2016年07月16日

インファント島の小美人



 先日、ザ・ピーナッツの妹さんの方、伊藤ユミさんの訃報が一月以上もたってから流れましたね。先般の白川由美さんは完全に親の年代の女優さんで、テレビで普段見かけない方でしたが、ザ・ピーナッツというと子供の頃にテレビで歌っており、1975年まだ若くして芸能界を引退されたので印象も深く、ショックな出来事でした。1941年生まれ、姉エミさんが2012年、妹ユミさんが2016年5月18日になくなられました。ご冥福をお祈りいたします。
 なんと言ってもザ・ピーナッツと言えば「モスラ」の小美人ですね。映画「モスラ」ではインファント島から連れ去られ見せ物にされます。ショーで歌う「モスラの歌」は今もって特撮ファンに馴染みの曲、人気の曲です。
 小美人を救出するため、モスラが孵化。体長180メートルの巨大なイモムシが日本へ向かって泳ぎ、東京タワーをへし折って蛹化。羽化した巨大な蛾は小美人を連れてインファント島へ帰っていきます。
 次作「ゴジラ対モスラ」でも小美人で登場。嵐で流されたモスラの卵がなぜか日本に漂着。それを再び日本国内へ持ち帰り見せ物にするのですが。。。今度はモスラともに小美人は卵を取り戻しにやってきます。
 「モスラの歌」は本編でも中核をなす挿入歌。中学一年の時に録音して意味は分からぬまま覚えました。今でも勿論歌えます。作詞は日本語でなされ、インドネシア語に訳されたそうです。作曲は古関裕而さん。

posted by KAZU at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮

2016年07月10日

「美女と液体人間」(1)

白川由美さん追悼記事。最後の作品はこれです。



 「美女と液体人間」は1958年に東宝から公開されたSF映画作品。原作は海上日出男、脚本は馬淵薫、音楽は佐藤勝、製作は田中友幸、特技監督に円谷英二、監督は本多猪四郎。カラー、87分。
 「核」をテーマにした「変身人間シリーズ」の1作で、僕の生まれる前に作られた作品故に「怪獣」の登場しないし見たのは随分あとになってから。科学者役の佐原健二と刑事役の平田昭彦、キャバレーの歌手役の白川由美を中心に、大半がドラマ展開で特撮の部分は少ない。特撮は液体人間が人を襲うシーンに多く、「怪奇大作戦」を思い出させるようなシーンに、円谷英二監督はもうこの時代から、この描き方を使っていたのだと感心させられた。強い放射線を浴びると液体生物化するという設定が現代の私たちにはこじつけにしか見えないけれど、映画としては十分楽しめます。
 ある雨の夜、タクシーが男をはねるが、衣服だけを残して逃げた痕跡も遺体も残っていないという怪事件が発生する。遺物から麻薬密売にかかわる事件として捜査一課の富永捜査課長が事件を追う。一方富永の友人で城東大学助教授の政田は放射線を浴びて液体化した液体人間がかかわっていると説くが、富永は全く信用しなかった。事件は大詰めを迎えて犯人を一網打尽にしようとした警官たちの目の前で人が液体と化する場面に直面し、やっと富永はその真相を知り、液体人間根絶の作戦が実行される。
 キャバレー「ホムラ」の歌手新井千加子は最初にタクシーの目の前で消えた三崎の女で、三崎が消えたことで命を狙われることになる。液体人間が人の精神を残しているという設定になっており、組員や密売人を、また千加子を狙ったことに意味があったのか。最後は自衛隊、消防隊の協力の元、液体人間掃討作戦が実行され、千加子も救出されてハッピーエンドで終了する。最後に「核」の恐ろしさを伝えるメッセージを残して映画は幕を閉じる。
posted by KAZU at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年07月03日

「妖星ゴラス」(2)

白川由美さん追悼記事



★キャスト
 東宝の特撮映画の中でも異例のキャスティング。常連の平田昭彦、佐原健二も脇役。
○田沢博士 / 池部良
 日本の若き宇宙物理学博士。地球移動計画実践の指揮を執る。本作の主役。
○河野博士 / 上原謙
 宇宙物理学博士、政府機関との交渉に当たる。
○園田謙介 / 志村喬
 日本の権威的科学者。隼号艇長の父。生物学に長けていたのかマグマの出現で南極に招聘されその正体が爬虫類であることをつきとめる。
○園田雷蔵 / 田崎潤
 隼号艇長。土星探査を中止して「ゴラス」調査を決断。「ゴラス」に捕らえられ最後の瞬間までデータを送り続けた。
○真鍋英夫 / 桐野洋雄
 隼号副長。野村滝子の恋人。
○遠藤 / 平田昭彦
 鳳号艇長。
○斎木 / 佐原健二
 鳳号副長。
○伊東 / 二瓶正典
 「ウルトラマン」のイデ隊員。相変わらずのギャグキャラです。
○金井達麿 / 久保明
 鳳号乗員。野村滝子の幼なじみ。カプセル1で「ゴラス」に接近してデータを取る。危機一髪で帰還したが記憶喪失になる。登場シーンからしてふざけた役かと思いきや、特撮では単身「ゴラス」に接近、本編でもヒューマンドラマとして結構重要な役所を演じました。映画ポスターでは池部良さんの次に、本編クレジットも3番目に名前が上がってますものね。
○園田智子 / 白川由美
 隼号艇長の娘。
○野村滝子 / 水野久美
 宇宙省長官の秘書。
○村田 / 西村晃
 宇宙省長官。
○キャバレーの客 / 天本英世
 出発を前にした鳳号の乗員たちが飲むキャバレーにいた客。伊東に不吉な言葉をかける。若き天本さんですが、存在感は大きいです。
○フーバーマン / ジョージ・A・ファーネス
 アメリカ人科学者。国連で国を越えての協力を呼びかけ、南極での作戦でも中心的役割を果たします。
○ギブソン / ロス・ベネット

★劇中歌「俺ら宇宙のパイロット」
 本編で3度登場する劇中歌。最初は、医務室で伊東が口ずさむ。二度目は富士山麓宇宙港から鳳号の乗務員らが科学省へ押しかけるヘリの中で歌われる。最後は鳳号出発前の鳳号乗務員たちがキャバレーで歌うシーン。


posted by KAZU at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年06月29日

「地球防衛軍」(2)

白川由美さん追悼記事。



★キャスト
○渥美譲治:佐原健二
 本作の主人公。天体物理学者。調査団には加わったが後の作戦には参画していない。
○白石亮一:平田昭彦
 天体物理学者。渥美の同僚で「ミステロイドの研究」の著者。研究の中でミステリアンの存在をいち早く知り、接触。彼らの言い分を尤もだと協力していたようだが、最後に騙されたと知りドームを破壊する。
○安達謙治郎:志村喬
 天体物理学博士。白石、渥美の上に立つ権威。
○白石江津子:白川由美
 本作のヒロイン。白川亮一の妹、渥美の恋人。
○岩本広子:河内桃子
 白川亮一の恋人であり婚約者だが、白石から一方的に婚約を破棄される。
○森田:藤田進
 日本の防衛軍司令官、後に地球防衛軍指令。「ウルトラQ」「ウルトラセブン」「帰って来たウルトラマン」と艦長、長官等々司令官職が似合う人です。
○ミステリアン統領:土屋嘉男
 ミステリアンの長。ヘルメット、マント、サングラスをかけていて顔はよく見えない。
○リチャードソン博士:ジョージ・ファーネス
○インメルマン博士:ハロルド・エス・コンウェイ


旅館で入浴中にモゲラが襲来する。ストーリーには全然関係ないサービスカット(笑)
posted by KAZU at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年06月28日

「地球防衛軍」(1)

白川由美さん追悼記事。



 「地球防衛軍」は1957年に東宝で公開された東宝の特撮SF映画。原作は丘美丈二郎,製作は田中友幸、音楽に伊福部昭、特技監督に円谷英二、監督は本多猪四郎、カラー作品88分。
 科学の進歩と核をテーマにしたSF作品で、後に「モゲラ」と呼ばれるようになる巨大ロボットが登場する。この作品では一切呼称はなく単に「ロボット」と呼んでいるのみだが、このモゲラの造形が斬新で、その初登場作品としてタイトルは有名。
 富士山麓の村で木が根元から燃えていくという奇怪な山火事が発生。さらにその村そのものが地中へ沈み込むという大きな山崩れが発生する。その村に住んでいた天体物理学者の白石亮一も山崩れに巻き込まれた。白石の同僚で友人、その妹と親しい渥美譲治は現地の調査に加わる。その途中、突如地中から現れた巨大ロボットに襲われる。ロケット砲や火炎放射器の攻撃にもびくともしない。防衛隊は鉄橋を爆破してかろうじでそのロボットを破壊する。ロボットの破片から地球上にない合金でできていることが分かる。人為的な山崩れ、放射能の検出、渥美たちが見た空飛ぶ円盤、地球外からの生命の可能性に安達賢治郎博士は白石の論文「ミステロイドの研究」を公表する。
 調査隊が富士山麓に入ったその目の前に巨大なドームが現れ、自らをミステリアンと名乗り科学者5人をドームに招いて、ドームから半径3キロの土地の割譲と地球人の女性との結婚の許可を求めてくる。彼らは火星と木星の間にあった遊星の生命体で核戦争により母性を失い、放射能によって生殖機能が衰えており、新たな住処と子孫の繁栄のために地球へやって来たのだった。
 既に女性を拉致し、平和を望むという割に威圧的なミステリアンに日本政府は攻撃を仕掛けるが高度な科学力のためドームにダメージを与えることすらできない。
そんな状況の中でテレビの画面を通じて行方不明になっていた白石が現れミステリアンの科学力の高さ、地球人の愚かさを訴える。諸外国からの援助を受けて空中戦艦α号、β号を完成、ミステリアンに対して2度目の総攻撃を仕掛けるが熱光線による攻撃でβ号を失って敗北する。
 地下に要塞を建設しドームから半径120キロの土地を要求するミステリアン。白石は「勝つのは、地球人でもミステリアンでもなく科学だ」と言う。「それでも我々は戦わなければならない」とミステリアンの熱光線に耐えるマーカライト、パラボラ戦車・マーカライトファープ、マーカライト塗装したα号、電子砲を搭載したβ号で決戦を挑む。マーカライトの対抗力は75分。やっと攻勢に出た地球人であったが、熱光線、モゲラ、人工洪水と反撃するミステリアンに決めてが出ない。マーカライトの効力消滅まで後5分というところでβ号への電子砲の搭載が完了。出撃したβ号の攻撃でミステリアンはドームを破壊され宇宙ステーションへの退去を開始し地球側が勝利する。
 一方、渥美は拉致された白石の妹・江津子たち女性を助けるために偶然発見したミステリアンの要塞の工事現場から要塞内に潜入。要塞内部から破壊工作を行うが見つかって捕まってしまう。ミステリアンの幹部に連行されていくと、そこには拉致された女性たちがいた。その幹部は白石だった。「ミステリアンに騙されていた」「まだやることがある」と白石は一人要塞内部に戻って行き、破壊工作を続ける。地球人の勝利の裏には渥美と白石の内部からの破壊があって成功したのだった。
 撤退していくミステリアンの円盤に攻撃を加えるβ号。安達博士は「彼等は永遠に宇宙の放浪者です。我々は決して彼等の轍を踏んではならない」と話し、映画は幕を閉じます。


posted by KAZU at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2016年06月25日

訃報・白川由美さん



 去る6月14日に女優の白川由美さんの訃報が流れました。年齢的には完全に親の世代の方でテレビで見た姿は子ども時代に既におばさんでしたから、余り印象がありません。ところがちょっと時代を遡って1950年代から60年代の始めのころの東宝の特撮映画に「白川由美」の名前を度々見かけます。

「空の大怪獣ラドン」(1956年)
 主人公の恋人役」 - キヨ
「地球防衛軍」(1957年)
「美女と液体人間」(1958年)
「電送人間」(1960年)
「妖星ゴラス」(1962年)

 いずれもヒロインで重要な役所を演じます。「空の大怪獣ラドン」のキヨなどは特撮とはおよそ無縁な雰囲気なんですが、どうしてこう次々と特撮に抜擢されたんでしょうね。
 どの作品も視聴するのがやや難しい状態になりつつありますが、この機会にもう一度映画を見ながらご冥福をお祈りしたいと思います。
posted by KAZU at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2015年06月29日

ロビンソン一家



 昨日ネットサーフィンしていて見つけた写真。「宇宙家族ロビンソン」(Lost in Space) のロビンソン一家。ジョン(父)、モーリス(母)、ジュディ(長女)、ペニー(次女)、ウィル(長男)、ウエスト少佐、そしてドクター・スミス、フライデー。
 下の写真はどれくらい後なんでしょう。上の写真が放送当時として1965年、それから20年後にはお父さんは亡くなっているそうなので、1980年くらいとして15年後ですか。

posted by KAZU at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮