2023年08月08日

「シン・仮面ライダー」(3)



★エンディング曲
 いずれもオリジナルの1970年代の音源が使用されたということです。

○「レッツゴー!! ライダーキック」
 クレジットが藤浩一名義になっているが、ご存知子門真人の歌う「仮面ライダー」のテーマソング。オリジナルでは最初仮面ライダーこと藤岡弘さんが歌っていたが、藤浩一版に切り換えられた経緯をもつ。作詞 / 石ノ森章太郎、作・編曲 / 菊池俊輔、歌 - 藤浩一、メール・ハーモニー

○「ロンリー仮面ライダー」
 オリジナル「仮面ライダー」のエンディングテーマ。多くの小中学生が「ロンリー lonely」の意味をこの歌で知った…とよく言われます。1番の歌詞は秀逸。本作でも1番のみが使用された。作詞 / 田中守、作・編曲 / 菊池俊輔、歌 / 子門真人。

○「かえってくるライダー」
 こちらはオリジナル「仮面ライダー」の挿入歌。後期の隠れた名曲で、こちらも1番のみが使用された。実は「仮面ライダー」放映当時、この歌の存在を知らなかった。手持ちの「仮面ライダーソング」のCDにも収録されていない。劇場版「仮面ライダーX」でエンディングに使用されたそうなので、もっと後のライダーソングのCDには収録されているのかも。もちろん全曲集には収録されてますが。作詞 / 滝沢真里、作・編曲 / 菊池俊輔、歌 / 子門真人。
posted by KAZU at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年08月07日

「シン・仮面ライダー」(2)

○SHOCKER
 世界征服を企む悪の組織。「Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling(計算機知識を組み込んだ再造形による持続可能な幸福組織)」の略称。よくぞ考えたと感心します。松尾スズキが設立して、実行知能アイが演算によって導き出した人類の幸福を実現しようとする組織。手段については非合法なものも排除しない。

○SHOCKERの創設者 / 松尾スズキ
 SHOCKERを創設した日本の大富豪。世界最高の人工知能・アイを生み出す計画を立て、資金を調達し、実行に移した。アイとケイに人類を幸福に導くよう指示した後、自殺する。

○アイ
 SHOCKERの創設者が立案・実行した計画によって生み出された世界最高の人工知能。人工知能ジェイを造り出し、更にバージョンアップしたケイを生み出した。ジェイによって外の情報を獲得し、最も深い絶望を抱えた人間を救済する行動モデルが最大多数の最大幸福であり、人類の目指すべき幸福であると設定した。

○ケイ / 松坂桃李(声)



 アイが作り出した外世界観測用人自立型人工知能ジェイのバージョンアップ形。本郷とルリ子の動向を監視するが干渉はせず、情報収集のみに徹する。顔は「ロボット刑事K」にそっくり。

○クモオーグ / 大森南朋(声)



 人間とクモの合成型オーグメント、SHOCKERの上級構成員。緑川弘を処刑、ルリ子を拉致するが、本郷ライダーのキックに敗れ消滅した。

○コウモリオーグ / 手塚とおる



 人間とコウモリの合成オーグメント、SHOCKERの上級構成員。生化学研究者である。翼を展開すれば昼間にも飛行することができる。左の翼をルリ子に撃ち抜かれて損傷、不安定な飛行で逃走するも本郷ライダーに追いつかれて倒される。

○サソリオーグ / 長澤まさみ



 人間とサソリの合成オーグメント。猛毒性化学兵器を使う。政府の男と情報機関の男たちに急襲され倒された。

○ヒロミ / ハチオーグ / 西野七瀬



 人間とスズメバチの合成オーグメント、SHOCKERの上級構成員。ルリ子とは知り合い。高速飛行と刀が武器。ルリ子と本郷の協同作戦で敗れ、投降を求められたが拒否。情報機関の男がサソリオーグの毒を仕込んだ銃弾で倒す。

○緑川イチロー=チョウオーグ=仮面ライダー第0号 / 森山未來



 緑川弘の息子、ルリ子の兄。母親を通り魔に殺害され世界に絶望。自ら自分の理想の世界を作ろうとする。チョウオーグは圧倒的なプラーナの量で2人の仮面ライダーを相手に戦える。マスクは「キカイダー01」を彷彿させるセンターから左右に分かれる透明感あふれるマスク。Wライダーに玉座を破壊され徐々に衰弱して、マスクを外され、本郷に仮面ライダーのマスクを被され、マスクに固定されたルリ子のプラーナと対話して和解。最後は本郷と共に消滅する。

○カマキリ・カメレオン(K.K)オーグ / 本郷奏多



 人間とカマキリとカメレオン、の3種合成型オーグメント。顔の中央から左がカマキリ、右がカメレオンのマスク。なぜかクモオーグを先輩と敬う。カメレオンの特性の光学迷彩で気配を感じさせず接近しルリ子をナイフで刺し殺した。その直後、一文字ライダーとの戦いでキックをくらい絶命した。

○コブラオーグ
 名前のみの登場する、人間とコブラの合成オーグメントらしい。本郷猛なき後、遺志を引き継いだ一文字隼人が排除に向かう。

○本郷猛の父 / 仲村トオル
 本郷猛の父、警察官。人質を取った通り魔を言葉で懸命に説得したが結局刺し殺される。

○緑川イチローの母 / 市川実日子
 通り魔に刺し殺された緑川弘の妻、イチローの母。
posted by KAZU at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年08月06日

「シン・仮面ライダー」(1)



 「シン・仮面ライダー」は2023年3月に公開された劇場版特撮映画。「仮面ライダーシリーズ」のリブート作品で、仮面ライダー生誕50周年企画作品。原作は石ノ森章太郎の「仮面ライダー」、監督・脚本は庵野秀明、編集に辻田恵美、音楽に岩崎琢、制作はシネバザール、製作は「シン・仮面ライダー」製作委員会(東映、テレビ朝日、ADK EM、カラー、バンダイ、電通、ホリプロ、Akatsuki、MBS、朝日新聞社、東宝芸能、GYAO)。配給は東映、121分。
 第一印象は「結構難解」。仮面ライダーのエネルギー源やSHOKERの目的が1回目ではよく理解できず、2回目で何とか、3回目でなるほど…と言った感じでした。原作のキャラクター名、他の石ノ森先生の作品のキャラクター名、造形が応用されつつ、新しい世界を構成しています。PG12指定で仮面ライダーがSHOCKERの下級戦闘員を殴り殺す場面は暴力的破壊で血しぶきが飛び散る過激なものでした。

★ストーリー
 ここは割愛。客観的なストーリーはWikipediaをご覧ください。2時間の作品のストーリーを客観的な事実の描写でうまくまとめてあります。

★キャラクター&キャスト



○本郷猛=仮面ライダー=第1バッタオーグ / 池松壮亮
 本作の主人公の男。SHOCKERの緑川弘によってバッタとのオーグメンテーション手術を施されて昆虫合成型オーグメント・バッタオーグに改造される。緑川ルリ子に促されて脱出、「仮面ライダー」と名乗る。最後はチョウオーグとの戦いでプラーナを使い切り消滅した。マスクは黒一色。

○緑川ルリ子 / 浜辺美波
 本作のヒロイン。緑川弘の娘でSHOCKERの一因だったが、組織の理念に疑問を抱き、父と共に離脱。沈着冷静で「私は常に用意周到なの」がモットー。実はSHOCKERの人工子宮によって生体電算機として生み出された。本郷と一文字の戦いを収めたあと、突如現われたカマキリ・カメレオンオーグに刺し殺され、本郷の目前で消滅する。

○緑川弘 / 塚本晋也



 SHOCKERに所属する研究者で、イチローとルリ子の父。オーグメンテーションを本郷に施した本人。SHOCKERを離脱したが、裏切り者としてクモオーグに処刑され消滅する。



○政府の男=立花 / 竹野内豊
 政府のSHOCKER対策室の男。いかにも政府筋だという雰囲気、明快なしゃべり方をする。口ひげ顎ひげが似合う。ルリ子と本郷に共闘を持ちかけ、契約。護衛と情報開示を約束する。名前は明かされていなかったが、最後の場面で一文字に「俺は名乗らない人間は信用しない」と言われ、初めて自分の名前と情報機関の男の名前を伝える。

○情報機関の男=滝 / 斎藤工
 立花と行動を共にする情報機関の男。見かけはかなりむさくるしい。立花のように口ひげ顎ひげが似合わない。ハチオーグをサソリオーグの毒を仕込んだ銃で撃ち倒した。



○一文字隼人=仮面ライダー第2号=2バッタオーグ / 柄本佑
 イチローが本郷に対抗するために用意したバッタオーグ。正義感に燃えるジャーナリストであったが洗脳されていた。ルリ子により洗脳を解かれ、SHOCKERと戦う「仮面ライダー2号」となる。本郷の死で一旦姿を消すが、マスクに固定された本郷のプラーナと対話してSHOCKERと戦うことを決意する。マスクの中央に銀のラインが走る。
posted by KAZU at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年07月27日

「シン・仮面ライダー」を見る



 劇場に見に行く余裕はなかったので、ようやく初鑑賞。「シン・ウルトラマン」はおもしろくて楽しかったけど、こちらはヒューマンドラマでおもしろいけどなかなか重いです。特撮部分は派手目の演出で目を引きますね。でも余りそちらには興味は湧きませんでした。
 本郷猛 一文字隼人 緑川弘、緑川ルリ子、イチロー、ケイ、立花、滝…。緑川弘とルリ子、オリジナルの第1話をイヤでも思い出させる名前です。そして最初の怪人はお約束通り蜘蛛。キャラクターの名前も懐かしいところが多く、石ノ森先生の別作品のキャラも登場。そしてオリジナルの名セリフも出て老若ともに楽しめる作品。PG12指定になっていて流血シーンは血しぶきが飛び散る、思った以上に過激な映像でした。
 エンディングに子門真人の「レッツゴー!!ライダーキック」のフルコーラス、「ロンリー仮面ライダー」と「かえってくるライダー」のワンコーラスを使用。いずれも1970年代のオリジナル音源で、最初に見た時はここに一番感動してしまいました。
posted by KAZU at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月28日

「監禁惑星アメーバ」(Planet of Amoebas)(2)

★キャラクター&キャスト
 オープニングでキャストの名前が流れ、エンドロールでは配役名が付されて再度流れるのですが、殆ど知らない俳優さんばかりなので誰が誰なのかよく分かりません。



○水月れい / 川上奈々美
 本作の主人公。盗撮・盗聴のプロ。その情報を流すことで生活している。妹を助けるため尽力する。最後はアメーバ状生命体に襲われるが、自分の体が利用されないよう自決して果てる。

○水月あみ / 初咲里奈



 れいの妹。千葉を兄のように慕う。小惑星に捕らえられたが奇跡的に生還、最後まで生き残った。

○千葉護 / 安藤ヒロキオ
 ジャーナリスト、ルポライター。れいの恋人?。探偵まがいの調査で特種を追う。れいの情報で調査を進めるが、SIAに存在を消される。(死亡したことになっている) 最後は研究所で暴発したアメーバ状生命体により命を落とす。

○霧島公三 / 中村尚輝
 防衛省SIAに所属する二等陸佐。



○住友信一郎 / 入江崇史
 防衛省SIA (Secret Intelligence Agency=秘密情報局) の局長。任務のためにはかなり悪辣な指示を出す。最後は抗生物質をプールに送るために勇敢に戦うもアメーバ状生命体に倒される。

○遠藤博之 / 石塚義高
 SIAの副局長。局長に常に付き従う部下。



○御手洗京香 / 森田亜紀
 SIA化学兵器研究所の博士。未知のアメーバ状生命体に対して科学的探求心を傾ける。アメーバに対する抗生物質を開発。あみの体内から抜け出したアメーバ状生命体に襲われ死亡。

○森圭吾 / 望月政行
 御手洗博士の研究を補佐する気弱な助手。御手洗博士ともどもアメーバ状生命体に襲われて命を落とす。

○相沢奈々子 / 吉原麻貴
 防衛省SIAの特殊部隊の隊員、二曹。一人目の潜入捜査で小惑星に潜入。アメーバ状生命体に犯され妊娠した状態で脱出。地上に戻った際に赤いぬるぬるを纏った姿をれいに目撃される。救護されたが死亡。

○三井真希 / 中田クルミ



 SIA特殊部隊の隊員、三曹。相沢二曹に続いて二人目の潜入捜査に挑むが、囮捜査に勘づかれたかアメーバ状生命体に拉致されることはなかった。研究所内でアメーバ状生命体に追い詰められ自爆して果てる。

○大垣ハジメ / 夏目大一朗
 千葉の知人で映像制作者。ドキュメンタリー番組の撮影中に千葉と出会い、千葉から事件の情報を得る。千葉の身に何かあった時には事件究明を託されていた。ヘリであみを救出。最後の場面であみにインタビューしたその人。

○女子高生 /山岸万里菜



 あみをいじめていた女子高生グループの親玉。

○北野明彦 / 重松隆志

○黒川栄二 / 折笠慎也

○岩田岳史 / ヨウジ ヤマダ

○ゆすり屋 / 飯田まさと

○アメーバ / 山岸万里菜(女子高生)・吉原麻貴(相沢奈々子)
 どこで登場していたのでしょうか。ちなみに二人とも二役。


アメーバの正体(笑)。これはオフショットですね。

○その他
川崎紀里恵、灯月いつか、ともこ、山岸万さと菜、小畑亜希子、月夜野彩音、若林美保、青山真希、津田篤、吉沢眞人、川奈龍平、真柴幸平、橘秀樹、他。

 失踪して小惑星に捕らえられた女性を演じるセクシー女優さんたちや、その失踪した女性の関係者らが配役名なしで多数登場してます。
posted by KAZU at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月27日

「監禁惑星アメーバ」(Planet of Amoebas)(1)



 「監禁惑星アメーバ」は2018年に製作、その年の12月に公開されたアクションSF映画。監督は越坂康史、脚本は高橋祐太・越坂康史、配給はマメゾウピクチャーズ、75分。
 セクシー女優・川上奈々美を主演に据えて、エロティックなカットをまじえたSF作品。設定やストーリーに無理なこじつけもなく違和感がないのだけれど、お金をつかっていないな〜というのが丸分かりな映像。防衛省の極秘ミッションであるにもかかわらず、施設はごく普通のオフィスビルレベル、研究所施設に機器は殆どなく牢屋のごとく。アメーバ状の生命体はビニールを被った人の匍匐前進とリアル感が感じられないのが残念なところ。



★ストーリー
 舞台は日本の東京。深夜若い女性が忽然と姿を消す事件が頻発していた。事件を調査していた当局は、東京上空静止軌道上に小さな浮遊物体があり周囲から見えない状態になっており、女性たちがそこに拉致されていることを掴む。事件は防衛省の特殊任務となり専従捜査隊員による調査が開始される。女性隊員を使っての囮捜査が開始され、潜入した女性隊員が強制排出されて地上に送り返されてところを本作の主人公である水月れいが目撃する。
 水月れいは、いじめを受けていた妹を助けるために盗撮・盗聴を手がけるようになり、今はそれを自らの生業としていた。ある夜、空から謎の光にが落下してくるのを目撃、現場で光に包まれていた女性を発見する。女性が生きていたので119番通報をして現場を離れる。同様の怪事件が他にも発生していることをつきとめジャーナリストの千葉護に調査を依頼するのだが…。れいは自ら仕掛けた盗撮機器で現場付近を監視していたが、急に妹あみが訪ねてきたところ、光につつまれて上空へ連れ去られてしまう。
 千葉護が殺害されたニュースが流れ、れいも男たちに取り囲まれて拉致されてしまう。連れていかれた先で千葉護と再会。防衛省の捜査官から、東京上空に小惑星があり、女性たちが拉致されていること、れいが目撃した上空から落ちてきた女性が防衛省の捜査官・相沢二曹であったこと、妹が小惑星に拉致されたことを伝えられる。その小惑星ではアメーバ状の生命体がおり、人間の女性の体を使って繁殖している事実、アメーバ状生命体が嫌う抗生物質の開発に成功したことを聞かされ、潜入捜査に半ば強制的に協力させられる。
 れいは見事潜入に成功する。抗生物質を使って自身は犯されずに済んだが、あみは絶体絶命の危機。地上でモニターしていた千葉護は情報暴露で防衛省を脅迫して戦闘機での小惑星威嚇攻撃を実施させる。その期を使いれいはあみを伴って脱出に成功する。しかし、あみの体内にはアメーバー状生命体がおり、あみの体内から出た彼らは研究所とそのメンバーを次々と襲う。屋上へ逃れたれいたちだったが、屋上のプールに液体抗生物質を満たすためには、研究所内に戻る必要がある。局長共にと研究所内に戻ったれいは起動に成功したが、自らが犯されるのを避けるため妹にメッセージを送りながら拳銃で自決する。
 事態収集後、千葉の仲間に救出された妹あみに事実を証明するインタビューを試みる。あみの安全を考えて偽名のパスポートも用意し国外脱出も準備する。インタビューの途中で姉の自決のビデオを見て狂乱するあみ。映画はここで幕を閉じます。根本的には事件は解決しないまま。


posted by KAZU at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2023年06月16日

「キューティーハニー THE LIVE」(5)

★主題歌
○「キューティーハニー」



 オープニングはアニメ版の主題歌を踏襲して、歌はランティス所属の音楽ユニット、ワイルド三人娘が担当。ワイルド三人娘はの栗林みな実、ジョイまっくす、谷山紀章による音楽ユニット、その実体は女性一人と男性二人の構成。編曲はややスローでラップを取り入れて超現代風。作詞:クロードQ、作曲:渡辺岳夫、編曲:渡辺剛、歌:ワイルド三人娘。

◎エンディング
 エンディングはフラッシュ三人娘をイメージした曲で、ストーリーの主役に会わせて使い分けられた。またスペシャル回には独自のエンディングが用意された。
○「BUT,metamorphosis」



 キューティーハニーのテーマ。本編では明るく超天然なハニーだが、この曲想はハニーの陰の部分を表現。エンディングの中でも一番流れた回数が多い。作詞:畑亜貴、作・編曲:黒須克彦、歌:栗林みな実

○「I lost the place」



 シスターミキのテーマ。陰のある周りに同調しないキャラクターであるミキの、実はやさしい心の持ち主なんですよ…と伝えてくる曲。作詞:畑亜貴、作・編曲:黒須克彦、歌:美郷あき

○「吐息Scarlet...」



 シスターユキのテーマ。一番最後に登場した分流れることが少なかったが、三人の中で一番戦闘能力が高く、エンディング映像でも得意の後ろ蹴りを見せてカッコイイ。作詞:こだまさおり、作・編曲:大久保薫、歌:結城アイラ

○「Follow you 〜君とともに〜」
 スペシャルエピソードのテーマ。最後の場面のバックに流れ始め、シームレスにエンディングに移ります。影山さんが熱唱してます。作詞・作曲:影山ヒロノブ、編曲:須藤賢一、歌:影山ヒロノブ

◎挿入歌
○「アウトサイダー」



 第18話でイントロからはしりの部分のみが流れる。作詞:谷山紀章、作・編曲:飯塚昌明、歌:GRANRODEO

★サブタイトル
 各エピソードのイメージワードが当てられ最後は「!」でしめくくる。前半はややコミカルに物語は進むが、後半はシリアス調に変ってくる。第14話は13話までの総集編になっている。第23〜25話はかなりハードな内容。第26話は映像メディアに収録されている特別編。早見が如月邸を訪れて博士の手記を読み事の顛末を知る。

第1話 ハニーフラッシュ!
第2話 キャバクラ大作戦!
第3話 ナースで探れ!
第4話 恐怖のオークション!
第5話 第二の少女!
第6話 メイドでどうぞ!
第7話 ケータイにご用心!
第8話 危険なレッスン!
第9話 お嬢さま誘拐事件!
第10話 トリプルデートの罠!
第11話 悪徳のおばさん!
第12話 欲望のハーモニー!
第13話 合コンしちゃうぞ!
第14話 乾杯メモリー!
第15話 暴走ハニー!
第16話 禁じられた恋!
第17話 悪魔のアンサンブル!
第18話 パパをかえして!
第19話 アンドロイドは出て行け!
第20話 存在の価値!
第21話 如月博士の秘密!
第22話 最後のお願い!
第23話 お父様からの贈り物!
第24話 激情のレクイエム!
第25話 愛の戦士たち!
第26話 如月博士の手帖!
posted by KAZU at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮