2019年01月09日

「蒼天の拳 REGENESIS」(1)



 年末に「蒼天の拳 REGENESIS」が終了しました。なかなかリアルタイムで見ることができず、まとめて視聴。「今度の拳志郎には姓がある」というキャッチで始まった「蒼天の拳」ですが、この「蒼天の拳 REGENESIS」は少しSFチックな要素があってちょっと馴染めませんでした。

 「蒼天の拳 REGENESIS」は2018年に放映された「蒼天の拳」の続編。4月〜6月に第1期が、10月〜12月に第2期が放映されて完結した。原作は 漫画「蒼天の拳」(原哲夫 監修 武論尊)で、第2部である「蒼天の拳 リジェネシス」(作画は辻秀輝、脚本は八津弘幸)を軸にストーリーが進むが、原作の設定を変更して原作通りには展開していないとのこと。拳志郎が死してストーリーを終えることには違いはないらしいが。敗れることのないタフな主人公を売りにしてきただけに、余りにもあっけなく秘孔を突かれるなど視聴者をがっかりさせるシーンに評判はよくなかった。またフルCGアニメで制作されており、こちらの方も今までの劇画調から一転している。僕は演出さえよければCGだからと言って特に問題はないかと思うが、ファン視聴者からは賛同を得てはいない。
 監督は鹿住朗生、シリーズ構成・脚本に尾崎悟史、キャラクターデザインは 勅使河原一馬、佐藤宏美、音楽に西村麻聡、制作はポリゴン・ピクチュアズ、製作は株式会社蒼天の拳。全24話。

posted by KAZU at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年01月05日

君に君に逢えて、ワタシは生まれたの



 お正月のテレビ番組を見ていた時、凧揚げのシーンで何やら懐かしいメロディが流れていました。「高く高くのぼれ、天までのぼれ」というような歌詞が付いていたと思いますが、ネットで検索しても出て来ません。記憶違いなのかな。
 このメロディに似たアニメの主題歌に「キミニアエテ」があります。「君に君に逢えて、ワタシは生まれたの」。「この醜くも美しい世界」のBGMで使われて最終回のエンディングであった曲。メロディを聞いた時になつかしくなって、ついついネット配信で見てしまいました。物語の最後が余り好きではないのですが…。

「キミニアエテ」
作詞:くまのきよみ、作曲:渡辺剛
うた:川澄綾子(ヒカリ)、清水愛(アカリ)
posted by KAZU at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年11月22日

テラバーデン



 「マグマ大使」に登場する四足歩行の怪獣。カモノハシ竜をモデルにしたと思われる。今図鑑などで復元されているカモノハシ竜(ハドロサウルス類)は余り“カモノハシ”という感じではないですが、昔の復元図は本当に鴨の嘴がついているような顔をしていました。テラバーデンはそれに似ています。
 ザムザ元素を作り出す能力、火山に潜む頑強な皮膚。実にシンプルな形ですが、マグマ大使の武器では倒すことができず、アースがゼウスに許可を得て未来へ飛ばして葬り去ります。

posted by KAZU at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年11月18日

フレニックス



 「マグマ大使」に登場する「大海獣」。“音波怪獣”と冠されます。登場する時は頭を海上に出しているだけなので、全身が見えません。本編でも僕の記憶では1カットだけ水中に潜る全身のカットがあっただけ。巨大ヒーローもので、主人公と取っ組み合いをしなかった怪獣というのも珍しい。
 首長竜がモデルになっているのかもしれない、ヒレのある姿。ただ耳が異様に大きいので頭だけを見ていると到底爬虫類には見えません。この耳の部分をヒレにしたら竜に見えたと思います。
posted by KAZU at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年11月11日

魔法少女はじまりました。



 10月の半ばから仕事ではなくてプライベートが超忙しくなってしまい、放置状態でした。余り空けるとモチベーションも下がりますので、ここらでひとつアップしておかねば。ということで。

 「魔法少女リリカルなのは」の劇場版新作が始まってます。以前から書いているようにテレビシリーズから始まっての作品の劇場版は余り好きではありません。殊にオリジナルストーリーとなると「見たい」という気持ちと「まあいいか」という気持ちが半々なのです。ますますリリカルでない方向にいっているように見えますが、さて。
posted by KAZU at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年10月27日

「君の名は。」(4)

★キャラクター&キャスト
 長編作品にありがちなキャラクターが多過ぎるいうことは新海作品にはまず当てはまらないですね。確かにこの作品は新海作品にしてはキャラクターが多いですが、ストーリーに絡むキャラクターは印象的な場面にハメられていて、後から「誰だっけ?」と思うようなことはありません。ラストでは時間が大きく流れていてみんな成長した姿を見せます。あちこちでちらりと登場するキャラクターを見つけるのも楽しい。



〇立花瀧 / 神木隆之介
 本作の主人公。東京都立神宮高校の2年生。ヒロインの三葉より3歳年下になる。冒頭の描写から父と2人暮らし。イタリアンレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」でウエイターのアルバイトをしている。

〇藤井司 / 島ア信長
 瀧の同級生で親友。瀧と同じレストランでアルバイトをしている。

〇高木真太 / 石川界人
 瀧の同級生。瀧と同じレストランでアルバイトをしている。



〇宮水三葉 / 上白石萌音
 本作のヒロイン。山深い岐阜県糸守町に住む女子高生。宮水神社の巫女。母はすでに亡くなっており、父は母の死後家を出ている。現在は祖母、妹との三人暮らし。

〇名取早耶香 / 悠木碧
 三葉の同級生。勅使河原に思いを寄せる。あだ名は「サヤちん」。放送部所属。

〇勅使河原克彦(てしがわらかつひこ) / 成田凌
 三葉の同級生。あだ名は「テッシー」。地元の建設会社・勅使河原建設の社長の息子。劇中では「この町で普通に暮らすと思う」と言っていたが、最後の場面では東京で早耶香と結婚話をしていた。

〇奥寺ミキ / 長澤まさみ



 瀧のアルバイト先の先輩で女子大生。男子アルバイターの人気を集める美女。入れ代わった三葉のせいもあって瀧の同級生の司とともにあれこれと瀧の世話をやくことに。最後の場面では婚約指輪をしてました。

〇宮水四葉 / 谷花音
 三葉の妹。小学4年生、宮水神社の巫女。

〇宮水一葉 / 市原悦子



 三葉と四葉の祖母、現在宮水神社の宮司を務める。

〇宮水俊樹 / てらそままさき
 三葉と四葉の父。宮水の婿養子。妻の二葉が亡くなったあと神職を捨てて糸守町の町長になる。

〇宮水二葉 / 大原さやか
 三葉と四葉の母、一葉の娘。回想シーンにのみ登場する。わずか1シーンのみの登場ですが、大原さやかさんの存在感はさすがです。

〇ユキちゃん先生 / 花澤香菜
 三葉の通う高校の国語の教師。前作「言の葉の庭」のヒロイン雪野百香里その人。彼女の授業のシーンが描かれていて、前作同様に万葉集の「誰そ彼と われをな問ひそ 九月の 露に濡れつつ君待つわれそ」がひかれています。

〇瀧の父 / 井上和彦
 瀧とマンションでふたり暮らしをしている

〇勅使河原の父 / 茶風林
 勅使河原建設の社長。三葉の父を町長選で後押ししている。

posted by KAZU at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2018年10月24日

「君の名は。」(3)



 新海監督の作品らしく、背景は実際の景色を参考に描かれているところが多いようですが、確かに最後に瀧と三葉はお互いを探し回る東京の街中は実にリアル。同じ道を逆方向からも描く。現実でも逆方向だと違って見えます。あれは想像では描けないところでしょうね。そういう背景の他にも細かいところに思いがこもっているように感じます。一番印象的なのは月。三葉の暮らす時間と瀧の暮らす時間は三年という時間のズレがあるわけですから、同時に見る月は位相が違って当然。違った位相の月が何度も描かれているのは月に何かを込めているとしか思えません。謎解きをするには何度も見ないといけませんね。
 瀧が三葉のいた時間がズレていることを知るのは糸守が隕石の落下で消滅したことを知った時ですが、それまでに本人達が知るであろう要素は劇中にもたくさんありました。それでもそれを視聴者にも感じさせない演出が見事です。三葉がブラックアウトする瞬間まで僕も気づきませんでした。
 新海監督が描く恋物語は悲しい恋が多くて、普通に成就することはなくて。どうしようもない時間の流れの「ほしのこえ」。絶望の一歩手前の「雲のむこう、約束の場所」。「秒速5センチメートル」のような“すれちがい”結末を迎えるのかなと、最後まで不安で仕方がなかったけれど、今回はやってくれました。先はご想像におまかせします、というようなエンディングでしたけど。


「秒速5センチメートル」から

 冒頭の部分は実はかなり感動的な映像がぎっしりと詰まっているのですが、それは当然気づきません。最後まで見て、もう一度最初から見た時にその意味が全てわかる。この作品は繰り返して見るごとに新しい発見がある作品だと思います。
posted by KAZU at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション