2020年07月06日

「かくしごと」(1)



 今年の春アニメで大変アニメファンの評価の高かった作品のひとつ。美しい画とギャグ、そしてちりばめられた最終回への布石。11話までは笑って終わってしまうのに第12話(最終回)では何度見ても泣いてしまうストーリー展開が見事です。

 「かくしごと」は2020年4月から放映されたテレビアニメ。原作は久米田康治の同タイトルの漫画。監督は村野佑太、音楽に橋本由香利、音楽制作はエイベックス・ピクチャーズ、制作は亜細亜堂、製作はかくしごと製作委員会。全12話。“ハートフルコメディ”と言う言葉がぴったりな作品。

☆ストーリー
 第1話のっけから訳ありの家庭事情をにおわせる展開。後藤可久士は漫画家で下ネタ漫画「きんたましまし」を描いている。父親が下ネタ漫画を描いているということが周囲にバレると娘の姫(10歳)がいじめられると心配し、娘には勿論周囲にもバレないように目黒の家からスーツで出かけ、途中でゆるい仕事着に着替えて渋谷区のオフィスへ向かうという生活を続けていた。第11話までは可久士と姫の日常をコミカルに描いている。
 可久士の妻は娘が生まれて間もないころに海難事故で他界していたが、遺体が見つかっていないということで可久士は漫画を描いて儲けたお金を行方不明の妻の捜索に投じていたのだが…。ある日、雑誌にこのことが美談記事として取り上げられたが、このシリアスな記事がギャグ漫画家のイメージを一気にたたき潰し、何を描いても誰も笑ってくれないという状況に追い込まれ、とうとう筆を折る。
 生活を支えるために慣れない肉体労働を続けていたが、倉庫での作業中に荷物の崩落事故に遭って意識不明になる。18歳になった姫はおばから届けられた鍵で親子三人が暮らすはずであった鎌倉の家を訪ね、父親の仕事のことを知る。その日に可久士は意識を取り戻すのだが、可久士の記憶は姫が10歳のまま止まっていた。かつての仕事仲間、姫の友達の協力もあって、最終回で可久士は記憶を取り戻し18歳の姫と再会する。最悪の事態を予感させる描写で、一時はどうなるかと思ったけど、ハッピーエンドで幕を閉じる。


posted by KAZU at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年07月01日

アニサキス症


アニサキスを一撃のもとに倒した好酸球。

 他人事は時間が経てば忘れてしまうものですが、他人事ながらみんなが記憶している程短期の間にアニサキス食中毒二度もなったかわいそうな高校の後輩に。好酸球が活躍して三度目はかからぬように祈念して。

※好酸球
 白血球の一種。金髪のツインテール、ピンクのつなぎに二叉の槍を持つ。細菌に対しては非力だが寄生虫に対しては絶大な能力を発揮する。「はたらく細胞」


posted by KAZU at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年06月25日

「真実の詩」



 昨日、飲んでいたお店の有線でたまたま懐かしい曲がかかった。メロディも歌詞も口をついて出てくるのでアニメの主題歌に使われていたことはすぐに分かったけど、何の主題歌だったか出て来ない。最後のフレーズを聞いてやっと思い出した。

♪真実の詩を 道標にして♪

 Do As Infinityの「真実の詩」。「犬夜叉」のエンディングに使われた曲なので18年くらい前の曲になる。独特の雰囲気を持った楽曲で、バックに古琴である京琴が響く。この古琴は京劇に用いられる楽器だそうで、本作の演奏は呉汝俊(ウー・ルーチン)による。
posted by KAZU at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年06月05日

「海賊の歌」/加藤茉莉香&チアキ・クリハラ



 昨日の続きですが、小松未可子さんで思い出すのが「モーレツ宇宙海賊」の終盤に加藤茉莉香(小松未可子)とチアキ・クリハラ(花澤香菜)が劇中でデュエットした「海賊の歌」。伝説の「海賊の歌」を“海賊会議”を招集するために宇宙空間に流したというストーリー上重要なキャラクターソングなのですが、CDがリリースされておりません。ブルーレイ版の特典CDに収録されているそうですが、一度聞いてみたいもの。ということで本編からの動画をお借りしてきました。歌手・小松未可子の見事な歌をお聞きください。


posted by KAZU at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年05月29日

黒子



 「とある科学の超電磁砲T」の第13話「SYSTEM(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)」での白井黒子の活躍に賞賛の声があがっています。ヘンタイの側面もある黒子ですが、風紀委員(ジャッジメント)の職務に向き合う姿はカッコイイ。これは今更始まったことではなく、「とある科学の超電磁砲 OVA」での見事な事件解決、「とある科学の禁書目録U」第6、7話での美琴に怪我を隠しての活躍には惚れ惚れします。今回の「T」での決戦はちょっとカッコ良過ぎとも思いますが。
posted by KAZU at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年04月28日

久米明さんのナレーション(「銀河英雄伝説」第40話ユリアンの旅・人類の旅)



 先日、他界された久米明さんが「銀河英雄伝説」にナレーターとして出演しているというのが、どうしても思い出せなくて“第2期の歴史番組のナレーター”という情報から第2期を頭から視聴。やっと見つけました。「銀河英雄伝説」の本伝はエピソードによりますが、最低2度は見ているはずなのに気付いていませんでした。
 第38話で銀河帝国皇帝エルウィン・ヨーゼフU世が自由惑星同盟に亡命し、自由惑星同盟が後援して、ハイネセンで「銀河帝国正統政府」の樹立が宣言。メルカッツが軍務尚書の指名を受ける。第39話でユリアンにフェザーン同盟高等弁務官事務所へ転任の命令を受ける。そして第40話、ユリアンはハイネセンに辞令を受領するために向かうが、その間の時間を利用して人類の過去500年の歴史をビデオ番組で振り返る。このビデオの歴史番組のナレーターこそ久米明さんでした。聞いてなるほど。あまりに自然なナレーションに気づきませんでしたが、確かに久米さんです。
 「銀河英雄伝説」は遠い未来の歴史家が過去を振り返って歴史を語るという形でラインハルトとヤンの物語を語りますが、銀河帝国と自由惑星同盟の歴史は冒頭では戦闘状態にあること以外は詳しく述べられていません。時系列から言えば、この第40話を先に見てから本伝第1話から見るのも一つの見方かもしれません。
posted by KAZU at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2020年04月23日

「了解いたしました」



 「了解」と「承知」、ビジネスシーンでは「承知」を使うように指導している企業が多いですね。目上に対して「了解しました」は使わないというのが基本にあります。しかしながら語彙が違うのですから意味やニュアンスまでイコールのはずがありません。了解は“解”に重きがあり、承知は“知”に重きがあると思います。場合によっては同じ意味にはなりますが。
 「幼女戦記」第4話「キャンパス・ライフ」でデグレチャフ中尉は図書館でゼートゥーア准将に遭い、意見を求められる。「即応魔導大隊構想」の基礎となる論理をデグレチャフ中尉は述べ、最後にゼートゥーア准将は「正式な書面にまとめてくれたまえ」と命じます。その時のデグレチャフ中尉の返答が「はっ、了解いたしました」。これがビジネスシーンならば「承知いたしました」が妥当なところです。ここは“知”よりも“解”に重きを置いていますから、デグレチャフ中尉の返答は的を得ていたと思います。けれども、何度このシーンを見てもひっかかるんですよね、このセリフ。「承知いたしました」とデグレチャフ中尉が言っていたらスルーしていたはずですから。
posted by KAZU at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション