2017年05月24日

八部衆



興福寺八部衆像

 先日、奈良の興福寺に行ってきました。興福寺の食堂(じきどう)は国宝館になっていますが、耐震工事のため休館中。中金堂の再建工事も行われていてお寺らしくない興福寺なんですが、講堂に仏像が展示されて特別公開されてました。興福寺の八部衆といえば何といっても阿修羅像ですね。八部衆の中では大きい方ですが、周りの他の仏像に比べると小さいです。それでも存在感はすごい。
 この八部衆をモチーフにしたアニメが「天空戦記シュラト」ですが、興福寺の八部衆は独特です。これにシュラトのキャラクターを当てると、
阿修羅(あしゅら)=修羅王シュラト
五部浄(ごぶじょう)=天王ヒュウガ
沙羯羅(さから)=龍王リョウマ
乾闥婆(けんだっぱ)=闥婆王クウヤ
緊那羅(きんなら)=那羅王レンゲ
鳩槃荼(くはんだ)=夜叉王ガイ
畢婆迦羅(ひばから)=比婆王ダン
迦楼羅(かるら)=迦楼羅王レイガ
ということになります。興福寺八部衆像は全部国宝。考えてみればとんでもないアニメです。罰があたりませんように。
posted by KAZU at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月05日

「暦物語」(3)

★主題歌
 各話のオープニングテーマはヒロインのキャラクターソングが使われています。映像は原則過去のものをそのまま使っていますが、タイトルは「暦物語」に入れ換えられています。
(第一話)「perfect slumbers」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 羽川翼(堀江由衣)
(第二話)「staple stable」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
(第三話)「帰り道」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 八九寺真宵(加藤英美里)
(第四話)「ambivalent world」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 神原駿河(沢城みゆき)
(第五話)「恋愛サーキュレーション」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 千石撫子(花澤香菜)
(第六話)「marshmallow justice」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 阿良々木火憐(喜多村英梨)
(第七話)「白金ディスコ」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - 神前暁(MONACA) / 歌 - 阿良々木月火(井口裕香)
(第八話)「decent black」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - ミト / 歌 - 忍野扇(水橋かおり)」



(第九話)「mein schatz」
作詞 - meg rock / 作曲 - ミト / 編曲 - ミト、高田龍一
(第十話)「オレンジミント」
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - ミト / 歌 - 斧乃木余接(早見沙織)

 第十一話の影縫余弦と第十二話の臥煙伊豆湖には対応するキャラクターソングがないため、オープニングはなし。
 エンディングは「whiz」。作詞・作曲は渡辺翔、編曲は倉内達也、歌はTrySail。本作での新曲になる。
posted by KAZU at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月04日

「暦物語」(2)

 12話のタイトルは以下の通り。各話のヒロインの写真をあげてみました。

第一話 こよみストーン


羽川翼

第二話 よみフラワー


戦場ヶ原ひたぎ

第三話 こよみサンド


八九寺真宵

第四話 こよみウォーター


神原駿河

第五話 こよみウインド


千石撫子

第六話 こよみツリー


阿良々木火憐

第七話 こよみティー


阿良々木月火

第八話 こよみマウンテン


忍野扇

第九話 こよみトーラス


忍野忍

第十話 こよみシード


斧乃木余接

第十一話 こよみナッシング


影縫余弦

第十二話 こよみデッド


臥煙伊豆湖

 あらすじはここに書くよりも見ていただくのがベストでしょう。怪異もなにも係わらない現実的な話として「こよみサンド」には感心した。

 おまけはこの人。


posted by KAZU at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年05月03日

「暦物語」(1)

 「暦物語」は2016年にネット配信された物語シリーズのアニメ作品。原作は勿論西尾維新による「暦物語」で、「化物語」以降の阿良々木暦の高校3年生の一年を12のショートストーリーで綴っている。内容は時系列に沿って並べられていて「化物語」本編の内容に触れることはあるが、基本的に新たなストーリー。
 原作は西尾維新、監督は板村智幸、キャラクターデザインに渡辺明夫、音楽は神前暁、音楽制作はアニプレックス、制作はシャフト、製作はアニプレックス、講談社、シャフト、全12話。
 最初の方はたわいもない、勿論一般人にとってではなくて怪異のはしくれである暦にとってだが、日常の一コマ。毎回ヒロインが登場して暦と語る。ところが第十話の「こよみシード」辺りから何やら意味深長になってくる。そして衝撃的な「こよみデッド」、タイトル通り暦が臥煙伊豆湖によって秘刀「怪異殺し」で消されてしまい幕を閉じる。まあ、勿論暦がそこで死んでしまっては話にならないので、エピローグで不思議なところで目を覚ますのだが。

 一番恐かったのはこれかな(笑)。暦に届いた戦場ケ原からのメール。

posted by KAZU at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年04月01日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(5)



 最後にテーマミュージックを。メインテーマは「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」。布袋寅泰の作曲。エンディングでキャスト紹介と本編の映像を交えながらエンドロールへと続くバックに流れる。この作品のための書き下ろしということで見事なまでのマッチング。

こちらでどうぞ。
posted by KAZU at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年03月29日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(4)



☆あらすじ
 ストーリーについてはWikipediaに詳しいので、ここにつらつら書いても長くなるだけなのでそちらを見ていただきましょう。

 大変よく練り込まれた映画の尺に対応したストーリーでお見事です。はしょったところがなくて描写も的確。先にも書きましたが作り手の気合を感じます。
 強いて言うなら「ルパン」としては珍しくメインのキャストに死人が出るというところでしょうか。マイケルにルパンはしてやられます。
posted by KAZU at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2017年03月24日

「ルパン三世」 (実写版・2014年)(3)



 この作品を見ていて、ちょっと流れが変わるシーンがあります。ルパンと次元が日本に向かう飛行機の中でしたっけ。上の写真のところで気持ち尺が長い。そして下の客室乗務員が意味ありげ。全然知識がなかったので見た時は分からなかったのですが、このカットに意味があるのだろうというのは分かります。
 上の写真の左の乗客が原作のモンキー・パンチ氏。下の写真の客室乗務員はルパン小栗の奥様・山田優さんだそうで。



posted by KAZU at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション