2018年09月23日

タックガン



 TACの隊員が携帯している拳銃。実弾を発射する他、先端にアダプターを装着することでレーザーガンにもなります。
 プラモデルの方もバネ仕掛けで実弾を発射し、当然アダプターも付属しています。写真はアダプターを装着した状態です。
posted by KAZU at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

ダックビル



 TACの地底探索用戦車。最初はTACのBillかと思ったのですが。アローもスペースも嘴だし。でもプラモデルの外箱に「ダックビル」とちゃんと記載されておりました。「Duck Bill」=「かものはし」。
 ゼンマイ駆動でドリルを旋回させながら走ります。
posted by KAZU at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年09月22日

タックスペース



 TACの宇宙戦闘機、もちろん大気圏内でも活躍。2名搭乗するタイプで、人気が出たからか、タックアローよりも使用回数が多くなっていきます。こいつも鼻まがりなんですよね…。
 プラモデルの方は両翼にスプリング式のロケット弾を装着、ゼンマイ仕掛けで走ります。
posted by KAZU at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年09月21日

タックアロー



 TACの主力戦闘機。猛禽のくちばしのように下に曲がった機首が特徴。基地から発進する他、タックファルコンからの発進も。
 マットアロー1号よりも細身でシンプルなんですが、機首が曲がったのがどうも好きにはなれませんでした。
posted by KAZU at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年09月20日

タックファルコン



 次は「ウルトラマンA」です。

♪牧場の緑が左右に分かれ、光るマシンが現れる

 「TACの歌」に歌われる大型戦闘機。発進時にはカタパルトを使用することもでき、プラモデルではカタパルトも同梱です。ピカピカの部品もありますが、組立後のオモチャでなく鑑賞仕様。このカタパルトが大きい割に転がり易くて、一度転がり落ちてヒンジ部が破れてしまいました。父がプラスチックで部品を作って修復。
posted by KAZU at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年09月19日

マットジャイロ



 ジャイロ式なのでスピードはアロー1号、2号に劣りますが、本編では活躍の場の多かったマットジャイロ。こうして見るとなかなか良いデザインですね。
 MATの3機はキットの色がグレーと塗装しなくてもよかったので、なかなかきれい。プラモデルのキットの色で作る気を失くす友人がおりましたが、僕は余り気にしません。でも白とかはやめて欲しいです。
posted by KAZU at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年09月18日

マットアロー2号



 僕はアロー2号の方がフォルムは好きなんですが、活躍の場は1号の方が圧倒的に多かったように思います。両翼からバネ仕掛けのロケット弾を発射。これもゼンマイで走りますよ。
posted by KAZU at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal