2018年07月20日

「魔法使いの嫁」(8)

 それから「愛」。
 エリアスに落札され、



エリアスのものになり、



エリアスの弟子となり、



エリアスの嫁になります。



異形のものであっても、その深さに変わりはありません。

posted by KAZU at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月17日

「魔法使いの嫁」(7)



 本人は「へこんだ」と口にしていますが、一旦自らの存在を放棄したからか、死の恐怖にも「竜の呪い」にも「怒り」のような暴走は見せませんでした。



 レヴィンに諭されたのもありますが、自分を殺そうとした人にも向き合い、許し、解決を探そうとします。



 でも、愛している人が何も伝えてくれないことに、焦り、悲しみます。


posted by KAZU at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月14日

「魔法使いの嫁」(6)



★サブタイトル
 サブタイトルはイギリスが舞台らしく全て英語で、第6話の「The Faerie Queen.」を除くと成句的な表現になっています。その第6話も“Faerie”と旧い形の言葉を使っています。第5話など「Love conquers all.」(愛は全てに打ち勝つ) なんていいですね、その真偽は別にして。

#1 April showers bring may flowers.
#2 One today is worth two tomorrows.
#3 The balance distinguishes not between gold and lead.
#4 Everything must have a beginning.
#5 Love conquers all.
#6 The Faerie Queen.
#7 Talk of the devil, and he is sure to appear.
#8 Let sleeping dogs lie.
#9 None so deaf as those who will not hear.
#10 We live and learn.
#11 Lovers ever run before the clock.
#12 Better to ask the way than go astray.
#13 East, west, home's best.
#14 Looks breed love.
#15 There is no place like home.
#16 God's mill grinds slow but sure.
#17 Look before you leap.
#18 Forgive and forget.
#19 Any port in a storm.
#20 You can't make an omelet without breaking a few eggs.
#21 Necessity has no law.
#22 As you sow, so shall you reap.
#23 Nothing seek, nothing find.
#24 Live and let live.


 本作の素晴らしいところはメルヘンであっても喜怒哀楽の激しい表現。チセは一旦自らを放棄してしまったところから無茶が過ぎますが、自分が心を寄せたものに対する愛情は熱く、それを壊そうとするものに対しては激しい怒りをぶつけます。
 まずは怒りの表情を。暴走しそうになるチセをエリアスがこのあと制止しますが。

posted by KAZU at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月08日

「魔法使いの嫁」(5)

原作のキャラクターが多いようで、アニメの方も随所に魅力的なキャラクターが登場しますが、最後に印象に残ったものたちを。

〇レンフレッド / 日野聡



魔法使い嫌いの魔術師。エリアスを嫌っているがエリアスは余り頓着していない様子。カルタフィルスに左腕を奪われた。

〇アリス / 田村睦心



レンフレッドの弟子、護り手。見かけも言葉も男っぽい女性。ストーリーチルドレンで麻薬中毒者であったが、レンフレッドに救われる。今はチセの良き友人。

〇スプリガン / 安元洋貴



ティターニアのに付き従う小柄で全然妖精ぽくない妖精。かつて彷徨っていたシルキーを新しい家に導いた。

〇セルキー / 潘めぐみ



 アザラシの姿を持つ妖精、リンデルの使い魔。

〇シャノン / 下田麻美



 妖精の国に住む、人に育てられた、眼鏡をかけた妖精。人間界では医師として働いていたため、妖精の治療を行っている。チセの手当ても行なった。

〇ノエル / 諏訪部順一



 裏のオークションの取り次ぎを行っている。チセの、チセの出品にも携わった。チセはセスの連絡先を知っている模様。

〇ネヴィン / 大友龍三郎



 北の竜の国に棲む老齢の竜。もう空を飛ぶ力はなかったが、チセの魔力でチセに空を飛ぶ夢を見せた。死後は巨大な菩提樹となり、チセはその枝から杖を作った。その後も何度かチセの心に現れて迷うチセを導く。
 チセは真面目すぎるし、エリアスはお馬鹿、それがまたいいのでしょうが、僕のお気に入りのキャラクターはネヴィンとリンデルさん。この年老いた竜の言葉は重みがあって優しく、愛情に満ちています。

〇モリィ / 佐久間レイ



 オッドアイの猫の王。

〇ステラ・バークレム / 諸星すみれ



 ロンドンに住む少女。チセが弟を灰の目から助けたのをきっかけに友人になる。

〇ラハブ / 三石琴乃



 リンデルの師匠。異界の地に住む片眼鏡の女性。リンデルやエリアスの名づけ親でもある。
posted by KAZU at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月07日

「魔法使いの嫁」(4)

 こういうファンタジー作品には「敵役」というものは必要ないと僕は常々思っているのですが、それではストーリーが進まないのか必ずと言っていいくらい出てきますね。日常のエピソードの繰り返しで十分感動的なのですが、この作品にも登場する邪悪なキャラクター。

〇灰の目 / 中田譲治



 本人は人間には干渉しない、傷つけないと言ってますが、何かと悪戯に干渉してくる人に非ざる者。直接手を出すことはなかったものの、エリアスにもチセにも、そしてチセの周りの人々にも干渉して、その心を弄ぶ。その干渉はカルタフィルスにまで及んだ。

〇カルタフィルス (ヨセフ) / 村瀬歩



 無邪気な口調で話す「人の形をした化け物」。「不死の呪い」を掛けられ死ぬことはないが、苦しみや痛みを感じるため感情的暴走が激しい。倫理観も欠如しており、罪悪感のないままに、人を殺し操る。物語の最後ではチセと折り合い=契約をとりつける。暴走や感情の解放を止めたことで灰の目の興味も失せる。
posted by KAZU at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年07月04日

「魔法使いの嫁」(3)

※キャラクター&キャストのつづきを。

〇サイモン・カラム / 森川智之
 エリアスの住む近くにある教会の神父であり、エリアスの監視役。監視役とは言え、長いつきあいで語り口は友達の如し。シルキーからは嫌われている。

〇アンジェリカ / 甲斐田裕子
 ロンドンに住む魔法機構の技師でエリアスと取引がある。自身も魔法使い。スレイ・ベガであるチセの身体を心配して様々な助力をしてくれている。

〇リンデル / 浪川大輔



 アイスランドに住む魔法使い、竜の国の管理者、エリアスの師匠。見かけは青年だがエリアスより年上で、エリアスの過去を知る人物。口調はやや年寄り臭い。本作のキャラクターの中では一番良識ある、落ち着いた人物。作中で歌う挿入歌「イルナ エテルロ」は印象深い。

〇ティターニア / 大原さやか



 妖精の女王。姿も妖艶だけれど、その声もまた妖艶、大原さやかさんの演技が光るキャラクター。

〇オベロン / 山口勝平



 妖精の王、ティターニアの夫である。「なんでコイツがティターニアの夫やねん」と突っ込みたくなるお調子者。それでいて「王」たる秘めた力を匂わせる。こちらもさすがベテラン山口勝平さん。
posted by KAZU at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年06月30日

「魔法使いの嫁」(2)



 主人公の羽鳥チセは、物心ついた時から怪異の類をみることができたため、周りの人から異物を見るような目つきにさらされてきた。父が弟を連れて去り、母は投身自殺して、不幸と孤独感からノエルの勧めで自らをオークションにかける。イギリスで闇のオークションにかけられたチセに獣骨の頭を持つ魔法使い・エリアス・エインズワースは500万ポンドで落札する。エリアスはチセに自分の弟子にするため、自分の妻にするために落札したことを告げる。自暴自棄であったチセはこの魔法使いの下で魔法の修行をしながら様々な人々、人ならざるものと出会い、生きて行こうと前向きになっていく。

★キャラクター&キャスト
〇羽鳥智世(チセ)/ 種ア敦美
 本作の主人公。赤毛の少女、15歳。「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」で魔力を生み出し、蓄える能力を持つが、今のままでは3年程度の寿命しかないとされている。

〇エリアス・エインズワース / 竹内良太
 異形の魔法使い。角のある獣骨の頭を持つ。魔力で人の姿になることもできる。陰に潜み、全身からイバラの蔓を発して触手のごとく操る。「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」「茨の魔法使い」とも呼ばれる。その正体は自信も正確にはつかんでいない様子。チセに対して熱い感情を抱いており、彼女が傷つけられた時、彼女が離れて行った時、共に激しい体の変化を見せる。

〇シルキー / 遠藤綾
 エリアスの家に住む家事を司る妖精。「銀の君」ともよばれている。めったに表情を見せることはなく喋ることもない。しかし、家に住む者に対する愛情は深い。かつてはバンシーだったが、憑いていた家を失って彷徨っている時に絶えてしまい、行く当てもなくさまよっていたところをスプリガンに導かれてこの家にたどり着いた。本編では1話を割いてその心あたたまる経緯が描かれる。

〇ルツ / 内山昂輝
 チセがエリアスの仕事で赴いた教会の墓場で出会った墓守犬。元はイザベルが飼う黒犬「ユリシィ」。チセと使い魔の契約を結ぶ。
posted by KAZU at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション