2017年07月04日

「アマガミSS」(2)



本作では先に主題歌を。

★主題歌
 この作品の素晴らしさは主題歌にもあります。タイアップ曲が多い昨今、イメージ的な曲になりがちですが、オープニングにもエンディングも内容にぴったり。
 オープニングは前期(第1話〜第12話)が「i Love」。第24話では挿入歌として使われています。作詞・作曲はazusa、編曲はazusa、t.sato、歌唱azusa。とても覚えやすくて耳に残る曲。映像はメインヒロインが順番に登場しますが、その回のヒロインが最後に登場するように描かれています。
 後期は(第13話〜第26話)は「君のままで」。こちらも作詞・作曲はazusa、編曲はazusa、t.sato、歌唱azusa。映像はやはりメインヒロインが中心となっていますが、最後に振り返るのがその回のヒロインになっていて、途中ではさらりと背景程度にしか登場しない上崎裡沙と橘美也が満面の笑みで振り向きます。
 エンディングはヒロインが歌うキャラクターソングになっています。キャラクターソングですからオリジナルでストーリーにマッチしていて、それぞれの性格が歌に表現されていておもしろいです。ただ、声優さんがみんな歌のレベルが同じというわけにはいきませんから、ちょっとバラツキが目立ちます。
 その中で圧巻なのが中多紗江編の「あなたしか見えない」。CVは今野宏美さんですが、歌はピカイチ。今野さんの過去の作品や地声も聞いたことがあるだけに、「えっ、これが今野さん?」と思うようなキャラクターボイス。その声で歌を歌うあたりはさすがです。
 二番目は森島はるか編の「キミの瞳に恋してる」でしょうか。CV伊藤静さん。伊藤静さんも歌が上手いので森島はるかの雰囲気そのままで楽しい曲です。

○「キミの瞳に恋してる」(第1話〜第4話)
歌 - 森島はるか(伊藤静) / 作詞 - 伏見和行 / 作曲・編曲 - 津波幸平
○「きっと明日は…」(第5話〜第8話)
歌 - 棚町薫(佐藤利奈) / 作詞 - 小川マキ / 作曲・編曲 - 横山克
○「あなたしか見えない」(第9話〜第12話)
歌 - 中多紗江(今野宏美) / 作詞・作曲・編曲 - 黒澤直也
○「恋はみずいろ」(第13話〜第16話)
歌 - 七咲逢(ゆかな) / 作詞 - Reika / 作曲・編曲 - 津波幸平
○「恋はあせらず」(第17話〜第20話)
歌 - 桜井梨穂子(新谷良子) / 作詞 - フジノタカフミ / 作曲 - 多田慎也 / 編曲 - 浜崎裕司
○「嘆きの天使」(第21話〜第24話)
歌 - 絢辻詞(名塚佳織) / 作詞・作曲・編曲 - 芦沢和則
○「恋のゆくえ」(第25話)
歌 - 上崎裡沙(門脇舞以) / 作詞 - Yuka-ri / 作曲 - 吉川慶 / 編曲 - pOlOn
○「素敵なある日」(第26話)
歌 - 橘美也(阿澄佳奈) / 作詞 - 伏見和行 / 作曲 - 町田トシユキ / 編曲 - 伊東ヒロム

 最後に挿入歌。第15話(七咲逢編)でヒロインの七咲逢が歌う「minamo」(
作詞:伏見和行、作・編曲:津波幸平)。第20話(桜井梨穂子編)に桜井梨穂子が歌う「星」(作詞:小西裕子、作曲:多田慎也、編曲:生田真心)。第24話(絢辻詞編)では前述の通り前期オープニングの「i Love」の2番の歌詞が挿入されています。基本的にBGMもおとなしめな作品で、挿入歌は印象が強いです。
posted by KAZU at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年07月01日

「アマガミSS」(1)



 見よう見ようと思いつつなかなか見られなかった作品。やっと見られました。予想以上におもしろかったです。

 「アマガミSS」は2010年にTBS系列他で放映されたアニメ作品。原作はプレイステーション2用のゲームソフト「アマガミ」(エンターブレイン)。監督は平池芳正、キャラクターデザインに合田浩章、音楽に大森俊之、制作はAIC、製作はアマガミSS製作委員会、TBS。全26話。テレビ放送は25話までだったそうだが、メディア版には全て収録。原作のゲームソフトは恋愛シュミレーションゲームながら、内容はいたって主人公たち高校生らしい雰囲気、描写のまま。過去にはエロゲー並のとんでもない描写のものもありましたから。。。
 構成は6人のメインヒロインとのゲームルートを踏襲してのオムニバス形式で4話完結。一人ずつ時間は巻き戻されます。ゲームが原作の時にはよくあるパターン。最後の上崎裡沙編と橘美也編は1話で完結。ゲームをやったわけではないので、どれくらいのルートがあるのかは分かりませんが、最後はハッピーな雰囲気で終わっています。殊に森島はるか編と絢辻詞編は10年後のエピローグが描かれ、二人とも橘純一と結婚してらぶらぶです。
posted by KAZU at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月24日

八部衆



興福寺八部衆像

 先日、奈良の興福寺に行ってきました。興福寺の食堂(じきどう)は国宝館になっていますが、耐震工事のため休館中。中金堂の再建工事も行われていてお寺らしくない興福寺なんですが、講堂に仏像が展示されて特別公開されてました。興福寺の八部衆といえば何といっても阿修羅像ですね。八部衆の中では大きい方ですが、周りの他の仏像に比べると小さいです。それでも存在感はすごい。
 この八部衆をモチーフにしたアニメが「天空戦記シュラト」ですが、興福寺の八部衆は独特です。これにシュラトのキャラクターを当てると、
阿修羅(あしゅら)=修羅王シュラト
五部浄(ごぶじょう)=天王ヒュウガ
沙羯羅(さから)=龍王リョウマ
乾闥婆(けんだっぱ)=闥婆王クウヤ
緊那羅(きんなら)=那羅王レンゲ
鳩槃荼(くはんだ)=夜叉王ガイ
畢婆迦羅(ひばから)=比婆王ダン
迦楼羅(かるら)=迦楼羅王レイガ
ということになります。興福寺八部衆像は全部国宝。考えてみればとんでもないアニメです。罰があたりませんように。
posted by KAZU at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月05日

「暦物語」(3)

★主題歌
 各話のオープニングテーマはヒロインのキャラクターソングが使われています。映像は原則過去のものをそのまま使っていますが、タイトルは「暦物語」に入れ換えられています。
(第一話)「perfect slumbers」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 羽川翼(堀江由衣)
(第二話)「staple stable」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
(第三話)「帰り道」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 八九寺真宵(加藤英美里)
(第四話)「ambivalent world」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 神原駿河(沢城みゆき)
(第五話)「恋愛サーキュレーション」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 千石撫子(花澤香菜)
(第六話)「marshmallow justice」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 阿良々木火憐(喜多村英梨)
(第七話)「白金ディスコ」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 阿良々木月火(井口裕香)
(第八話)「decent black」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - ミト / 歌 - 忍野扇(水橋かおり)」



(第九話)「mein schatz」
作詞 - meg rock / 作曲 - ミト / 編曲 - ミト、高田龍一
(第十話)「オレンジミント」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - ミト / 歌 - 斧乃木余接(早見沙織)

 第十一話の影縫余弦と第十二話の臥煙伊豆湖には対応するキャラクターソングがないため、オープニングはなし。
 エンディングは「whiz」。作詞・作曲は渡辺翔、編曲は倉内達也、歌はTrySail。本作での新曲になる。
posted by KAZU at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月04日

「暦物語」(2)

 12話のタイトルは以下の通り。各話のヒロインの写真をあげてみました。

第一話 こよみストーン


羽川翼

第二話 よみフラワー


戦場ヶ原ひたぎ

第三話 こよみサンド


八九寺真宵

第四話 こよみウォーター


神原駿河

第五話 こよみウインド


千石撫子

第六話 こよみツリー


阿良々木火憐

第七話 こよみティー


阿良々木月火

第八話 こよみマウンテン


忍野扇

第九話 こよみトーラス


忍野忍

第十話 こよみシード


斧乃木余接

第十一話 こよみナッシング


影縫余弦

第十二話 こよみデッド


臥煙伊豆湖

 あらすじはここに書くよりも見ていただくのがベストでしょう。怪異もなにも係わらない現実的な話として「こよみサンド」には感心した。

 おまけはこの人。


posted by KAZU at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月03日

「暦物語」(1)

 「暦物語」は2016年にネット配信された物語シリーズのアニメ作品。原作は勿論西尾維新による「暦物語」で、「化物語」以降の阿良々木暦の高校3年生の一年を12のショートストーリーで綴っている。内容は時系列に沿って並べられていて「化物語」本編の内容に触れることはあるが、基本的に新たなストーリー。
 原作は西尾維新、監督は板村智幸、キャラクターデザインに渡辺明夫、音楽は神前暁、音楽制作はアニプレックス、制作はシャフト、製作はアニプレックス、講談社、シャフト、全12話。
 最初の方はたわいもない、勿論一般人にとってではなくて怪異のはしくれである暦にとってだが、日常の一コマ。毎回ヒロインが登場して暦と語る。ところが第十話の「こよみシード」辺りから何やら意味深長になってくる。そして衝撃的な「こよみデッド」、タイトル通り暦が臥煙伊豆湖によって秘刀「怪異殺し」で消されてしまい幕を閉じる。まあ、勿論暦がそこで死んでしまっては話にならないので、エピローグで不思議なところで目を覚ますのだが。

 一番恐かったのはこれかな(笑)。暦に届いた戦場ケ原からのメール。

posted by KAZU at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年04月01日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(5)



 最後にテーマミュージックを。メインテーマは「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」。布袋寅泰の作曲。エンディングでキャスト紹介と本編の映像を交えながらエンドロールへと続くバックに流れる。この作品のための書き下ろしということで見事なまでのマッチング。

こちらでどうぞ。
posted by KAZU at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション