2023年06月15日

「キューティーハニー THE LIVE」(4)

★キャラクター&キャスト
 最後にスペシャルエピソードの二人のキャラクターを。
○如月光史郎博士 / 永井豪 / 声:谷口節



 本編ではミキの回想として登場するが、顔は見せていない。スペシャルエピソード26話のみに顔出しで登場。原作の永井豪さんが扮している。本編では既に故人で声だけが登場していた。物理学、ロボット工学、サイボーグ工学の権威。空中元素固定装置を発明した。娘ハニーが実験中の事故で消滅。ショックで感情が暴走した博士はミキの両親を殺害してミキにサイボーグ術を施し空中元素固定装置のプロトタイプを搭載。装置に不具合が見られると、同様にユキにも搭載した。しかし、ユキにも不具合が発生する。最後に人間ではなくアンドロイドで娘を製造しハニーに搭載した。ミキとユキは「廃棄処分」にしようとしたが、記憶を取り戻したミキに殺害される。

○如月ハニー / 高橋明子



 如月博士の実の娘。離婚で母は去ったがハニーは父親のもとに残る。研究に没頭する父にかまってもらえなかったが父を愛していた。空中元素固定装置の実験中の事故で消滅。失って初めて愛情に目覚めた父親は彼女の代わりとしてミキ、ユキ、ハニーを造ることに。空中元素固定装置をどのように使おうとしたのかは明らかにされていない。
 殆ど顔がカットされた状態で撮影されている。消滅するシーンは正面からだがボケた状態。どんな素顔かすごく気になる。
posted by KAZU at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月14日

「キューティーハニー THE LIVE」(3)

★キャラクター&キャスト
 続きを。パンサークローの面々を。

◎パンサークロー
 「金銭の獲得」を至上目的とする秘密結社。思想・主義・主張はなく目的のために手段を選ばない。社会のあらゆる方面に潜入しており、正体を知ったものは抹殺する冷酷な集団でもある。幹部は男女とも存在し、オリジナルのように女性ばかりではない。



○中条有次 / 村上幸平
 パンサークローの幹部、改造人間。殺人を含む非合法なギャンブルを運営し、莫大な利益を得ている。多重人格者。冷徹な青年=中条、無邪気な大人=彦麿、凶暴な=ギザが出現。最後はオカマの中条に。それぞれに両腕から独特の武器を発現させる。独自に空中元素固定装置の開発を試み不完全ながら装着するも、ユキに倒される。

○デューク渡 / マーク武蔵
 パンサークロー幹部、改造人間。つま先に刀剣を仕込んでいる。医療部門の幹部で、患者を改造しては兵器としてオークションに出荷している。すぐにキレて激怒する性格。ユキにバラバラにされるが、中条がサイボーグとして再生する。ユキに致命傷を負わされて停止・死亡した。

○烏川真由美 / エリカ



 パンサークロー幹部、改造人間。「蛤学園」の校長。学校はパンサークローの養成学校である。レズビアンで金儲けの他に女性に対して興味を示す。特にミキに対する愛情は異常。後に白薔薇学園の教師として赴任・潜入してくる。戦闘時はマスクを着けて人知を超えた能力を見せる。最後はミキに頼まれて彼女の空中元素固定装置をハニーに移殖、ハニーを蘇生させる。その後ミキの亡骸と共に湖に消える。



○田中弘美 / ふせえり
 パンサークロー幹部、改造人間。田中鮮魚店を経営する主婦。夫と息子との3人暮らし。日常的に恐喝、略奪、殺人を行なう策略家。体躯からミサイルを放つむちゃくちゃな破壊的オバサン。ハニーの空中元素固定装置を摘出してユキに移殖、洗脳して操った。洗脳が解けたユキに殺され消滅した。

○田中作之助 / 喜多川務
 田中弘美の夫。生身の人間でありながら幹部と張り合う程の身体能力・戦闘能力を持っている。



○戦闘員
 一般市民が改造・洗脳された改造人間。普通の人間のふりをして、突如マスクをかぶり襲いかかる。特殊な形をしたナイフを携帯している。
posted by KAZU at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月12日

「キューティーハニー THE LIVE」(2)

★キャラクター&キャスト
○如月ハニー(キューティーハニー)/ 原幹恵



 本作品の主人公。白薔薇学園高校2年生。如月光史郎博士によって作られたアンドロイド。黒髪の少女だが空中元素固定装置でハニーフラッシュ、変身、赤い髪の女戦士になる。武器はシルバーフルーレ。無垢で天真爛漫、異常に天然な性格。状況に応じて姿を変える。戦闘能力は3人姉妹の中で一番低い。田中によって空中元素固定装置がユキに移殖されて停止するが、ミキが烏川に頼んで自分の装置を移殖させて青いキューティーハニーとして復活。体内にミキの装置とユキの魂を同化することになる。最終話では「愛の戦士キューティーハニーさ!」と名乗りをあげている。
 本作はグラビアアイドルの原幹恵のデビュー作。見事なボディーを活かしてバストやヒップを使ったお色気満載な戦闘を展開。僕はハニーの超天然さにイメージが崩れた。

○早乙女ミキ(シスターミキ)/ 水崎綾女



 本作のオリジナルキャラ。如月光史郎博士によって改造されたサイボーグで空中元素固定装置でハニーフラッシュすることで、青を基調にしたキューティーハニー=シスターミキに変身する。クールで影のある少女。武器はブーメランブル。戦闘能力はハニーよりも高い。両親を如月博士に殺され空中元素固定装置を装着、偽の記憶をうえつけられ博士の娘として過ごした過去を持つ。記憶を取り戻して博士を殺害して脱走している。頭脳明晰だがひねくれた性格で更生施設を点々とした。更生施設がパンサークローに乗っ取られた際に幹部を倒して逃走、その後白薔薇学園高校のハニーのクラスに転校してくる。ハニーとは面識もなく目撃したその能力が自分のものと同じであることに驚く。空中元素固定装置が奪われユキに移殖されて停止したハニーに自分の空中元素固定装置を移殖するよう烏川に頼んで最期を迎える。

○剣持ユキ(シスターユキ)/ 竹田真恋人



 本作のオリジナルキャラ。不治の病に侵されていたが如月博士により治療・改造された。空中元素固定装置で白を基調にしたキューティーハニー=シスターユキに変身する。武器はプラチナチャクラム。如月博士の作ったアンドロイドの剣持夫妻に養子に出された形になっている。普段は穏やかなやや天然のお嬢様が、大好きなハニーに危害が及ぶと激昂する。戦闘能力は一番高い。ミキ同様、記憶を操作されており如月博士を父と慕う。自分の空中元素固定装置が欠陥品で先が短い事を知り、田中にそそのかされてハニーの空中元素固定装置を狙う。田中によりハニーの空中元素固定装置を移殖され操られるが、洗脳が解けて田中を倒す。その後、暴走したがハニーとの激しい戦闘で、ハニーのフラッシュで消滅する。



○早見青児 / 山本匠馬
 わざと河川敷でホームレス生活をしている青年。「早見探偵事務所」の探偵。本来の身分は大学生。卒論研究のため現代日本に潜む「デモーニッシュな存在」を研究している。正義感は強いが、ドジっ子で戦闘能力は全くない。第1話の段階で既にハニーと知り合い。パンサークローとの最初の遭遇時にもハニーに助けを求め、以後事件にかかわっていく。

○源さん / なぎら健壱
 本作のオリジナルキャラ。早見に探偵事務所となるボロ小屋を貸しているホームレス。実は裏でホームレスを束ねる実力者。ホームレスのネットワークを介して情報を集める。

○秋夏子 / 小松愛



 ハニーの同級生、友人。学生寮のルームメイトながらハニーの正体は知らない。後にユキの策略でハニーの正体を知るも、ハニーとの友情を守る。
posted by KAZU at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月09日

「キューティーハニー THE LIVE」(1)



 「キューティーハニー THE LIVE」は2007年10月テレビ東京系列で放送された、特撮テレビドラマ。原作は永井豪の漫画作品。アニメ版のリメイクではなくて設定をかなり大きく変更した別の実写版という感じ。総監督は横山誠、監督に横山誠・宮坂武志・本田隆一・田ア竜太・雨宮慶太、シリーズ構成に井上敏樹、脚本に井上敏樹・犬飼和彦・戸塚直樹・長谷川圭一・三条陸・石橋大助、キャラクターデザインに出渕裕、音楽に渡辺剛。製作はブロードマークス、ディープサイド、企画・製作はハニー製作委員会。放映は25話でDVDでは未放送の1話を加えて全26話。永井豪の作家生活40周年の記念作品。
 設定はアニメ版とは大きく異なり、アニメ版を見ていた人が一番驚くのはハニーの性格。異常なまでの純真無垢で天然、原作のクールさは微塵もない。パンサークローも美術品・宝飾品を狙う窃盗集団ではなく金銭目的の秘密結社で、幹部に普通に男性が存在している。ハニーの性格とは裏腹にストーリーはハードバイオレンスでアクティブ。
posted by KAZU at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年02月07日

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」(5)

番外編



 「忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER」では冒頭で七海のシャワーシーンがありましたが、「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」ではウメコの入浴シーンが。温泉町が舞台のサスペンス劇場じゃあるまいし。まあ、テレビシリーズ時代にはあり得ないサービスシーン?



 僕はこちらの方が懐かしかったですね。バンの四文字熟語。
posted by KAZU at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年01月21日

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」(4)

★主題歌
○エンディング



「ミッドナイト デカレンジャー 10 YEARS AFTER」
 作詞:藤林聖子、作曲:高取ヒデアキ、編曲:亀山耕一郎、歌:ささきいさお。テレビシリーズのエンディングを新バージョンでリメイクしている。今世紀のささきいさおさんの歌声は皆さらりと力まず歌っていて、これも良い感じに仕上がってます。

○挿入歌
「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」



 作詞:吉元由美、作曲:宮崎歩、編曲:京田誠一、歌:サイキックラバー。こちらもテレビシリーズのオープニングのリメイク。挿入歌というよりもBGMで使用されていた。
posted by KAZU at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年01月20日

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」(3)

★キャラクター&キャスト

○キャリー / 小林里乃



 他人の体内に潜入できるクレメント星人の少女。2年前の事件の目撃者。本作のキーマン。事件から2年を経ているが時間の経過を感じさせないキャラ。2年前と容姿は変わらない。ここはちょっとは変えてほしかったところ。

○キャリーの父 / 筒井巧



 2年前の事件の目撃者であり、キャリーを体内に潜り込ませて娘を守り、レイドリッヒに殺される。

○日渡氷狩 / 上村祐翔



 地球署勤務のエスパー。かつて事件(テレビシリーズのEpidode7,8)でジャスミンに助けられる。後に宇宙警察学校を卒業、地球署に赴任しジャスミンと再会。それがきっかけとなって結婚する。ジャスミンの回想シーンが流れるが、少年がすっかり青年になっている。10年の時の流れを一番感じるキャラ。

〇カイト・レイドリッヒ=アリエナイザーX / 小山力也(声)



 宇宙警察・銀河系管区警察局の局長。本作の黒幕。宇宙マフィアのキュルリアンファミリーと結託、2年前居合わせたマフィアをキャリーの父と共に殺して報酬を独り占めする。キャリーの宇宙検察庁での証言もあり、ジャッジメントでデリートが許可され葬り去られた。



○アサム・アシモフ=ネオデカレッド / 栩原楽人
 地球署の新人デカ。バンの転属で配属される。先輩には礼儀正しく一般人には優しい。実は黒幕カイト・レイドリッヒの手下で口の悪い悪ガキ。先輩デカを「老兵」と見下す。最後はレイドリッヒに吸収されて彼のエネルギーとなり消滅する。演じるのは「仮面ライダー響鬼」(2005年)で安達明日夢を演じた栩原楽人。

○ムギ・グラフトン=ネオデカイエロー / 秦瑞穂
 地球署の新人デカ。育児休職中の茉莉花に代わって配属。普段から口が悪く態度も悪いリバーシア星人の女デカ。ロングヘアーに黄色のメッシュを入れている。実は黒幕カイト・レイドリッヒの手下。最後はアサムと共にレイドリッヒに吸収されて彼のエネルギーとなり消滅する。演じるのは「轟轟戦隊ボウケンジャー」で猫が変身した少女・未夢を演じた秦瑞穂。

〇クローン・アブレラ / 中尾隆聖(声)



 テレビシリーズのラスボス。レイン星人のサイボーグ、死の商人と呼ばれた。カイト・レイドリッヒの手によりクローンとして巨大化した姿で復活したが、署長=デカブレイクの参戦で倒される。一度聞いたら忘れられないと言われる中尾隆聖さんの声が冴えてます。

〇イーガロイド / 中井和哉(声)
 テレビシリーズのアブレラが販売する上級戦闘員。護送船不時着後の戦いでブルー、グリーンと戦い、最後皆がウメコに戦闘を託したあとデカピンクに倒される。

〇マイケル・マイクソン / ささきいさお(声)



 冒頭、夜の街でマフィアの一味に追われるミクロフォノ星人。体内にキャリーが潜入していたため追われていた。センちゃんが駆けつけて助け、キャリーがウメコに潜入したため解放され、どこへともなく去っていった。

〇ナレーター - 古川登志夫
posted by KAZU at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮