2018年07月04日

「魔法使いの嫁」(3)

※キャラクター&キャストのつづきを。

〇サイモン・カラム / 森川智之
 エリアスの住む近くにある教会の神父であり、エリアスの監視役。監視役とは言え、長いつきあいで語り口は友達の如し。シルキーからは嫌われている。

〇アンジェリカ / 甲斐田裕子
 ロンドンに住む魔法機構の技師でエリアスと取引がある。自身も魔法使い。スレイ・ベガであるチセの身体を心配して様々な助力をしてくれている。

〇リンデル / 浪川大輔



 アイスランドに住む魔法使い、竜の国の管理者、エリアスの師匠。見かけは青年だがエリアスより年上で、エリアスの過去を知る人物。口調はやや年寄り臭い。本作のキャラクターの中では一番良識ある、落ち着いた人物。作中で歌う挿入歌「イルナ エテルロ」は印象深い。

〇ティターニア / 大原さやか



 妖精の女王。姿も妖艶だけれど、その声もまた妖艶、大原さやかさんの演技が光るキャラクター。

〇オベロン / 山口勝平



 妖精の王、ティターニアの夫である。「なんでコイツがティターニアの夫やねん」と突っ込みたくなるお調子者。それでいて「王」たる秘めた力を匂わせる。こちらもさすがベテラン山口勝平さん。
posted by KAZU at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年06月30日

「魔法使いの嫁」(2)



 主人公の羽鳥チセは、物心ついた時から怪異の類をみることができたため、周りの人から異物を見るような目つきにさらされてきた。父が弟を連れて去り、母は投身自殺して、不幸と孤独感からノエルの勧めで自らをオークションにかける。イギリスで闇のオークションにかけられたチセに獣骨の頭を持つ魔法使い・エリアス・エインズワースは500万ポンドで落札する。エリアスはチセに自分の弟子にするため、自分の妻にするために落札したことを告げる。自暴自棄であったチセはこの魔法使いの下で魔法の修行をしながら様々な人々、人ならざるものと出会い、生きて行こうと前向きになっていく。

★キャラクター&キャスト
〇羽鳥智世(チセ)/ 種ア敦美
 本作の主人公。赤毛の少女、15歳。「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」で魔力を生み出し、蓄える能力を持つが、今のままでは3年程度の寿命しかないとされている。

〇エリアス・エインズワース / 竹内良太
 異形の魔法使い。角のある獣骨の頭を持つ。魔力で人の姿になることもできる。陰に潜み、全身からイバラの蔓を発して触手のごとく操る。「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」「茨の魔法使い」とも呼ばれる。その正体は自信も正確にはつかんでいない様子。チセに対して熱い感情を抱いており、彼女が傷つけられた時、彼女が離れて行った時、共に激しい体の変化を見せる。

〇シルキー / 遠藤綾
 エリアスの家に住む家事を司る妖精。「銀の君」ともよばれている。めったに表情を見せることはなく喋ることもない。しかし、家に住む者に対する愛情は深い。かつてはバンシーだったが、憑いていた家を失って彷徨っている時に絶えてしまい、行く当てもなくさまよっていたところをスプリガンに導かれてこの家にたどり着いた。本編では1話を割いてその心あたたまる経緯が描かれる。

〇ルツ / 内山昂輝
 チセがエリアスの仕事で赴いた教会の墓場で出会った墓守犬。元はイザベルが飼う黒犬「ユリシィ」。チセと使い魔の契約を結ぶ。
posted by KAZU at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年06月24日

「魔法使いの嫁」(1)



 「魔法使いの嫁」は2017年10月から2クールにわたって放映されたファンタジーアニメ。原作はヤマザキコレの同タイトルの漫画作品。監督・構成は長沼範裕、脚本は高羽彩、キャラクターデザインに加藤寛崇、音楽は松本淳一、制作はWIT STUDIO、製作は魔法使いの嫁製作委員会(Production I.G、松竹、フライングドッグ、マッグガーデン、WIT STUDIO)、全24話。
 事前の情報は全く知らず、第2話が放映されたときに見て、あわてて1話もみたくらいです。ジャンルとしてはファンタジーに入るのでしょうが、一部で「少女漫画のよう」と評された面もあり、また喜怒哀楽の激しいドラマチックな場面もあり。映像の美しさと相まって魅力的な作品でした。原作者のコンセプトもあるのでしょう、イングランドを舞台にイギリスの伝説的な妖精や魔法の世界に基を置く物語です。

posted by KAZU at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年06月07日

Tokyo et Paris



「のだめカンタービレ巴里編」のエンディングに使われた「東京et巴里」も「夏目友人帳参」のエンディング「君ノカケラ」と同様に宮本笑里のヴァイオリンが響く曲ですね。solitaのフランス語と宮本笑里のヴァイオリンが奏でるボレロを機会がありましたら是非聞いてみてください。

過去記事はこちら。
http://animenomori.sblo.jp/article/163607388.html
posted by KAZU at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年06月01日

ヴァイオリンが奏でるアニメソング



 先日たまたま聞いた水樹奈々さんの「迷宮バタフライ」。“ヴァイオリンが主役?”と言われる程の間奏に流れる音色に、ヴァイオリンの響く曲を三曲続けて聞きました。
 「迷宮バタフライ」は「しゅごキャラ!」で水樹奈々さんが声を演じるほしな歌唄のデビュー曲。そう、キャラクターソングです。ジャケットの幾斗のヴァイオリン、ストーリーにも大きくかかわるヴァイオリンの音色が何とも言えません。



 次に選んだのが「夏目友人帳 参」のエンディング「君ノカケラ feat 宮本笑里」。ゴスロリファッションで熱唱するほしな歌唄とは全く違って、中孝介の歌うバラード。その愛の言葉の上に宮本笑里さんのヴァイオリンがやさしくかぶさってきます。



 そして最後は「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」のメインテーマ「宇宙戦艦ヤマト2199」のヴァイオリンバージョン。宮川泰さんが作・編曲してそのままもってきたら、さすがに1970年代の音楽。息子の宮川彬良さんが編曲して葉加瀬太郎の奏でるヤマト。聞く前はもっと圧倒的に快進撃するヤマトを想像したのですが、葉加瀬太郎さんて優しいんですね。このヤマトは愛を秘めて堂々と進むヤマトでした。
posted by KAZU at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年05月10日

「イノセンス」(4)



★主題歌
○「Follow Me」
 エンドロールに流れる主題歌。ロドリーゴのギター協奏曲「アラフェス」の第二楽章を歌唱用に編曲している。作詞はH.Kretzmer, H.Shaper、編曲は川井憲次、歌うのは伊藤君子。
○「RIVER OF CRYSTAILS」
 挿入歌。坂本美雨作詞、川井憲次作・編曲、伊藤君子歌唱。

★引用金言
 実在の刑事がこれ程多方面の知識を有しているとは考えがたいが、電脳でネットにアクセスし検索できることならでは。多くの金言が引用されている。さてどれくらいご存知だろうか。
 僕は孔子の「論語」は一応全編読んだので覚えている字句が多い。
「寝ぬるに尸せず。居るに容づくらず」(論語)
「未だ生を知らず。焉んぞ死を知らんや」(論語)
「(理非無きときは)鼓を鳴らし攻めて可なり」(論語)

「孤独に歩め。悪をなさず、求めるところは少なく。林の中の象のように」(釈迦)

「柿も青いうちはカラスも突つき申さず候」(尾崎紅葉)

「春の日やあの世この世と馬車を駆り」(中村苑子)

「ロバが旅にでたところで馬になって帰ってくるわけではない」(欧諺)

「シーザーを理解するためにシーザーである必要はない」(マックス・ヴェーバー)

人は概ね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。
肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。
(ロマン・ロラン)

posted by KAZU at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年05月04日

「イノセンス」(3)

★キャラクター&キャスト
○バトー / 大塚明夫



 本作の主人公。公安9課所属。ほぼ全身義体の巨漢のサイボーグ。自宅でバセット・ハウンド犬のガブリエルを飼っている。

○ガブリエルC / Ruby

○トグサ / 山寺宏一



 公安9課所属、バトーと捜査でチームを組んでいる。電脳以外は生身の人間。本作ではバトーと共に公安9課のチーフクラス。

○草薙素子 / 田中敦子
 前作で失踪した公安9課の隊長。この作品では本体は姿を見せず、ネットの海からバトーに手を差し伸べる。最初はキムの仮想現実のループから抜けるヒントを与え、二度目はプラント船の制御の奪還を行っている。

○荒巻大輔 / 大木民夫



 公安9課の部長。前作同様白髪頭のおっさん。

○イシカワ / 仲野裕
 公安9課所属、本作では捜査の傍ら新人教育を行っている。

○コガ / 平田広明
 公安9課所属、新人。

○アズマ / 寺杣昌紀
 公安9課所属、新人。

○謎の少女 / 武藤寿美
 ガイノイドを通して助けを求めた少女。プラント船内に捕らわれていたのをバトーが救出。

○検死官ハラウェイ / 榊原良子



 鑑識課、中年の女検死官。バトーが破壊したガイノイドを検死、所見を述べている。直接ストーリーに絡まないキャラのなかでは飛び抜けて存在感が大きい。

○キム / 竹中直人



 凄腕のハッカー。バトーのゴーストハック、トグサのゴーストハックを実行。
posted by KAZU at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション