2020年09月15日

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(5)

★キャラクター&キャスト
 最後に第1話の主人公である特戦四課を。

◎防衛省超自然災害対策本部特殊戦術隊第四課(特戦四課)



 本作のオリジナルキャラクター。

○観世トオル / 前野智昭



 第1話の主人公、コールサイン「特務77」。ライフルを武器に戦う。かつての恋人・宝生アオイを死に追いやった悪霊を追う。アオイは自らが除霊している。黄泉に斬り殺される。

○春日ナツキ / 喜多村英梨



 第1話のヒロイン。コールサイン「特務33」トオルの作戦時のパートナー。退魔装備をしたバイクを駆る。黄泉に斬首され殺される。

○進藤マサキ / 柿原徹也



 コールサイン「特務55」。黄泉に腕を切り落とされた上、殺される。

○葛野クドウ / 小山力也



 コールサイン「特務11」。現場を上空から指揮する実戦の要。黄泉に手足を切断された上殺される。

○和泉マミ / 矢作紗友里



 指令車から後方支援を行う特戦四課オペレーター。魍魎に憑依されて、司令官を殺害後、拳銃自殺させられる。

○金春キリヤ / 宮本充



 特戦四課の司令官。沈着冷静で大胆不敵、一見不可能な作戦も可能にする行動派の司令官。操られたマミに殺される。
posted by KAZU at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月13日

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(4)

★キャラクター&キャスト

○土宮雅楽 / 小村哲生



 土宮家の27代当主、神楽の父。妻は悪霊との戦いで死亡。神楽を幼い頃から厳しく鍛えている。神楽の危機に揺るぎない態度で黄泉を圧倒する。しかし神楽が黄泉に止めを刺すことができず、白叡に神楽を守らせた隙に致命傷を負う。殺生石の力でその場は命を長らえたが、神楽に殺生石と白叡を譲り絶命する。

○土宮舞
 土宮雅楽の妻、土宮家26代当主。神楽の母。悪霊との戦いで命を落とす。

○諫山奈落 / 麦人



 諫山家当主、黄泉の養父。黄泉の実の両親を襲った悪霊を祓い、残された黄泉を養女として引き取った。雅楽が当主に就いたため雅楽に代わり分家の取り纏め役に就く。悪霊と化した姪の冥に生きたまま臓腑を抜かれて殺される。

○諫山幽 / 石森達幸



 諫山奈落の実弟。諫山家の使命を拒んだが、血縁のない黄泉を次期当主にしようとする兄に反対する。兄の死後、兄の遺言と偽って家督を継ぎ実務を冥に任せる、冥はその時既に悪霊と化していた。悪霊と化した黄泉に生きたまま臓腑を抜かれて殺される。

○飯綱紀定 / 城山堅
 飯綱紀之の父。諫山奈落との約束で息子・紀之と黄泉の婚約を歓迎していたが、奈落が亡くなり、幽が当主となると婚約を破棄する。



○柳瀬千鶴 / 堀川千華
 神楽の中学校の友人。水泳部所属。ポニーテールの少女。あだ名は「ヤッチン」。人知を超えた神楽の環境を受け入れて、友達として神楽を支えた。

○真鍋美紅 / 升望
 神楽の中学校の友人。水泳部所属。あだ名は「ミク」。

○中林美鈴 / 篠原恵美



 神楽の通う中学校の保健医。魍魎に操られカテゴリーDと化した。神楽に除霊されたが、神楽が初めて斬ったカテゴリーDが顔見知りであったことから神楽に大きな精神的ダメージを与える。表向きは交通事故で亡くなったことになっている。

○板橋香奈 / 増田ゆき



 美鈴の後に赴任した後任の保健医。

○弐村剣輔 / 白石稔



 環境省超自然災害対策室のエージェント。最終話の2年後の後日譚で神楽と共に東京タワーにまとわりついた悪霊を除霊する場面に登場。原作「喰霊」の主人公だそうだが、本作では神楽の後輩・同僚という感じに描かれているのみ。
 因みに写真の2年後の神楽は高校生の年齢。髪ものびて、年齢以上に大人びた雰囲気。
posted by KAZU at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月12日

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(3)

★キャラクター&キャスト



○岩端晃司 / 稲田徹
 超災害対策室のエージェントで、現場責任者。モヒカンで超いかつい顔に十字の傷跡をもつ男。ベテランの退魔師。戦闘経験は豊富で、手に様々な退魔具をアタッチメントして装着して戦う。最後まで生き残り、2年後も現役で活躍中。

○ナブー / 若本規夫
 超災害対策室のエージェント、アフリカ人の双子。双子の名前は同じという民族風習の部族の出身。見分けはつかない。リボルバー式のライフルを武器に戦う。片方は黄泉に殺害されるが、もう片方は最後まで生き残り、岩端と共に現役で活躍中。

○桜庭一騎 / 白石稔



 超災害対策室のエージェント、飯綱紀之の親友。スーツケースの形をした退魔具を用いて戦う。悪霊化した黄泉により殺害される。




○神宮寺菖蒲 / 相沢舞
 超災害対策室の現室長、車椅子の美女。元室長の峰不死子の後を継ぎ超災害対策室を統括している。終盤、退魔師として自分の夫?恋人?を除霊したことを匂わせる。現役の退魔師で右足にガトリング砲、車椅子の車輪に刀剣が仕込まれている。雅楽が重症を負った際に二階堂桐と共に黄泉に対峙する。かなり善戦したが桐が重症を負い、車椅子を破壊される。黄泉が止めを刺さずに見逃し生き残る。2年後、現場を離れ戦いのショックで幼児退行した桐を見守っている。。

○二階堂桐 / 土谷麻貴
 超災害対策室のエージェントで、神宮寺菖蒲の秘書。クナイとワイヤーを使う退魔師。黄泉との戦いで善戦するも室長の危機に自ら体を張って守り重症を負う。2年後は戦いのショックで記憶喪失・幼児退行となっている。

○マイケル・小原 / 平松広和



 超災害対策室の武器を開発している、フンドシ一丁の外人のおっさん。神楽の使う舞蹴拾弐號を鍛えたその人。神楽が刀の手入れの最中に突如登場。その後は登場しなかったが、富士の樹海に黄泉を追撃しようとした神楽の前に再び現われて、舞蹴拾参號を与える。

○峰不死子



 本名は帝富士子。前・超災害対策室長であり、戦後対策室を立ち上げた人物。神宮寺菖蒲に室長を譲って引退していたが、最終話では神宮寺が戦列を離れたために復職していた。

****************
posted by KAZU at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月10日

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(2)

★キャラクター&キャスト



○土宮神楽 / 茅原実里



 本作のヒロイン。ショートカットの少女。初登場当時は小学生。母親が殉職した後は諫山家に引き取られる。成長して中学生、超災害対策室の最初はアルバイト扱い、後にエージェントとなる。舞蹴拾弐號を駆使して戦う。終盤、宿主を内から喰らう喰霊・最強の霊獣「白叡」と殺生石を父から受け継ぎ第28代当主となる。諫山家の養女・黄泉を姉のように慕うが最後は悪霊となった黄泉を葬ることになる。ゲームとポッキーが大好き。

○諫山黄泉 / 水原薫



 17歳の高校生。両親を悪霊に殺され、その悪霊を祓った諫山奈落の養女となる。超災害対策室のエージェント。宝刀「獅子王」と霊獣・鵺「乱紅蓮」を操り悪霊を狩る。悪霊となった冥との戦いで、一瞬正気に戻った冥が命乞いするが、奈落を殺した憎しみから殺害。三途河には一瞬の内に108箇所に手裏剣を打ち込まれてしまう。その後、殺生石により悪霊として復活し、諌山幽を殺害し獅子王と奪還。防衛省特戦四課を全滅させる。さらに桜庭とナブーの片方を殺害、雅楽に致命傷を負わせ、二階堂桐を再起不能にする。最後は神楽によって倒される。

○飯綱紀之 / 高橋伸也



 18歳、高校生で超災害対策室のエージェント。複数の管狐を使って情報を集める。親が定めた仲ではあったが黄泉の許婚。瀕死の重症を負った黄泉の無実を晴らそうと努力するも、悪霊と化した黄泉に目前で一騎を殺害され、「殺して」と懇願した黄泉を殺すこともできず超災害対策室を離れる。2年後は占い師になっていた。

○諫山冥 / 田中涼子



 諫山幽の実娘。諌山家の使命を拒んだ父と異なり退魔師となったが、超災害対策室からの依頼を断りフリーで活動している。薙刀の使い手。諌山家の養女であり次期当主とされる黄泉に対しては不服の感情が見え隠れする。三途河との戦いはあっけなく敗北し、胸に殺生石を埋め込まれて蘇生。負の感情を増幅させて悪霊と化し、叔父の奈落を殺害する。黄泉から獅子王を取りあげ、戦いで黄泉を追い詰める。しかし、殺生石との不適合で治ったはずの傷が再現して、その隙を突かれ黄泉に殺される。

○三途河カズヒロ(みとがわ) / 松元恵



 第1話から見え隠れする謎の少年。土宮舞が亡くなった作戦で逃げ果せた怨霊。彼の現れるところに南米のモルフォに似た蝶が飛ぶ。左目に埋め込まれた殺生石の力を借りて強大な魔力を発動する。霊力分布観測班が観測した特異点の正体である。殺生石に惹かれ悪霊が引き寄せられる。棒手裏剣の使い手で一瞬にして黄泉に重症を負わせた。殺生石に適合する人物を探しており、冥や黄泉に殺生石を与えて負の感情を増幅させ悪霊化した。雅楽や神楽と直接戦う意志をみせず、最後まで生き残る。
posted by KAZU at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

「喰霊-零-」(がれい-ぜろ-)(1)



 2008年秋に独立UHF系で放映されたSFアクション心霊系アニメ。原作は瀬川はじめの漫画作品「喰霊」(がれい)、監督はあおきえい、キャラクターデザインは堀内修、音楽に上松範康、音楽制作はランティス、制作はアスリード、AICスピリッツ、製作は[喰霊-零-]製作委員会(角川書店、角川映画、クロックワークス、ランティス)。全12話。
 原作の5年前から2年前にかけて過去を舞台にした物語。「防衛省超自然災害対策本部特殊戦術隊第四課」と観世トオルたち隊員の活躍を描くという報じられ、実際第1話は見事な活躍を見せるが第1話ラストの場面で全員が黄泉に斬り殺されるという大どんでん返しが描かれる。第2話以降は「環境省超災害対策室」のエージェント諫山黄泉と土宮神楽を中心に物語が描かれる。
 三途河の暗躍で当主であった妻を失った土宮雅楽は当主を引き継ぐ。お勤めに専念するために娘の神楽は諌山家で暮らすことになる。三途河の持つ大きな殺生石にひかれて悪霊が大量発生する中、さらに彼は殺生石を宿すことができる人間を捜す。そしてその最初の標的が諌山冥であり、二人目が諌山黄泉であった。殺生石のために心の奥底に抑えられていた欲望が解放され、悪霊と化した二人によって物語は次々と暗黒の世界へと近付いていく。特戦四課の全滅、環境省超災害対策室のメンバーも次々と失っていくが、最後に白叡を受け継いだ神楽が黄泉を倒して物語は終結する。多くの主要キャラクターが死んで行って、途中で視聴意欲が落ちる程に悲劇的なストーリーだが、2年後の後日譚を見て救われる。


posted by KAZU at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月09日

趙雲子龍(「一騎当千」)



 「一騎当千」のキャラクターは戦いの中で衣服がぶっ飛んでいきズダボロになりがちですが、この趙雲子龍だけはカッコよさをたもったままなのがいいですね。圧倒的にパンチラや露出の少ない闘士。柳生三厳との邂逅で妖刀村正「斬龍」を打ち直しに預けており、偽刀を抜くシーン。
posted by KAZU at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年09月08日

「リズと青い鳥」(4)

★主題歌



「Songbirds」/作詞:福富優樹/作・編曲:Homecomings/うた:Homecomings
 本編終了後エンドロールでエンディングテーマ曲が流れますが、その曲が一旦終わったあとで流れるのがこの主題歌。英語の歌詞ですが、和訳の歌詞が画面に表示されるのがちょっと新鮮です。その縦書きの歌詞の文字フォントにも愛嬌があります。
 歌詞もそうですが、音がとても丁寧な曲です。主題歌としては正真正銘ラストに流れる曲ですのでちょっともったいない気がします。


★Appendix



 希美に誘われてプールに出かけたみぞれ。部長と副部長もいっしょ。みぞれはダブルリードの後輩たちも誘う。本編ではプールのシーンはありません。これがテレビ版なら確実に描かれるシーンでしょ。僕が劇場版が嫌いな理由のひとつがこれです。
 ここはみぞれがダブルリードのメンバーを誘ったことが重要ですが、写真1枚で済ませてしまうのがいけません。
 さて、写真はこれは雑誌の付録か何かでしょうか。描き起こしで本編にはないカットです。
posted by KAZU at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション