」の主題歌は石川セリの歌う「遠い海の記憶」。少年ドラマシリーズに続き、NHKの「みんなのうた」でも流れました。不思議な歌声が印象的でした。ドラマもなかなか面白かったけれど、最後に「何で!」と落胆してしまったのを覚えています。せっかく解いた秘密、そしてその隠されたお宝を…。僕には理解できません。
 閑話休題。「八月の濡れた砂」エンディングで流れた主題歌は石川セリの歌う同タイトルの「八月の濡れた砂」です。「遠い海の記憶」のような不思議な感覚は伝わってきませんが、この映画作品にふさわしい物憂い歌声。
 作詞は吉岡オサム、作曲は音楽担当のむつひろし、編曲は秋葉洋。石川セリのファーストシングルに収録。手持ちの音源はテレビから録音したカセットテープしかなく、今回ベスト盤CDを借りてきて聞きました。
posted by KAZU at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

「八月の濡れた砂」(1)

キーワード:テレサ野田



 NHKの少年ドラマシリーズ「未来からの挑戦」で超現代の科学を用いて現代の変革を狙う英光塾講師・田中レイコ。この田中レイコを演じたのがテレサ野田さん。「たなかれいこ」に「てれさのだ」この二つの名前が他にいろいろと事情があって忘れられない名前でした。そして先日、テレサ野田さんのデビュー作が「八月の濡れた砂」であることを知りました。
 日活が「ロマンポルノシリーズ」に移る前の最後の作品だったそうで、まあお茶の間で見る映画ではありません。14歳のテレサ野田さんの登場シーンはいきなり全裸になって海で体を洗うという場面ですから。
 「八月の濡れた砂」は1971年に日活が製作、公開された作品。監督は藤田敏八、脚本は藤田敏八・峰尾基三・大和屋竺、撮影は萩原憲治、音楽はむつひろし・ペペ、91分。
 湘南を舞台に荒れて敗退していく若者=高校生のねちねちした感情から沸き上がる行動をさらりと描いている。これをねちねち描かれたので見ていられないでしょうから。暴力、窃盗、強姦、自殺、発砲ととんでもない映画ですが、その手の映画評論では評価は高いようです。
 そして肝心のテレサ野田さんですが、14歳デビュー作、かわいいです。「未来からの挑戦」ではコワイ人でした。塾の教室ではかわいい顔もちょっとだけ見せてましたが。1971年の公開ですから僕は13歳、年齢は1つしか違いませんが、とてもとても14歳とは思えない演技でした。


左:田中レイコ、右:三原早苗

★キャスト
・広瀬昌助(西本清=主人公の青年、高校生)
・村野武範(野上健一郎=校長をなぐって退学した清の元同級生)
・テレサ野田(三原早苗=ヒロイン、姉と二人で暮らす。)
・藤田みどり(三原真紀=早苗の姉)
・中沢治夫(川村修司=清の同級生)
・赤塚真人(渡辺マモル=清の同級生)
・隅田和世(稲垣和子=清の同級生)
・三田村元(西本武=清の兄)
・八木昌子(西本文子=清の義姉)
・奈良あけみ(野上雅子=健一郎の母)
・原田芳雄(神父)
・渡辺文雄(亀井亀松=健一郎の母とつきあう政治家)
・田畑善彦(暴力団幹部)
・中平哲仟(暴力団組員)
・溝口拳(暴力団組員)
posted by KAZU at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年03月17日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(1)



 「ルパン三世」(実写版・2014年)は、2014年に東宝系で公開された日本のアクション映画。原作はモンキー・パンチの漫画「ルパン三世」でストーリーはオリジナル。監督は北村北村龍平、脚本は 水島力也、音楽はアルド・シュラク。制作はパイプライン、製作は「ルパン三世」製作委員会、133分。
 最初制作が発表された時はこれほどまでにアニメのイメージが固まってしまっているものを実写版とは絶対にイメージが崩れるだけだと思っていました。それが恐くて見ずに来たけれども、ここに来てやっと鑑賞。この作品は作り手のこだわりと熱意の結晶。漫画ともアニメとも違う世界、アニメのイメージはすっかり振り払って見るべき作品ですね。けして比べてはいけないと思います。
 海外ロケをふんだんに行い外国人も起用して、英語でのお芝居の場面もあり日本語吹き替えで見ましたが日本人の俳優さんの口も日本語を喋ってはいません。タイの軍隊も協力しているとのことでバンコクで実際に出会った帯銃した軍人の雰囲気そのままで映像からもその迫力を感じます。
 ストーリーはオリジナルで2時間強という物語は予備知識は余り必要とせずこの「ルパン三世」を知らずして見ても十分に楽しめます。先にアニメと比べるなと書きましたが、一人だけ比べておくと峰不二子だけはかなりイメージが違います。アニメの不二子の色っぽさを黒木メイサに求めるのは無理ですが、見事にメイサ版不二子を演じていてお見事です。他のキャラクターは細かいところは抜きにして良くイメージをつかんでいると思います。


posted by KAZU at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年03月03日

「砂の枕」



 「大江戸捜査網」のオープニングは主役が交代する毎に映像は変わっていきますが、あの勇壮な音楽はそのまま。隠密同心の過酷な心情をナレーションが語ります。
 返してエンディングの音楽はしみじみと、主役の俳優さんたちが中心に歌をうたいます。里見浩太朗さんの「砂の枕」は短いけれど歌詞はよ〜く考えるとあり得ないようなことを言ってます。映画「ランボー」でランボーが大佐に「苦痛は無視しろと言われた」と言ってますが、それに近いですね。暗くて悲愴。

命と思えば惜しくなる
石と思えば捨てられる

 ほんまかいな。
posted by KAZU at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2017年02月27日

「ジャパニーズ・グラフィティX「時代劇絵巻」」



 昨日、高校の吹奏楽部のOB・OGバンドの定期演奏会に行ってきました。プログラムの中に「ジャパニーズ・グラフィティX「時代劇絵巻」」という時代劇主題歌のメドレー曲がありました。「水戸黄門」、「銭形平次」、「大江戸捜査網」、「大岡越前」、「暴れん坊将軍」の日本を代表する時代劇シリーズの主題歌が次々と演奏されてワクワクしました。「鬼平犯科帳」がピリオドを打った今、時代劇ドラマシリーズはやや低迷。これほどの人気シリーズが今後出てくるかどうか。
 さて演奏された5曲中、「大岡越前」だけが毛色の違った一曲。他の4曲が勇壮で華やかなのに大して、オープニングらしからぬ聞かせるメロディ、名曲ですね。「大江戸捜査網」は中学生の時から大好き。「暴れん坊将軍」は「響け!ユーフォニアム」のファーストシリーズの第1話を思い出しました。
posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2016年01月08日

「都市霊伝説 霊視学園」(3)



★キャラクター&キャスト
●藤原美咲/藤原ひとみ
本作の主人公。霊視能力のある少女。

●風間信吾 /武田航平
美咲の幼なじみ。小学校の時、仙台に転校するが両親を失って美咲に会うため戻ってきた。

●大宮里子/佐久間信子
美咲のクラスメイト。小学校時代の風間を知っており、風間が美咲のことをすぐに思い出したのをに自分のことは覚えていないことに腹を立て、美咲にライバル意識を燃やす。

●コンサルタント/池田辰雄
心霊研究家、コンサルタント

●美咲の担任/松田賢二
美咲のクラスの担任で歴史の教師、ミュージカル部の顧問、里子の兄。そして猟奇殺人の犯人。
松田さんは2年後、「仮面ライダー響鬼」(2005年)で斬鬼を演じてましたが、先生役はガラリと変わった雰囲気。狂った時の演技はザンキに通じるところがあるかも。

●美咲の姉/勝村美香(友情出演)



この作品を見たのは美香さんが出演していたから。2003年の作品ですから23歳。若々しいです。登場は2カットのみでしたが。



●ニュースキャスター/工藤あさぎ(友情出演)

他に吉川綾乃、藤森麻由、田中愛里。
posted by KAZU at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編

2016年01月07日

「都市霊伝説 霊視学園」(2)



 犯人は担任でミュージカル部の顧問の先生。美咲に正体を突き止められて狂い始めるイカれたヤツだった。そして刃物で切り付ける先生から彼女を助けてくれたのは風間だった。学校を風間と共に脱出して風間の家の近くまで逃げてきたが、「家族を安心させてあげたい」と美咲は自宅へ戻る。別れ際風間は「僕も5000人の一人だったんだ」とささやく。
 自宅ではお葬式が営まれていた。泣き崩れる両親を見て姉を案じる美咲が見たのは自分の遺影を抱える姉だった。ここで美咲は自分が既に死んでいて霊になっていることを知った。別れ際の風間の言葉から風間が霊視能力のあることをも理解した美咲は風間の家を訪ねる。「死んで一つだけいいこともあるんだよ」「ずっと風間くんと一緒にいられる」

posted by KAZU at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編