2024年02月05日

「ヒーローはへこたれない」/ 古谷敏さん



 日経新聞の夕刊連載です。当の古谷敏さんのFBの投稿で気付くという失態でした。職場の古新聞をあさってみましたが、1枚は確実に自分が昼食時のランチョンマットにしてしまってました。他は誰かが帰りに持って出た可能性大。なので新聞紙面で読んだのは最終のDのみです。デジタル版で全部読みました。
 「ウルトラセブン」放映終了以降の手許にある資料には「アマギ隊員役の古谷敏さんは実業家に転身」とあって、その後もずっと実業家を続けていたのだと思ってました。姿を消していたというのを知ったのはごく最近になってからのことです。20世紀末に倒産して復帰するまでの20年間も行方不明になっていたとは。それでいて今、この大人気です。
 記事の中で“妻の好子は、「あなたがまた胸を張って、ファンの方にあいさつする日がきっと来る」と言ってくれていました。それが救いでしたね。”と書かれています。素晴らしい奥様ですね。
posted by KAZU at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2024年02月01日

コナンと犬夜叉



 押し入れの中を整理していると、高校の大先輩に頂いた新聞が出てきた。読売新聞2003年10月12日、新聞4面の大きなよみうりテレビのアニメ広告。もらったのは10年くらい前だけど、もうかなり色が褪せてきており、このまましまっていても劣化するだけ。
 ということで、アイロンでしわをのばし、A3スキャナで8回スキャンしてつなぎ合わせました。褪色した色も補正。
 「名探偵コナン」は今も放映中。20年経ってもアニメのキャラクターたちは年をとらない。それに何の違和感も感じないアニメの妙ですね。

posted by KAZU at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2024年01月02日

謹賀新年

posted by KAZU at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Journal

2023年12月28日

なか卯×SPY×FAMILY



 今年もあとわずかとなりました。
 コロナ禍も過ぎ、発信されるアニメ作品の数も猛烈な勢いで増えてきました。とうてい50年前の頃のように全部の作品を見るというようなことはできませんし、週数本が限界な生活です。お気に入りの作品をアップしていくことに徹したいと思っています。

 さて、なか卯と「SPY×FAMILY」のコラボ。全く参加・応募はしなかったのですが、たまたま同僚にいただいたチケット、これレアなものだったようです。
posted by KAZU at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2023年08月25日

忘れてました…



 映画に行ったのは2週間前ですが、入場者特典もらったままで忘れてました。奏の表情が妙にかわいい。
posted by KAZU at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2023年07月31日

Ready MADONNA



 堀江美都子さんの3枚目のオリジナルアルバムです。1982年のリリース。オリジナルアルバムの中では一番売れて、一番知られた一枚(と思います)。今でもミッチファンの間でも根強い人気です。
 大阪厚生年金会館でのライブがビデオ化されて発売されましたが、そのライブに行ってましたので、僕にとっても思い出の一枚。今、当時買ったレコードしか持ってないので、ターンテーブルを繋いで針を落とさないと聞けなかったのですが、苦労してデジタル化。ウォークマンに取り込みました。これだけ労力かけるなら、CDをレンタルした方が楽だったかも。
「茅ヶ崎メモリー」を聞くとわくわくします。他のアルバムも頑張ってデジタル化するかな。


VHSのジャケット。
posted by KAZU at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal

2023年07月17日

「わたしの幸せな結婚」第7巻



 「わたしの幸せな結婚」小説版の第7巻が7月14日発売。予約してあったので当日届きました。
 前巻のあとがきで著者が書いてらした通り、本巻でタイトル回収、美世と清霞が結婚でハッピーエンド(らしい)。楽しみです。
 先週からアニメもスタートしました。アニメ化されると聞いて、これはきっと第1巻をアニメ化するものと思っていたのですが、アニメのPVや他の情報を見てみると第2巻以降のキャラクターも出て来ているので、先までやるのだと驚いています。確かに美世の異能の発現やらを伝えようとするとストーリーを先に進めないといけないのですが、作品の魅力を伝えるのは1巻だけで十分な気がします。

posted by KAZU at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Journal