2016年06月29日

「地球防衛軍」(2)

白川由美さん追悼記事。



★キャスト
○渥美譲治:佐原健二
 本作の主人公。天体物理学者。調査団には加わったが後の作戦には参画していない。
○白石亮一:平田昭彦
 天体物理学者。渥美の同僚で「ミステロイドの研究」の著者。研究の中でミステリアンの存在をいち早く知り、接触。彼らの言い分を尤もだと協力していたようだが、最後に騙されたと知りドームを破壊する。
○安達謙治郎:志村喬
 天体物理学博士。白石、渥美の上に立つ権威。
○白石江津子:白川由美
 本作のヒロイン。白川亮一の妹、渥美の恋人。
○岩本広子:河内桃子
 白川亮一の恋人であり婚約者だが、白石から一方的に婚約を破棄される。
○森田:藤田進
 日本の防衛軍司令官、後に地球防衛軍指令。「ウルトラQ」「ウルトラセブン」「帰って来たウルトラマン」と艦長、長官等々司令官職が似合う人です。
○ミステリアン統領:土屋嘉男
 ミステリアンの長。ヘルメット、マント、サングラスをかけていて顔はよく見えない。
○リチャードソン博士:ジョージ・ファーネス
○インメルマン博士:ハロルド・エス・コンウェイ


旅館で入浴中にモゲラが襲来する。ストーリーには全然関係ないサービスカット(笑)
posted by KAZU at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年06月28日

「地球防衛軍」(1)

白川由美さん追悼記事。



 「地球防衛軍」は1957年に東宝で公開された東宝の特撮SF映画。原作は丘美丈二郎,製作は田中友幸、音楽に伊福部昭、特技監督に円谷英二、監督は本多猪四郎、カラー作品88分。
 科学の進歩と核をテーマにしたSF作品で、後に「モゲラ」と呼ばれるようになる巨大ロボットが登場する。この作品では一切呼称はなく単に「ロボット」と呼んでいるのみだが、このモゲラの造形が斬新で、その初登場作品としてタイトルは有名。
 富士山麓の村で木が根元から燃えていくという奇怪な山火事が発生。さらにその村そのものが地中へ沈み込むという大きな山崩れが発生する。その村に住んでいた天体物理学者の白石亮一も山崩れに巻き込まれた。白石の同僚で友人、その妹と親しい渥美譲治は現地の調査に加わる。その途中、突如地中から現れた巨大ロボットに襲われる。ロケット砲や火炎放射器の攻撃にもびくともしない。防衛隊は鉄橋を爆破してかろうじでそのロボットを破壊する。ロボットの破片から地球上にない合金でできていることが分かる。人為的な山崩れ、放射能の検出、渥美たちが見た空飛ぶ円盤、地球外からの生命の可能性に安達賢治郎博士は白石の論文「ミステロイドの研究」を公表する。
 調査隊が富士山麓に入ったその目の前に巨大なドームが現れ、自らをミステリアンと名乗り科学者5人をドームに招いて、ドームから半径3キロの土地の割譲と地球人の女性との結婚の許可を求めてくる。彼らは火星と木星の間にあった遊星の生命体で核戦争により母性を失い、放射能によって生殖機能が衰えており、新たな住処と子孫の繁栄のために地球へやって来たのだった。
 既に女性を拉致し、平和を望むという割に威圧的なミステリアンに日本政府は攻撃を仕掛けるが高度な科学力のためドームにダメージを与えることすらできない。
そんな状況の中でテレビの画面を通じて行方不明になっていた白石が現れミステリアンの科学力の高さ、地球人の愚かさを訴える。諸外国からの援助を受けて空中戦艦α号、β号を完成、ミステリアンに対して2度目の総攻撃を仕掛けるが熱光線による攻撃でβ号を失って敗北する。
 地下に要塞を建設しドームから半径120キロの土地を要求するミステリアン。白石は「勝つのは、地球人でもミステリアンでもなく科学だ」と言う。「それでも我々は戦わなければならない」とミステリアンの熱光線に耐えるマーカライト、パラボラ戦車・マーカライトファープ、マーカライト塗装したα号、電子砲を搭載したβ号で決戦を挑む。マーカライトの対抗力は75分。やっと攻勢に出た地球人であったが、熱光線、モゲラ、人工洪水と反撃するミステリアンに決めてが出ない。マーカライトの効力消滅まで後5分というところでβ号への電子砲の搭載が完了。出撃したβ号の攻撃でミステリアンはドームを破壊され宇宙ステーションへの退去を開始し地球側が勝利する。
 一方、渥美は拉致された白石の妹・江津子たち女性を助けるために偶然発見したミステリアンの要塞の工事現場から要塞内に潜入。要塞内部から破壊工作を行うが見つかって捕まってしまう。ミステリアンの幹部に連行されていくと、そこには拉致された女性たちがいた。その幹部は白石だった。「ミステリアンに騙されていた」「まだやることがある」と白石は一人要塞内部に戻って行き、破壊工作を続ける。地球人の勝利の裏には渥美と白石の内部からの破壊があって成功したのだった。
 撤退していくミステリアンの円盤に攻撃を加えるβ号。安達博士は「彼等は永遠に宇宙の放浪者です。我々は決して彼等の轍を踏んではならない」と話し、映画は幕を閉じます。


posted by KAZU at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年06月25日

訃報・白川由美さん



 去る6月14日に女優の白川由美さんの訃報が流れました。年齢的には完全に親の世代の方でテレビで見た姿は子ども時代に既におばさんでしたから、余り印象がありません。ところがちょっと時代を遡って1950年代から60年代の始めのころの東宝の特撮映画に「白川由美」の名前を度々見かけます。

「空の大怪獣ラドン」(1956年)
 主人公の恋人役」 - キヨ
「地球防衛軍」(1957年)
「美女と液体人間」(1958年)
「電送人間」(1960年)
「妖星ゴラス」(1962年)

 いずれもヒロインで重要な役所を演じます。「空の大怪獣ラドン」のキヨなどは特撮とはおよそ無縁な雰囲気なんですが、どうしてこう次々と特撮に抜擢されたんでしょうね。
 どの作品も視聴するのがやや難しい状態になりつつありますが、この機会にもう一度映画を見ながらご冥福をお祈りしたいと思います。
posted by KAZU at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年06月29日

ロビンソン一家



 昨日ネットサーフィンしていて見つけた写真。「宇宙家族ロビンソン」(Lost in Space) のロビンソン一家。ジョン(父)、モーリス(母)、ジュディ(長女)、ペニー(次女)、ウィル(長男)、ウエスト少佐、そしてドクター・スミス、フライデー。
 下の写真はどれくらい後なんでしょう。上の写真が放送当時として1965年、それから20年後にはお父さんは亡くなっているそうなので、1980年くらいとして15年後ですか。

posted by KAZU at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年06月28日

Jupiter 2



 「宇宙家族ロビンソン」(Lost in Space) の宇宙船ジュピター2号、地球から出発して迷子になって、未知の惑星に着陸して、エネルギー切れで飛べなくなってしまいます。惑星上の家みたいなもので飛んでいる姿が、最初の頃しか見られません。
 ふと、飛んでいる姿を見たいなと「宇宙家族ロビンソン」「ジュピター2号」で検索しても余りパッとした画像がないんですね。そこで「Lost in Space」「Jupiter 2」で検索すると、さすが本国でアップされている画像がわんさかヒット。記憶の中では地球を出発してクルーが眠っている間に、ドクター・スミスが磁石でコースを曲げて、ジュピター2号が軌道を外れていくシーンが印象に残っているのですが、その姿は見つけられませんでした。

posted by KAZU at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月22日

「EKOEKO AZARAK エコエコアザラク」(3)



★主題歌
 最後に主題歌を。
 冒頭、森の中の猟奇殺人現場に一人生き残ったミサが手を血に染めて立つ。そのバックに流れるのがオリジナルサウンドトラックで「述懐I」と題された曲。不気味さと神聖さの両方を持つこの曲は器楽曲ではなくてコーラスがついている。人の声だからこそ響いてくる怪しさがあります。最近の映画に珍しくこの曲の間にクレジットが流れます。作曲は音楽担当の北里玲二さん。
 エンディングは逆に爽やかな曲、「憂凪〜YU-NAGI〜」。タイトルに“憂”という文字があり、歌詞も明らかに“陽”の歌ではないのですが、ホラー映画作品に似合わない明るさです。映画主題歌としてだけでなく耳に優しいので普段に聞くのにもいいかもしれません。作詞・作曲は小田桐向現、歌は木村由姫。

posted by KAZU at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年01月18日

「EKOEKO AZARAK エコエコアザラク」(2)



★キャスト
○黒井ミサ / 加藤夏希
 本作のヒロイン。前作までのミサに比べて美少女的魔女。スゴミはないけれど冷めた怖さを秘め持つ。
○仁美 / 大谷みつほ
 ミサのクラスメイト。病院から脱走したミサを助ける。
○ケンジ / 高野八誠
 仁美のボーイフレンド。病院を抜け出したミサを仁美と共にかくまう。
○野沢刑事 / 諏訪太郎
 森での5人の惨殺事件を追う刑事。一見冷めたようにも見えるが熱血漢。演じるは特撮で数々の怪演を見せる諏訪太郎さん。
○神崎刑事 / 津田寛治
 野沢刑事の部下。捜査情報をマスコミに陰で流していた模様。考えてみたらとんでもないヤツです。
○前田 / 遠藤憲一
 関東放送のワイドショー担当ディレクター。言葉を巧みに操りミサを魔女扱いしていく。ヤラセに手を出して、最後は魔女に憑かれたかのように破滅に落ちていく。スタジオに閉じ込められた状態で惨殺された。
○田上 / 光石研
 精神科医。魔女狩りの標的にされたミサをカウンセリングで立ち直らせ、またテレビ局のヤラセを糾弾しようとする。
○星野 / 小烏一慶
 関東放送の朝なまワイドの司会者。
○木岡笙子 / 水木薫
 ミサを担当した女医。
○鑑識官 / 飯島大介
 森の中の惨殺事件を捜査した鑑識官。ねじれたナイフを発見。
○検死官 / 伊藤洋三郎
 惨殺された死体を検死した検死官。遺体を検死中突然死亡する。
posted by KAZU at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮