2019年03月25日

「寄生獣」/「寄生獣 完結編」(4)



 アニメと細部に渡って比較するのは異なる作品なので控えたいとは思うものの、やはり触れずにはおられないかな、といことで一言。
〇アニメ版が先行したということで原作を読んでいない僕にとってはアニメのイメージで固まってしまっていて、ミギーの声にはやはり違和感が。これは仕方がないですね。漫画が原作、どんな声を発するかは作り手によります。アニメ版の平野綾ちゃんが余りに名演過ぎました。
〇パラサイトの幼生が天から降ってくるか、海のそこから浮かんでくるか。起源を問われるとやはり海からというのは科学的な説明がつきそうです。空から降ってきたら一体なんだ?ということになりますから。
〇やはり実写になると何であれリアル。殊にグロの部分になると圧倒的なリアル感がありますね。アメリカのホラー映画ならもっとグロく描いているかもしれませんが、さすがに見ていて鳥肌が立つようなところまでは行ってません。島田が切り刻んだのは7名、美術部の女子ばかりでしたが、割とあっさりとしていて、アニメの屈指の名エピソード「発狂した宇宙」に遠く及びません。
〇ストーリー展開が軽快で無駄がありません。省略気味になるのは劇場版の常ですから仕方がありません。加奈やジョーが登場しません。その分ストーリーが完結で、回り道がありません。ここはこの作品の一番の良いところかなと。
○最後にちょっと気になったことを。「寄生獣」のキャッチコピーは「日常は、ある日とつぜん、食べられた。」。「完結編」のは「君は、まだ、人間ですか?」「愛する人を、守れますか?」「なぜ、生まれてきたのだろう。」。うーん、何か違っているように思うのですが?
posted by KAZU at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年03月24日

「寄生獣」/「寄生獣 完結編」(3)



★キャラクター&キャスト
 キャラクター&キャストのつづき。
 登場する魅力的なキャラクターは圧倒的にパラサイト。実写版ならではの演技の微妙な表情が興味深い。無表情から人の表情を真似るという人ならざる物を演じるのは難しいでしょうね。田宮良子の高笑いが何とも言えない。

〇田宮良子(たみやりょうこ)/ 深津絵里
 新一の高校に教師として赴任してきたパラサイト。高い知能を持ち、人類にまぎれて共存することをめざす。ネットワークに所属してパラサイト社会を構築する。戦闘能力においても他のパラサイトとは一線を画する。原作とは異なり学校を去った後も姿・名前は変えていない。本作のキーキャラクター、深津絵里さん見事な演技です。

〇島田秀雄(しまだひでお)/ 東出昌大
 田宮良子と同様ネットワークに所属するパラサイト。新一の学校に転入してくる。裕子に髪の毛を抜かれて正体が露顕し、除光剤を投げつけられ体内に巻き込んだためにコントロールを失い、その場にいた美術部員を切り刻んでいく。田村良子に火炎瓶を投げられ、警察官に銃撃された後、屋上に上がったところを隣のビルから新一とミギーによって射出された金属棒に心臓を射抜かれて死亡する。

〇三木(みき)/ ピエール瀧
 後藤の右腕であるパラサイト。頭としての統率力が低いため暴力団事務所襲撃時には刃物で三カ所の傷を負い、ミギーには頭を切り落とされる。新一は心臓に止めを刺そうとするが、通行人が近付いたためにその場を離れてしまう。既に5体で一人であることが分かっていたのにミギーの初歩的なミスだ。

〇後藤(ごとう)/ 浅野忠信
 田宮良子が実験で作り出した5体のパラサイトをひとつの体で共有する最強のパラサイト。新一に放射性物質に汚染された金属片を刺され、暴走した手足と共に吹き飛ぶ。最後は新一によって焼却炉の中に放り込まれて死亡する。

〇草野(くさの)/ 岩井秀人
 ネットワークに所属するパラサイト。広川の側近。田宮良子には批判的で、広川の指示で仲間2人と共に田宮良子を殺害しようとするが一撃で倒される。

A(エー)/ 池内万作、余貴美子
 ネットワークに所属するパラサイト。田宮良子の紹介で島田と共に新一に会う。警察官として生活している。田宮良子の子の父親。後に新一とミギーに倒されるが、瀕死の状態の折に近寄ってきた新一の母親殺害して乗り換え生き延びる。最後は新一に頭を切断されて死亡する。

〇倉森(くらもり)/ 大森南朋
 田村良子に雇われ新一の身辺を探るフリーライター。娘と二人暮らしで妻とは死別。田村良子に恋愛感情を抱いていたが、新一に正体を教えられて逆上。田村の子供を拉致して動物園に呼び出す。衆人環視の中で田村良子に殺される。

〇広川剛志(ひろかわたけし)/ 北村一輝
 パラサイトのネットワークに協力する政治家。市長に当選し、パラサイトを組み込んだ組織作りを行う。警察の特殊部隊に囲まれて演説をぶつ。さすがに実写版、ここの臨場感はアニメを大きく上回る。「人間こそ地球環境を汚染する「寄生獣」だ」とタイトルの意味を述べるところは圧巻。

〇浦上(うらがみ)/ 新井浩文
 猟奇的かつ快楽的な殺人犯。パラサイトと人間を見分ける超能力を持つ。その能力から山岸に「移動式スキャナー」としてパラサイト殲滅作戦に駆り出される。広川が射殺される場面まで居合わせたが、後藤の出現で逃亡したと見られる。新一とはマジックミラーをはさんで対峙しているが、新一にとっては最後の場面まで面識がなかった。
posted by KAZU at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年03月23日

「寄生獣」/「寄生獣 完結編」(2)



★キャラクター&キャスト
 まずは人間側のメインキャラクターから。

〇泉新一(いずみしんいち)/ 染谷将太
 本作の主人公。母と二人暮らし。高校生で美術部員、リンゴ使いでアップル社の機器を愛用。たまたまiPhoneで音楽を聞いていてイヤホンが耳にささっていたので、ミギーは耳から侵入できなかった。母を殺され、母を乗っ取ったパラサイトAに心臓を破壊されるが、ミギーによって再生。ミギーの細胞が体内に拡散したことで超人的な身体能力を得る。パラサイトAを倒した後は、パラサイトを見つけては殺していく。

〇ミギー / 阿部サダヲ(声)
 新一の右手に寄生したパラサイト。好奇心旺盛で学習能力に長け、パソコンの操作や車の運転もできる。最後は新一が後藤を倒す時に浴びた放射線を体内から治癒し細胞を消費しすぎて形態を維持できなくなったため、長期の眠りに着く。

〇村野 里美(むらのさとみ)/ 橋本愛
 本作のヒロイン。高校生で新一の幼馴染、美術部員。島田に襲われた際に新一とミギーの姿を目撃、本作では人間の側でミギーの存在を初めて知る人物となっている。終盤はミギーの存在を知っているが故の所作が見られる。

〇泉信子(いずみのぶこ)/ 余貴美子
 新一の母親。ドラッグストアの薬剤師。夫とは死別している。新一とミギーに倒された瀕死のAに近寄り、体を乗っ取られる。Aは顔を変えず信子の姿のままで生活していた。

〇裕子(ゆうこ)/ 山谷花純
 新一や里美の友人・同級生で美術部員。島田の髪の毛を引き抜いて正体を露見させてしまう。島田によって胴体を切断されて死亡。

〇平間(ひらま)/ 國村隼
 パラサイト事件を追う関西弁を使う刑事。初期の段階から事件を捜査する。中華料理店での事件で裏口に残っていた新一の指紋とAが刺し殺されたパイプの指紋が一致したころから新一に迫ってくる。最後は市役所前で後藤を銃撃、後藤が打ち返した弾を浴びて死亡する。

〇山岸(やまぎし)/ 豊原功補
 警察の特殊急襲部隊の中隊長。市役所でのパラサイト殲滅作戦を指揮、自らも先陣を切って突入するが、後藤によって首を切断される。後藤との戦いは描かれていない。

posted by KAZU at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年03月22日

「寄生獣」/「寄生獣 完結編」(1)



 「寄生獣」は2014年11月に公開、「寄生獣 完結編」は2015年4月に公開された劇場版SF作品。「寄生獣」が前編、「寄生獣 完結編」が後編となる二部作。原作は岩明均による漫画作品。監督は山崎貴、脚本に古沢良太、山崎貴、音楽に佐藤直紀、制作はROBOT、制作協力 - 東宝映画、阿部秀司事務所、製作は映画「寄生獣」製作委員会(東宝、日本テレビ放送網、講談社、電通、讀賣テレビ放送、バップ、ROBOT、白組、阿部秀司事務所、日本出版販売、KDDI、GYAO、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)、配給は東宝。放映時間は「寄生獣」が110分、「寄生獣 完結編」が118分。
 作品中はVFXが駆使され、特に人の顔が変化してパラサイトの形態になる部分はこの手の作品では一番実写に向いていないところだが、見事なまでの実写合成となっている。また撮影ロケ地が凝っていて、それぞれの場面にドンピシャの雰囲気。殊に新一の母親を乗っ取ったAと新一との最後の対決の場面は現実感のあふれた場所。全く人のいない山奥とかではなくて河川敷の鉄道鉄橋の下。あるある感が満載だ。

★ストーリー
 深海から浮上した卵から孵化した未知の生物・パラサイトの幼生はコンテナに入り込み日本各地に運ばれていく。幼生は人の耳から侵入して脳を奪い、人食いの生物へと変わっていく。東福山市の西稜館高等学校の生徒・新一の腕から侵入した幼生は新一が存在に気付いてしまったためコードで腕を縛り脳への侵入を防いだため、腕を侵食して成熟してしまう。人の脳がそのまま生き残り、新一の腕に寄生したパラサイト・ミギーとの共生生活が始まる。新一はパラサイトが起こす事件を契機にして、パラサイトと人(警察)との両方から狙われつつ戦いの中に身をおくことになる。
 原作を読んだわけではないので詳細は分からないが、原作にはかなり忠実とされたアニメ版と比べると、テーマを絞って、それに合った設定がなされている。またテーマを描くためにエピソードをぎりぎりまで割愛しており、なかなか上手くまとめられていて感心した。それでも前後編併せて3時間半を超す超大作になっている。
posted by KAZU at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年02月10日

怪獣王子の怪獣たち(15) 〜昆虫人間〜



 いよいよ「怪獣王子」の怪獣のラスト。後半の侵略者である昆虫人間。
 ガンマー星系から宇宙船でやってきた異星人。ブーンと甲高い音と共に自ら飛ぶことができます。火山島に埋蔵されたウランを使って放射能昆虫人間を孵化させようとして失敗。火山島から採掘し日本に運び出したウランを狙い、またサハラ砂漠に埋蔵されたウランを狙いますがレンジャー部隊に阻止されます。“昆虫司令”と称される司令官は他の昆虫人間と姿は変わりません。というか造形的にどこか違うのかもしれませんが、小学生の僕には判別はできませんでした。
 鳥人に比べるとどことなくカッコイイ怪人で好きでしたね。人を捕らえて昆虫人間に変えてしまうこともでき、ジアトリマの回ではレンジャーの隊員を昆虫人間に変えてしまいます(火山島1号)。
posted by KAZU at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年02月09日

怪獣王子の怪獣たち(14) 〜エダホザウルス〜



 最終話でパキケファロザウルスを倒してネッシーの頭にまたがって火山島に戻っていくタケルの姿はいかにも最終回らしい良いエピソードでした。しかし実際は制作が中断されたために、上手くまとめただけなのかもしれません。そして以後のエピソードに登場予定で既に造形されていた怪獣・エダホザウルスが雑誌等では紹介されていました。当時の「少年画報」には「エダボザウルス」と書かれていたように思うのですが、「エダホザウルス」が正しいようです。古生代の爬虫類「エダホサウルス」は背中に巨大な帆状の突起を持っており、怪獣エダホザウルスもそれが特徴です。本編に登場していないので、全く未知の怪獣。
posted by KAZU at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2019年02月08日

怪獣王子の怪獣たち(13) 〜パキケファロザウルス〜



 砂漠を舞台にしたサンドラゴン登場の回は割と細かいところまでエピソードを覚えていますが、僕の「怪獣王子」の記憶はそこでピタッと止まってしまっています。初回放送は小学校の3年生で、その後再放送があって、その時にサブタイトルをノートに書き残していました。「恐怖のサボテン」という唐突なサブタイトルはよく覚えているのですが、全くストーリーが思い浮かびません。ネットで粗筋を調べてやっと伊吹一家にまつわるエピソードがおぼろげに脳裏に浮かんできました。キーワードは「落下する鳥」です。
 サボテン怪獣と言われるのがパキケファロザウルス。今でこそ石頭恐竜として有名ですが、当時は殆ど一般には知られていなかったのではないでしょうか。この恐竜も今では体躯を地面と平行にして尾でバランスを取りながら機敏に動き回る姿に復元されますが、50年前は直立してノッシノッシと歩くタイプでした。
posted by KAZU at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮