2018年01月23日

「シン・ゴジラ」(4)

◆里見祐介 / 平泉成
 農林水産大臣。最初のゴジラ上陸時は外遊中、二度目の上陸時でも難を逃れ、多くの閣僚を失った立川への移管後に内閣総理大臣臨時代理に就任。おっとりとした喋り口と物腰で周囲からは総理を押しつけられたと見ていた。「こんなことで歴史に名を残したくなかったなあ」と嘆く一方、安保理の熱核攻撃案に対する臨時総理への全権委任法案を成立を急ぐよう赤坂命じ、熱核攻撃を遅らせるためにフランスと交渉目立たないながら手腕を見せた。ミッション完了後にフランス駐日大使に深々と頭を下げる姿が印象的。「コウイフモノニ ワタシハナリタイ」

◆泉修一 / 松尾諭

 保守党政調副会長→内閣総理大臣臨時代理補佐官。野心家で沈着冷静。人脈も多く矢口からの依頼で、巨災対メンバーかき集めに協力。ゴジラの再上陸時は「金帰火来」東京を離れており、臨時総理補佐官に就任する。

◆森文哉 / 津田寛治

 厚生労働省医政局研究開発振興課長(医系技官)。巨災対発足時に矢口事務局長の挨拶の後、「年長者として私が便宜上の仕切り役を務める」と切り出す。自ら「はぐれ者」と言い放つが、なかなかの仕切り振り。「仮面ライダー龍騎」「妖怪大戦争」「小さき勇者たち〜ガメラ〜」などなど特撮出演の多い津田寛治さん。この人、年をとりませんね。

◆尾頭ヒロミ / 市川実日子

 環境省自然環境局野生生物課長補佐→同課長代理。ゴジラの最初の上陸時に官邸に呼ばれた学識者が役に立たなかったため、矢口が志村秘書官に「誰かいないか」と尋ね、「一人専門家がいます。がまだ課長補佐ですが」という条件で官邸に呼ばれた。先入観なしに野生生物の専門家として映像の解析だけでその能力の可能性を言い当てた。巨災対に参加、生態解析を担当。無表情で坦々と語る。「一匹狼」。

◆間邦夫 / 塚本晋也

 国立城北大学大学院生物圏科学研究科准教授。生物科学の専門家として巨災対に参加。巨災対の中心人物としてゴジラの生態解明に貢献した。「学界の異端児」。

◆財前正夫 / 國村隼

 統合幕僚長。花森防衛大臣に随伴して補佐、官邸でゴジラ攻撃の指令を出す。「ヤシオリ作戦」を立案、現場での指揮を執る。

◆牧悟郎 / 岡本喜八
 写真でしか登場しないが、本作のキーパーソン。元城南大学統合生物学部分子細胞生物学教授。学会の異端児であり日本から脱して渡米。米国エネルギー省から海洋投棄された放射性廃棄物を捕食する不明海底生物の調査依頼を受けて調査研究していた。ゴジラの出現を予想していた節があり、突然帰国して行方不明となっていた。研究データの一部を意図的に消去。またプレジャーボートに意図的に慰留物を残していた。米国が消息の調査を依頼していたが、結局生死は不明のまま。最初にゴジラが出現した東京湾の現場付近で消息を絶っていることから見ても、現場に潜って死亡したというのが自然じゃないのか。
posted by KAZU at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2018年01月14日

「シン・ゴジラ」(2)

◆あらすじ
 舞台は現在の日本。2016年、東京湾の海底を走る東京湾アクアラインでトンネルの崩壊する事故が発生する。大量の水蒸気が吹き上がって、政府は新たな海底火山の噴火と判断して対応しようとした。しかしその不自然さから内閣官房副長官・矢口蘭堂は巨大生物の可能性を考慮するよう提案するが一笑に付されてしまう。その直後巨大な尻尾が海上に現れ、矢口の懸念が現実化する。



 後にゴジラと呼称される巨大生物は多摩川河口から遡上、蒲田で上陸し匍匐しつつ北上し、突然二足歩行形態に変化する。政府は自衛隊に害獣駆除の名目で出動を要請、自衛隊のヘリが攻撃位置に待機するが、逃げ遅れた住民が発見されたため、首相は攻撃を中止する。ゴジラは再び東京湾に消える。
 私たちは仕事で「想定外」という言葉を時折口にするけれど、「想定外」では大概は許されない。政府のゴジラという想定外への対応は、もし現実に起こったら映画以上に悲惨な状況になっていたと思う。阪神淡路大震災の時も、東北大震災の時も想定外の対処の結果があれだったんですから。



 矢口を事務局長に「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置され、ゴジラそのものの調査、そして対策の検討に入る。被災地から放射線が検出され、また米国からの情報で、ゴジラの正体が太古から生き残った生物が不法投棄された放射性廃棄物を食って進化した生物であることが判明する。4日後、再びゴジラが倍の大きさに成長して鎌倉市から上陸、東京へ向かって移動を始める。自衛隊の多摩川を最終防衛ラインとした「タバ作戦」は無制限の武器使用を首相が許可したにもかかわらず突破される。アメリカは大使館防衛を理由にグアムから爆撃機を発進させ、日本政府は安保に基づく攻撃支援をアメリカに要請する。アメリカ軍の攻撃によりゴジラは出血してダメージを受けたが、口から火炎と熱線、背中から熱線を発射して爆撃機は全滅。周囲も火の海となる。政府は総理官邸を放棄して閣僚たちはヘリで避難しようとした矢先にゴジラの熱線はヘリを撃墜し、政府閣僚の大半を失ってしまう。ゴジラは熱線を吐き尽くして活動を停止する。
 ここらあたりからの臨時政府樹立、国連安保理の動きあたりが先に書いた「首都消失」と似通ったところがある。本当に海外列国、国連安保理はこんな動きをするんだろうか。「首都消失」「シン・ゴジラ」ともに同様の動きをする諸外国。現実がコレなら不気味極まりない。
 立川に樹立された臨時内閣は難を逃れた里見農林水産大臣を臨時首相に日本の立て直しを図る。国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議。関東地区の人民に与えられた避難のための時間は2週間。その中で巨災対はゴジラの元素変換機能と血液による冷却機能を止めて凍結させる「矢口プラン」を実行段階に移す。血液凝固剤をゴジラの口から体内に流し込み凍結させる「ヤシオリ作戦」は、アメリカからの無人機攻撃の協力も受けて実施される。「政治的判断を必要とする場合もある」と現場で陣頭指揮を執る矢口。かなり無茶な設定だとは思いましたが、とにかくゴジラ凍結に成功し幕を閉じます。最後に映し出されたゴジラの第5形態、人形のものは何を示唆するんでしょう。

posted by KAZU at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2018年01月13日

「シン・ゴジラ」(1)



 「シン・ゴジラ」は2016年7月に東宝の製作・配給で公開された空想特撮映画作品。総監督・脚本に庵野秀明、監督・特技監督に樋口真嗣。東宝のゴジラシリーズとしては29作目に当たるそうだが、他の作品とは全く設定を共有しない独立した作品になっている。踏襲しているのは登場するゴジラの第4形態が「ゴジラ形」をしているということのみ。公開から1年半が経過したが、やっと鑑賞。評判通りのおもしろい作品でした。
 この作品はゴジラという「巨大不明生物」が登場するが、ゴジラの怪獣性を描くのではなくて日本の国家機関が懸命にゴジラに対処する様を描いている。1987年に東宝から公開された「首都消失」も日本の国家機関が東京を失って懸命に国家を維持しつつ問題に対処する様を描いていたが、本作を見ていて「首都消失」のシーンを思い浮かべた。どことなく似た切り口、コンセプトが見られる。さらに本作では政府、自衛隊の慣例に従ったセリフが用いられて、かなり専門用語の多いのも特徴。リアルさが増している。ゴジラが川を遡上する場面や、上陸して進行する場面、また口から火炎・熱線を放出する場面ではダイナミックにリアルに描いているものの“人”がそれに巻き込まれるシーンはほんのわずかで、実際はビルの倒壊に巻き込まれたり戦車が橋に押しつぶされたり、熱線でヘリコプターが破壊されたり、明らかに人が死んでいるにもかかわらず「死」のシーンが全くないという見事なまでの「死」の場面の排除は残酷感や絶望感を持たせない。その分だけドライになってしまうのも事実だけれど、安心して低年齢から視聴できる作品に仕上げている。


posted by KAZU at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2017年10月02日

「海底大戦争」(1966年)〈2〉

★キャラクター&キャスト
○安倍 / 千葉真一



本作の主人公。日本の記者。

○ジェニー / ペギー・ニール



本作のヒロイン。アメリカの記者。



○ブラウン中佐 / フランツ・グルーバー
アメリカ軍の中佐。新型追跡魚雷の記者会見で説明するなどこのミッションの責任者と思われる。実質上基地の司令官。記者に対しては高圧的に出るが、最後まで安倍たちの安否を気づかう。

○潜水艦艦長 / ブラウン・ガンサー
アメリカの潜水艦艦長。ブラウン中佐とは仲が良いが任務に対しては軍規を優先して中佐に対しても命令調で指示する堅物。吹き替え版では英語で何と呼ばれているか分からないが、「艦長」なら大佐だろうからブラウン中佐よりも上官。



○ハワード教授 / アンドリュー・ヒューズ
アメリカ基地に常駐する原子力の権威。前半では謎の人物ぽい描写だったが、後半で海底帝国に拉致され協力を要請される。クライマックスでは脱出で活躍、サイボーグ化されかけた安倍とジェニーを治療している。

○ムーア博士 / エリック・ニールセン
海底帝国の狂信的な首謀者。基地脱出時にハワード教授に撃たれても安倍と激しく争うも海底基地と運命を共にする。

○ヨゼフ・ハイム博士 / マイク・ダーニン
サイボーグの権威。人間を改造してサイボーグ半魚人を作り出す。最後は自ら作り出したサイボーグ半魚人に殺される。

○ルイーザ / ビバリー・ケラー
海底帝国の三頭の一人。ムーア博士、ハイム博士と共に基地内を闊歩する。

○チャン / 三重街恒二
海底基地の戦闘やサイボーグコントロールを預かる中国人らしき男。

posted by KAZU at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2017年10月01日

「海底大戦争」(1966年)〈1〉



 「海底大戦争」は1966年日米合作で製作されたSF映画作品。制作は東映が主体で行われたがキャストの大半は外国人。監督は佐藤肇、脚本は大津皓一、原案は福島正実、
音楽は菊池俊輔、特撮は矢島信男・山田孝・武庫透。製作は東映、ラム・フィルム、カラー・シネマスコープ。カラー84分。
 子供の頃に雑誌の怪獣・怪人特集に登場していた「半魚人」がこの作品のものと知ったのは随分後になってからだった。ただそのデザインは秀逸で一度見ると忘れられない。成田亨氏が別名義でデザインを担当したというから頷ける。随所に特撮が取り入れられ、さらに水中撮影も加えて見どころのある作品。ただ外国人が多くて演技は英語でなされているが、日本語版は当然ながら吹き替え。訳が上手くないのか違和感丸出しなのが惜しい。



★ストーリー



 アメリカが廃棄核燃料を海底深くに沈めているという基地のある島近辺が舞台。冒頭アメリカの新型追跡魚雷の公開試射を報道陣を潜水艦に招いて行われる。その際、標的となった無人の潜水艦に人影が走る。近辺の海域で日本の漁船が遭難して船には異常がなかったが、忽然の乗組員が消えていた。船には水掻きのある足跡が付いていた。またアメリカの基地でも潜水具の足ヒレのような足跡が発見されていた。
 不信を抱いた日本の記者安部とアメリカの記者ジェニーは試験が行われた海域に潜った。そこでジェニーが半魚人(作中ではモンスターと呼ばれている)に襲われ、写真を撮るもののカメラを水中へ落としてしまう。軍のブラウン中佐は全く取り合おうとしない。安部とジェニーはカメラを捜すべく再度海に潜る。海底で見つけた洞窟に上陸するがそこで半魚人に囲まれて捕らわれてしまう。
 目を覚ました二人を迎えたのは海底基地を作り、海底帝国を築こうとする狂信的な科学者たちの集団だった。彼らはサイボーグの権威ハイム博士の手で人を改造したサイボーグ(半魚人)を作り超音波で操り帝国のために働かせていた。首謀者であるムーア博士は安部に海底帝国のスポークスマンになるよう求める。同意しなければ二人をサイボーグにすると迫る。アメリカ基地のハワード教授も拉致され帝国に協力するよう求める。一方ブラウン中佐は安部とジェニーの捜索を続け、発見したカメラの映像で見つけた半魚人の謎をつきとめようとする。一旦は軍本部から操作中止の指示が出るも、再度捜索を続けとうとう海底帝国の基地を発見する。潜水艦からの攻撃でサイボーグコントロールのシステムが壊れ、暴走したサイボーグ半魚人たちが殺戮を繰り返す中、安部たちは脱出を図る。
posted by KAZU at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2017年09月17日

「LOST IN SPACE」(1998年)(2)




★キャラクター&キャスト
 テレビ版のキャストが冒頭部分で登場してます。アメリカ人なら「おおっ」とファンが喜ぶ演出ですね。残念ながら僕には全く分かりませんでした。テレビ版のジョン・ロビンソンを演じたガイ・ウィリアムスは故人となっておられます。生きていれば登場していたのでしょう。

○ジョン・ロビンソン教授 / ウィリアム・ハート
 ロビンソン家の家長であり、ジュピター号の司令官。天文物理学の教授。
○モリーン・ロビンソン博士 / ミミ・ロジャース
 ロビンソン教授の妻、生化学博士。
○ジュディ・ロビンソン博士 / ヘザー・グラハム
 ロビンソン家の長女。彼女の専門は何か、見ていてもよく分かりません。
○ペニー・ロビンソン / レイシー・シャベール
 ロビンソン家の次女。
○ウィル・ロビンソン / ジャック・ジョンソン
 ロビンソン家の長男。後にタイムマシンを開発する程のメカ通。
○ドクター・ザカリー・スミス / ゲイリー・オールドマン
 地球連邦軍の医師、ロビンソン家の担当医。その正体は反乱軍の工作員。
○ダン・ウェスト少佐 / マット・ルブランク
 ジュピター号のパイロット。戦闘パイロットであったがジュピター号のパイロットが暗殺されたため新しいパイロットに抜擢される。

○ウィル・ロビンソン(成人) / ジャレッド・ハリス
 未来のウィル。タイムマシンを開発してジュピター号が出発する前の地球へ帰ろうとする。
○将軍 / マーク・ゴダード=テレビ版のウエスト少佐
 地球防衛軍の将軍。
○ジェブ・ウォーカー / レニー・ジェームズ
 地球防衛軍の戦闘パイロット。ウェスト少佐の親友。
○カートライト校長 / ジューン・ロックハート=テレビ版のモリーン
 ウィルの通う小学校の校長。
○レポーター / マルタ・クリステン=テレビ版のジュディ
○レポーター / アンジェラ・カートライト=テレビ版のペニー
○ビジネスマン / エドワード・フォックス

テレビ版のロビンソン一家はこちら


posted by KAZU at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮

2017年09月16日

「LOST IN SPACE」(1998年)(1)



 「LOST IN SPACE」(邦題はロスト・イン・スペース)は1998年にアメリカで公開されたSFアドベンチャー劇場作品。1960年代に人気の高かったテレビ版「Lost in Space」(邦題は宇宙家族ロビンソン)を映画化した作品。以前から書いているように、どうもテレビ版が先で映画化されたものは失望することが多くて、余り見ないのですが、今回は吹き替え版ですが無料で見るチャンスがあったので鑑賞。監督はスティーヴン・ホプキンス、脚本はアキヴァ・ゴールズマン、音楽はブルース・ブロートン、131分。
 時代は2058年、人類の活動で地球の環境は悪化し、資源も枯渇していた。一般市民は楽天的ではあったものの事態は深刻になっていた。ジョン・ロビンソン教授は人類が生活できると見られる唯一の惑星アルファ・プライムへ家族と共に調査・移住。現地にハイパーゲイトを建設して、地球からの移民団を受け入れるという地球連邦軍の壮大な使命を受けてジュピター号で地球を出発した。
 一方反乱軍はそれを阻止するために、ジュピター号のパイロットを暗殺したりと妨害を強行。連邦軍でロビンソン一家の健康管理を行っていたドクター・スミスは反乱軍のスパイで、ジュピター号を破壊するプログラム組み込むが、反乱軍から見切りをつけられ、ジュピター号の中で気を失う。ロビンソン一家が冷凍睡眠に入った直後に破壊プログラムが実行されロボットにシステムの一部を破壊されてしまう。ドクター・スミスが家族を覚醒させて何とか難を逃れたが、ジュピター号は軌道を外れて恒星の引力につかまってしまいます。脱出のために目的地を設定できないままハイパーシステムを起動、未知の宇宙域へ飛ばされ迷子になってしまいます。
 テレビシリーズでは密航したドクター・スミスが磁石を使って軌道を変えてしまうという何とも原始的な方法ですが、今回はドクター・スミスは破壊工作を行って自分はジュピター号から離れるつもりで、密航の意図はありませんでした。この辺りがテレビ版の設定と大きく違うところでしょうか。
 テーマは家族の絆。終盤は泣かせてくれます。ただ、さすがに家族で宇宙へ移住するという強者揃い、感傷的な感情は薄くて判断も行動も冷静で論理的です。あれは一般人ではなかなか難しいでしょう。続編が作られるということが前提で制作されたそうで、最後はアルファ・プライムへハイパーシステムを使って飛び立ったところで終わっています。物語は完結していません。ストーリーをつらつら書いても面白みがないので、是非ご鑑賞ください。
posted by KAZU at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮