2019年01月17日

訃報・天地総子さん

 1月13日にネットのニュースで訃報を知りました。「CMソングの女王」と書かれているサイトが多いのですが、確かにたくさんのCMソングを歌われています。ただ僕の中ではCMソングは余り記憶に残っていません。2019年1月6日、塞栓性脳梗塞のため死去とのこと。ご冥福をお祈りいたします。



 天地総子さんは歌手、声優、女優と三つの顔をお持ちですが、やはり歌手の印象が強いです。そして僕が一番にあげる歌は1974年の特撮テレビ映画「怪獣王子」の主題歌「怪獣王子の歌」ですね。当時は小学校低学年だったので歌っている人の名前も知らず、勿論レコードも持っていた訳でもありませんが、独特のはずんだ声が記憶に残っています。♪とばせ!青い空にブーメラン♪から始まる歌にわくわくします。「怪獣王子」が不幸なことに制作・放映打ち切りで終わってしまっていますが。レコードはずっと後になって入手しました。


今も手元にある1974年のみんなのうたのテキスト

 もうひとつは僕が「天地総子」という歌手を知った曲。NHKのみんなの歌で1974年に初回放送された「ゆかいなめざまし時計」。この頃は中学生でしたがみんなの歌にはまっていて、テキストは定期購読、この歌も歌詞をみなくても歌えます。テレビのテロップで名前が分かりましたが、声が「怪獣王子の唄」の声と同じだったので、この人だったのだと納得しました。

朝です おきてよ ニワトリも鳴いてる
朝です みなさん 一日のはじまり
「もう少し おねがい あと五分だけ」
ふとんにもぐりこんで パパがたのんでる
まけるなぼくの めざまし時計
おひさまもほら 顔を洗って
ぴかぴかしている くすぐれパパを
目をさますまで おきてくるまで
いたずらが好きな めざまし時計は
ときどき ねぼけて 一時間も早く鳴る

posted by KAZU at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2019年01月01日

Le Sanglier de feu

kazumasa_web.jpg

明けましておめでとうございます。

年末ばたばたとしている間に、あっと言う間に年が明けてしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by KAZU at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | Journal

2018年11月12日

ミヒャエル・エンデ



 Yahooのトップページで「おはよう! きょうはドイツの作家、ミヒャエル・エンデの誕生日。児童文学作品「モモ」が有名だよね。どんな人物だったのかな?」というメッセージが表示されていました。
「モモ」?知りません。エンデの作品で一番有名なのは映画「ネバー・エンディング・ストーリー」の原作である「はてしない物語」が、彼の作品を読まずともその名を一番有名にしていると思うのですが。もうひとつ「ネバー・エンディング・ストーリー」より前、アニメ化された「ジムボタン」の原作「ジム・ボタンの機関車大旅行」の作者でもあります。
 日本人にとっては余り馴染みのない作家かなと思うのですが、久しぶりに見た“エンデ”の名前に自分のブログの中を検索してみた朝でした。


posted by KAZU at 13:42| Comment(4) | TrackBack(0) | Journal

2018年10月05日

ブルコン



 「トリプルファイター」のSAT基地を制御するAIを供えた犬型のロボット。「トリプルファイター」は初回から見ても、SATやブルコン、早瀬兄弟の細かい設定は述べられることなく進むので本当にどうなっているのか良くわかりませんでした。劇中で尻尾を振るシーンがあるので犬型なんだろう。哲夫が作ったらしい。
 普段は陽気でプラモデルもかわいいけれど、最終回「さようなら哲夫、さようなら勇二、さようならユリ」と惑星オーラに向かう三人を送り出す声は劇的でした。
posted by KAZU at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年10月04日

サットカー



 いよいよプラモデルも最後のシリーズとなりました。最後は「トリプルファイター」から。
 SATの専用車両。ドアが上に跳ね上がるタイプ。哲夫がバイク、勇二がバイクやバギーを使うことが多いので、主にユリが乗っていた印象が強いです。余りにも普通の車両でSATのマシンという感じがしませんね。デーモンカーの方がおもしろかったかも。
posted by KAZU at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年10月03日

モグリアン



 「ファイヤーマン」に登場するSAFの地底探索車。4本のドリルを持つのが特徴。歴代のウルトラシリーズの地底探索車に比べて、その実用性に一番疑問を感じます。ドリルが4基に分かれていてはとても地底を堀り進めるとは思えません。設定は全長6m、重量が8t、小さ過ぎます。
posted by KAZU at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2018年10月02日

ジャンボフェニックス



 「ミラーマン」のSGMの誇る飛行艇。3機に分離できる。1号、2号、3号の呼び名が一定しないところがあり、ややこしい。僕がテレビを録音してある資料によれば、機首の戦闘機が1号機、胴体部が2号機、主翼部の指令機が3号機。プラモデルの方は機首の戦闘機が2号機、胴体部が3号機、主翼部の指令機が1号機ですね。プラモデルも勿論分離します。分離形態も美しさもウルトラホーク1号には遠く及びません。

真っ赤な太陽、あふれる光に、
またひとつ、花弁が開く朝
空へ空へ大空へ向かって、
広がる夢でっかい希望ああ不死鳥
生き生きと羽ばたく
Oh my ジャンボフェニックス
SGM のジャンボフェニックス
posted by KAZU at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal