2022年06月04日

「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」(1)

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram
劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 Paladin; Agateram



 「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 」は前編が2020年12月、
後編は2021年5月に公開されたFGOシリーズの劇場版作品。
 原作:奈須きのこ・TYPE-MOON、監督:末澤 慧・荒井和人、脚本:小太刀右京・荒井和人、キャラクターデザイン:細居美恵子・黄瀬和哉・温泉中也、音楽:芳賀敬太・深澤秀行、制作:Production I.G、アニメーション制作:SIGNAL.MD、配給:アニプレックス。前編89分・後編110分。



 元々「Fate/Grand Order」は難解で、「絶対魔獣戦線バビロニア」は30分1話形式のシリーズだったからまだ進行がゆっくりなので理解やすいが、さすがにこの劇場版は見直さないとなかなか厳しいものがあります。僕自身が中世ヨーロッパの歴史に疎いこともあるかもしれませんが。



 舞台は1273年、第9回十字軍が失敗に終わったエルサレム。藤丸立香、マシュ・キリエライト、レオナルド・ダ・ヴィンチは砂漠の中を聖都を目指す。聖都の塔は明らかにこの時代のものでなく、周りは砂漠化が進行していた。聖都の門が開かれる日、潜入に成功した藤丸たちだったが、獅子王は3名だけを選んで他の民を虐殺しようとする。王の所業を確かめるべく潜入していたベディヴィエール、影から手を貸したアーラッシュのおかげで脱出に成功した藤丸たちだったが、ランスロットの追撃にダ・ヴィンチが特攻して彼女を失う。
 生き残った民を連れて、太陽王オジマンディアスの許へ協力を求めに行った藤丸たちだったが、聖杯を持つ王は「従わぬのならば去れと」追い出す。ただ王は慈悲あってかキャスター(玄奘三蔵)に同行させる。
 藤丸たちは山の民の許へ協力を求めに訪れる。円卓の騎士ベディヴィエールを伴っていたため、最初は追い出そうとした呪腕のハサンだったが、アーラッシュの助言あって協力を得ることができた。しかし、その直後に東の村が襲われ静謐のハサンを救出したものの村がトリスタンに襲われ、獅子王は光の矢をもって村ごと消滅を計る。アーラッシュの命を掛けた一矢で村は守られる。(ここまでが前編)



 態勢を立て直す藤丸たち。ランスロットのオジマンディアスとの謁見を機会に、ランスロットの協力、レオナルド・ダ・ヴィンチの復帰、口では絶対に協力に同意しないオジマンディアスの聖杯の返還(供与というべきか)で聖都進攻が開始される。前編の絶望的な描写とは打って変わって、ここからは流れるような宿敵同志の戦いの場面が続く。圧倒的に後編がおもしろいです。
 ですが、Fateの宿命というか、最後英霊たちが消滅している様は悲しいです。


posted by KAZU at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月31日

「その着せ替え人形は恋をする」(3)

★主題歌
〇「燦々デイズ」



 オープニング。新菜と海夢の日常生活からコスプレライフへと流れていく楽しいオープニング映像。登場人物は二人以外は三人の友達とおじいちゃん、乾姉妹だが、ジュジュさん以外は風景の一部でキャラクター紹介の形は取っていない。幹葉作詞、寺西裕二作曲、If I編曲、歌唱はスピラ・スピカ。

〇「恋ノ行方」



 ふたたによるコミカルなオリジナルエンディングアニメに載せて流れるエンディングテーマ。新菜と海夢のラブラブ満載。作詞・作曲・編曲共にNA.ZU.NA、歌唱はあかせあかり。

〇「君に伝えたいことがあるんだ」



 最終回、花火の場面で流れた挿入歌。新菜は海夢を付き合っているとは思っていないのだけど、どうみても友達の域をはるかに超えていて、その雰囲気を象徴している曲。
幹葉作詞、寺西裕二作曲、If I編曲、歌唱はオープニングと同じくスピラ・スピカ。


★サブタイトル
第1話 自分とは真逆の世界で生きている人
第2話 さっそく、しよっか?
第3話 じゃ、付き合っちゃう?
第4話 これ、彼女のとか?
第5話 この中で一番いい乳袋だからじゃん?
第6話 マ!?
第7話 しゅきぴとおうちデートやばっ
第8話 逆光、オススメです
第9話 写真を見たら色々あったからです
第10話 誰にでも色々あるんです
第11話 俺は今、ラブホテルにいます
第12話 その着せ替え人形は恋をする


posted by KAZU at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月29日

「その着せ替え人形は恋をする」(2)

★キャラクター&キャスト
 ともかく読むのが難しいキャラクターが多い。余りよみがなを入れるのは好まないのだけど、備忘録も兼ねて入れておきます。



〇五条新菜(ごじょうわかな)/ 石毛翔弥、高柳知葉(幼少期)
 本作の主人公、長身の男子高校生1年生。家は老舗人形店「五条人形店」。両親を亡くし、祖父と二人暮らし。引っ込み思案で自己主張も苦手な性格。同級生でも女子に対しては「さん」付けで、敬語で話す。反面探究心が強く、研究熱心。海夢の衣装造りに当たっても作品を制覇。制作、コスプレ、化粧についてもネットで検索して最適な方法を探し出す。普段自宅では作務衣で過ごし、プライベートな外出もTシャツに作務衣。

〇喜多川海夢(きたがわまりん)/ 直田姫奈
 本作のヒロイン。新菜の同級生でクラスメイト。学年でも人気のギャル。母とは死別、父は高校が決まった後に転勤になり、普段は一人暮らし。物怖じしないキッパリした性格で、好きなものをバカにする者は容赦なく切り捨てる。かなりのオタク趣味、コスプレ大好きでそのためにアルバイトをしている。新菜にも材料費はもちろん制作費も払う。新菜とは逆に不器用、料理下手、大胆な割に色恋にも不器用。



〇五条薫 / 斧アツシ
 新菜の祖父。雛人形職人で「頭師」。「五条人形店」を経営。新菜の親代わりであり、人形職人の師匠。

〇五条美織(ごじょうみおり)/ 冨岡美沙子
 新菜の従姉。新菜を「わっちゃん」と呼ぶ。おじいちゃんが腰を傷めたときに病院まで迎えに来て、回復後は車で自宅まで送った。



〇乾紗寿叶(いぬいさじゅな)/ 種ア敦美
 「ジュジュ」というネームで活動するコスプレイヤー。桜ノ宮女子高の2年生。小柄で童顔のため新菜と海夢は中学生か小学生だと思っていた。新菜が作った雫の衣装を見てストーキングして新菜の家を捜し当てた。自己満足に終始するため、人気コスプレイヤーではあるが、コスプレイベントには姿を見せない。

〇乾心寿(いぬいしんじゅ)/ 羊宮妃那
 紗寿叶の妹。中学生。長身で身長178cm、姉と違い胸も大きい。見かけとは異なり気弱で人見知りする性格。姉のコスプレを撮影して、加工、アップする、高い写真スキルを持っている。姉の写真をみんなに見てもらいたいという一心で、アカウントを作って姉の写真をアップしている。



〇菅谷乃羽(すがやのわ)/ 武田羅梨沙多胡
 新菜のクラスメート、海夢と一緒にいる4人組の友達の一人。髪を黒と赤のツートンカラーに染めたツインテールの背の低い女の子。姓の方は本編では出てこないですが、クレジットはフルネームです。

〇大空(だいあ)/ 雨宮夕夏
 新菜のクラスメート、海夢と一緒にいる4人組の友達の一人。セミロングの子。

〇瑠音(るね)/ 関根明良
 新菜のクラスメート、海夢と一緒にいる4人組の友達の一人。ロングヘアでセンター分けしている女の子。

〇のばら(のんちゃん)/ 菅野真衣



 幼少期の新菜の友達。新菜が女の子の人形が大好きなことを知り「気持ち悪い」と言い放ち絶交した。その後、新菜の夢に出る程トラウマになり、本編でもその姿は度々描かれる。

〇ナレーション / 冨岡美沙子
 淡々と語る口調が印象深いナレーションでした。

〇健星 / 内田修一
 原作資料によると海夢達のクラスメートだそうで、第3話にクレジットされていますが、何度見ても誰かわかりません。

〇涼香 / 三宅麻理恵



 海夢と新菜がコスプレイベントに参加した折、カメラマンとして参加していた女性。
posted by KAZU at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月28日

「その着せ替え人形は恋をする」(1)



 「その着せ替え人形は恋をする」(そのビスク・ドールはこいをする)は2022年1月から放映されたアニメ作品。原作は福田晋一による漫画。監督は篠原啓輔、キャラクターデザインは石田一将、音楽に中塚武、音楽制作はアニプレックス、取材協力にユザワヤ、スワローテイル、アニメイト、制作はCloverWorks、製作は「着せ恋」製作委員会(アニプレックス、SQUARE ENIX、ムービック、TOKYO MX、BS11、スタジオマウス)。全12話。
 この作品も漫画の冒頭部分を読んでいたので、アニメをチェックしていた。視聴したのは放映が終わった後。高校の先輩が一気見したというので、とりあえず他を排して先に見ました。そうこうしている内に、第2期の制作も発表された。

★ストーリー
 家が雛人形店で、祖父が雛人形の頭師という五条新菜は雛人形制作が趣味という男子高校生。幼少の時から祖父の作る雛人形の頭を見て育ち、ひな人形職人を目指す。小学生の時、女友達から人形が好きなのを知られて「気持ち悪い」と言い放たれ絶交されたことが、今でも夢に出てくるほどにトラウマになっている。そんなこんなで友達もおらずクラスでも孤立していた。ある日、高校の被覆室でミシンを使っているところを同級生の喜多川海夢に見られる。彼女はコスプレ願望を抱きつつも衣装を上手く作ることができなかったため、新菜の腕に感動してコスプレ衣装の制作を依頼する。引っ込み思案で孤独な男子生徒が学年の人気女子生徒とコスプレ衣装の制作を通して世界を拡げていく様を描く。


posted by KAZU at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月23日

「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」(3)



★主題歌
〇「月色Chainon」
 前編・後編ともにエンドロールで流れるももいろクローバーZとセーラー5戦士による楽曲。明るく力強い曲ながら、エンディングだけにガンガン押してくる曲ではない。
作詞 / 白薔薇sumire、作曲 / 小坂明子、編曲 / 月蝕會議、歌 / ももいろクローバーZ with セーラー5戦士。

〇「私たちになりたくて」
 テレビシリーズの「SuperS」の前半エンディング曲を石田燿子がカバー。前編のエンドロールで「月色Chainon」に続いて流れる。作詞 / 秋元康、作曲 / 井上望、歌 / 石田燿子。

〇「“らしく”いきましょ」
 テレビシリーズの「SuperS」の後半エンディング曲をANZAがカバー。後編のエンドロールで「月色Chainon」に続いて流れる。作詞 / 武内直子、作曲 / 水野雅夫、編曲 / 林有三、歌 / ANZA。

〇「Moon Effect」
 エターナルセーラー戦士にパワーアップした8戦士とちびムーンが歌う後編の劇中歌。作詞・作曲・編曲共に月蝕會議。

posted by KAZU at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月22日

「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」(2)

★キャラクター&キャスト
 テレビシリーズでは第3期あたりから全然登場しなくなるセーラー戦士の家族ですが、本作ではここに来て亜美の両親、特に父親の姿や、レイの祖父が登場。テレビシリーズでは姿を見せないネコたちの人間態、からすのフォボス・ディモスも姿を見せています。

○月野うさぎ=セーラームーン / 三石琴乃
○水野亜美=セーラーマーキュリー / 金元寿子
○火野レイ=セーラーマーズ / 佐藤利奈
○木野まこと=セーラージュピター / 小清水亜美
○愛野美奈子=セーラーヴィーナス / 伊藤静
○地場衛=タキシード仮面 / 野島健児
○ちびうさ=セーラーちびムーン / 福圓美里



○冥王せつな=セーラープルート / 前田愛
○天王はるか=セーラーウラヌス / 皆川純子
○海王みちる=セーラーネプチューン / 大原さやか
○土萠ほたる=セーラーサターン / 藤井ゆきよ



○ルナ / 広橋涼
○アルテミス / 村田太志
○ダイアナ / 中川翔子

○クイーン・セレニティ / 小山茉美



○祭司エリオス / 松岡禎丞



○フォボス / 田口奏弥
○ディモス / 山根糸奇
 レイが神社にやってきた時に呼び込んだ2羽の神カラス。火星の衛星フォボスとディモスを守護星に持つ。



○亜美の母 / 進藤尚美
○亜美の父 / ノンクレジット



○レイの祖父 / 掛川裕彦
 まもちゃんに白髪と髭を付けたような若者顔がいけませんね。

○ネヘレニア / 菜々緒
○ジルコニア / 渡辺直美



○タイガーズ・アイ / 日野聡
○ホークス・アイ / 豊永利行
○フィッシュ・アイ / 蒼井翔太
○ゼノタイム / 阿座上洋平
○ゼノライト / 新井良平



◎アマゾネス・カルテット
○花使いセレセレ=セーラーセレス / 上田麗奈
○玉乗りのパラパラ=セーラーパラス / 諸星すみれ
○軽術師のジュンジュン=セーラージュノー / 原優子
○猛獣使いのベスベス=セーラーベスタ / 高橋李依


posted by KAZU at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2022年05月21日

「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」(1)

 やっとのこと、セーラームーン全話見直し・制覇のきっかけになった“Eternal”の鑑賞を終えました。劇場版ということで、原作第四期を短くまとめてあるだけに、いまひとつあっさり感はぬぐえませんが、楽しめました。特に前編と後編の冒頭部がいいですね。サターンが活躍してくれるのが嬉しいです。



 「劇場版 美少女戦士セーラームーンEternal」は2021年に東映から公開された“Crystal”の劇場版作品。原作の第四期 デッド・ムーン編を映画化している。前編・後編の構成になっているが、公開はタイムラグを設けてはいるが同時。原作・総監修は武内直子「美少女戦士セーラームーン」、監督は今千秋。脚本に筆安一幸、キャラクターデザインに只野和子、音楽に高梨康治。制作は東映アニメーション、スタジオディーン。製作は劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会、配給は東映。前編・後編各80分。

★ストーリー
 劇場版ということで尺も短いですから展開はスピーディ。テレビシリーズとは設定も大きく違って面食らいました。前編は導入部とデッドムーンが現れた経緯、内惑星セーラー戦士のバージョンアップ。後編がいよいよ核心の戦闘となります。前編で設定に関して十分解説カットに時間を取ってあるせいか、後編の戦いも以前の全作品に比べて敵がやられてもやられても復活してくるしつこい演出はなくてすっきりしていて見やすいです。


劇場版公開に合わせて「HOT PEPPER」の表紙を飾りました。(2021年1月)
posted by KAZU at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション