2019年06月28日

「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」(3)

〇もんもんぼう / 小峠英二(バイきんぐ)



 壁の中を壁づたいに移動する妖怪。夏目に名前を返しにもらいに五丁町からやって来た。六本腕の妖怪に襲われた夏目を助けようと加勢する。自ら名を名乗り名前を返してもらう。

〇六本腕の妖怪 / 西村瑞樹(バイきんぐ)
 夏目がたまたま遭遇した妖怪。夏目を見つけるや友人帳を奪おうとする。もんもんぼうの加勢もあり、夏目に殴られて怯んだところを斑に蹴散らされる。



〇津村容莉枝 / 島本須美
 五丁町に住む切り絵作家。もんもんぼうの記憶の中にあった彼女は中学生でレイコを知る人物だった。落とした鈴を返そうとするレイコに素直になれず逃げ去ってします。レイコは鈴を大事に保存していた。

〇津村椋雄 / 高良健吾
 容莉枝の息子。実は8年前に死亡していた。ホノカゲは出会った人の記憶を変えてしまう鳳凰の姿をした妖怪。放浪の咎を受けて一所には留まれない。祠の脇の樹のウロで眠っていたホノカゲは度々祠にやってくる容莉枝に興味を抱き、ある日訪れた変わり果てた容莉枝に何があったか知りたく洞を離れて彼女の後を追う。彼女の家の門の上で“あやかし”が狙っているのを見たホノカゲは彼女を守るため椋雄になりすまして8年間過ごしてきた。ホノカゲも友人帳に名があり、夏目が名を返して記憶を解放し、ニャンコ先生を元の姿に戻して飛び去る。ホノカゲが去ったことで、容莉枝のこの8年の椋雄との記憶はなくなり、田沼と多軌の記憶からホノカゲにまつわる記憶も消えた。ハバキを追い払った羽根の矢とレイコの「きれいな姿」という言葉からその気高い姿が想像できます。

〇結城大輔 / 村瀬歩



 夏目の小学校時代のクラスメイト。嘘つきで通っていたが、「“あやかし”が見える」と嘘をついて夏目にかかわってくる。ある日、土地に伝えられる「山奥の滝に住む妖怪」を見に行こうと夏目と二人で出かける。そこで大妖怪に出会うが、夏目には滝の流れが見え、彼には見えなかったためにウソが露顕し、大輔が石で滝を傷つけようとしたため夏目が力づくで制止。気まずい思いのまま分かれる。

★主題歌



 エンドロールで流れる歌は、シンガーソングライターUraの歌う「remember」。予告編でもサビの部分が使用されているからか、その部分は特に印象的で一度しか流れないのに親しみを感じてしまう。
Note: 「remember」 作詞・作曲:Uru 編曲:トオミヨウ

posted by KAZU at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年06月27日

「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」(2)

★キャラクター&キャスト
 さて、レギュラーメンバーはさらりと流して、ゲストを詳しく。

〇夏目貴志 / 神谷浩史・藤村歩(少年時代)
 “あやかし”を見ることのできる少年。本作の主人公、夏目レイコの孫。

〇ニャンコ先生・斑 / 井上和彦
 上級の妖怪。夏目の持つ友人帳を死後譲り受けるという約束で夏目の用心棒を務める。普段は猫の姿をしている。

〇夏目レイコ / 小林沙苗



 夏目の祖母、故人。夏目と同様に“あやかし”を見ることができ、彼より強大な妖力を持っていた。本シリーズでは高校生の姿のみ描かれる。

〇藤原塔子 / 伊藤美紀
〇藤原滋 / 伊藤栄次
 夏目を引き取った遠縁の親戚。

〇田沼要 / 堀江一眞
 夏目の同級生。弱いながらも“あやかし”を感じることができる。夏目の能力を知る数少ない友人。

〇多軌透 / 佐藤利奈



 夏目の同級生。本人は“あやかし”を見ることはできないが、祖父の残した遺品を通じて妖怪に接する。夏目の能力を知る友人の一人。

〇西村悟 / 木村良平
 夏目の同級生。

〇北本篤史 / 菅沼久義
 夏目の同級生。

〇笹田純 / 沢城みゆき



 夏目の同級生、クラスメイトで学級委員長。

〇名取周一 / 石田彰



 表の稼業は俳優だが、祓い屋のひとり。

〇柊 / ゆきのさつき
 名取の式神

〇笹後 / 川澄綾子
 名取の式神

〇瓜姫 / 樋口あかり
 名取の式神



〇ヒノエ / 岡村明美
 夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。夏目の困った時の相談相手。

〇三篠 / 黒田崇矢
  夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。巨大な体を持つ上級の妖怪。

〇ちょびひげ / チョー
 夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。

〇一つ目の中級妖怪 / 松山鷹志
 夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。

〇牛顔の中級妖怪 / 下崎紘史
 夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。

〇河童 / 知桐京子
 夏目の家の近くに棲む妖怪たちのひとり。
posted by KAZU at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年06月26日

「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」(1)



 「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」は2018年9月から公開された「夏目友人帳」シリーズのオリジナル長編劇場作品。原作は緑川ゆき、総監督に大森貴弘、監督に伊藤秀樹、脚本は村井さだゆき、制作は朱夏、製作は夏目友人帳プロジェクト、配給はアニプレックス。108分。



★ストーリー
 「ネタバレ」と題した感想を読んでみると意外とネタバレになっていなくて物語の結末が書いてありません。ニャンコ先生が元に戻る件、詳細に書いているところは殆どなかったですね。もっともニャンコ先生が分裂したままで終わってしまうのでは話にならないので、書かずとも元に戻るのは明白ですが。ストーリーの詳細は他サイトにお任せしますが、一番ハッとさせられたところだけ書いておきましょうか。



 クラスの学級委員長笹田が学校代表で弁論大会に出場することになる。西村、北本、夏目は田沼、多軌も誘って笹田の応援に行くことに。笹田はもう取り壊されてなくなった旧校舎での“あやかし”との思い出を人に置き換えて喋る。その表彰のあと帰りに夏目は小学生時代のクラスメイト結城と再会する。お互い言葉を交わすこともなくその場は別れてしまう。
 転校して来た夏目は自分と同じように周りから冷やかな目で見られ、「嘘つき」と呼ばれるクラスメイトの結城を見る。彼は“あやかし”が見えるのだと言い、やがて夏目と一緒に下校するようになる。ある日結城は地元の山奥の滝に住む妖怪を見に行こうと夏目を誘う。深い森の中に分け入った所に急に開けて大きな幾筋もの滝が現れる。感動した夏目が流れに触れようとすると、滝の上から「触れてはならぬ」「その一筋一筋が人の運命」「お前のようなものがそれに触れてはならぬ」と戒める。このシーンでふと僕の頭の中をギリシアの運命の三女神クローソー、 ラキシス、アトロポスと「夏目友人帳・参」に登場した塞神の姿が浮かんだ。ところがその滝、夏目には見えていたが結城には見えておらず、ただ枯れた岩場としか写っていなかった。結城は大きな石を滝に打ちつけようとし、夏目は力づくでそれを制止した。その気まずい出来事の後、夏目は再び転校して行った。
 ホノカゲの一件の後、夏目は結城に連絡が取れるという北本に頼んで結城に会うことにした。あの時の気まずさを解消し、「俺には見えない」嘘を謝る結城。「夏目は見えるかどうか言わなくていい」と。言わずともおそらく分かっていたであろうと思う。嘘には腹が立ったが、嘘をついてでも自分にかかわろうとしてくれた結城に礼を言う夏目。妖怪にも人にもかかわっていきたいという夏目に「つくずく人とはおもしろい」とニャンコ先生は言うのであった。



 テレビシリーズは30分1話完結のエピソードが大半です。約23分で語られるエピソードの中に凝縮された想いは見事にピンポイントで見る者の心を打ちます。さて今回は108分の劇場版長編。尺が長い分だけピントがブレます。本筋は津村親子のストーリーですが、そこにレイコの話、結城大輔との思い出、式神ハバキと祓い人、分裂したニャンコ先生の話が加わってややごった煮。ニャンコ先生ファンには申し訳ないですが、ニャンコ先生の分裂はストーリーに直接関係ないからカット。式神ハバキもちょい役なのでカット。結城大輔との絡みは1話のストーリーができてしまうくらいに魅力的なので目移りしますからこれも外す。残りのストーリーで45分くらいにまとめた方がよかったのではないかなと、個人的には思います。


posted by KAZU at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年05月18日

「とある魔術の禁書目録V」第8話を見る



 「とある魔術の禁書目録III」、リアルタイムで見るのを失してしまったので、後追いでDVD鑑賞をしています。やっとこさ第8話「聖人崩し」まだ先は長いですね。
 さて、このエピソードの終盤に神裂火織が登場。「禁書目録」の魔術サイドでは一番のお気に入りキャラですが、第1期の時から比べると伊藤静さんの演技力が格段にアップ。一言一言が素晴らしい。改めて惚れ直しました。
posted by KAZU at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年05月12日

歴戦の艦長たち



 「宇宙戦艦ヤマト」シリーズに登場する歴戦の艦長たちの多くが年齢不詳のふけ顔だ。沖田十三にしても土方竜にしても、設定は50に満たないそうだが、60代を思わせる風貌。ヤマトのオリジナルの放映が1974年だから、当時45歳の納屋悟朗さんが年寄り役に難色を示したそうだが、実は設定年齢は同い年だったとか。
 公式ページのこの写真を見て、自分が沖田艦長の年齢を遥かに越えてしまったことに愕然としてしまったことを記して、「2202」のレビューのしめくくりとしましょう。
posted by KAZU at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年04月30日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(8)

★主題歌
 少し間が開いてしまいましたが、やっとフルコーラスで主題歌を聞くことができましたので、主題歌を一気に。

○オープニング
 ご存知「宇宙戦艦ヤマト」です。「宇宙戦艦ヤマト2202」は故・宮川泰さんの息子さん宮川彬良さんの編曲。
 第1話はオープニングなしで本編開始。第2話〜第13話は宮川彬良さんお得意の吹奏楽のバージョンで演奏されます。宮川泰作曲、宮川彬良編曲、演奏はオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ。重厚さよりも軽快さが際立った編曲です。
 後半第14話〜第25話はささきいさおさんの歌うボーカルバージョン。「2199」と同じではなくて「2202」で新録しているそう。聞き比べると違いが出ていますね。「2199」のさらっとした歌い方と違い「2202」ではオリジナルに近い感じがします。もちろんそれでも1974年のオリジナルから50年以上も経過している訳で、あの勇壮な歌は望むべくもありませんが。歌詞はイスカンダル編完結の後なので2番を採用。ちなみに最終話でもオープニングはありませんでした。

○エンディング
 エンディングは内容に合わせて曲想を変えた曲を採用。劇場版とTV版では構成に違いがあります。

◇「月の鏡」(第1話〜第5話、第16話〜第18話)



作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / テレサ(神田沙也加)。
 歌唱がテレサになっているのでキャラクターソングです。最初の5話で流れるので印象が強いですね。テレサのイメージがよく出ていると思います。



◇「君、ヒトヒラ」(第6話〜第10話)
プロデュース / S.E.N.S. Project、作詞 / 有馬詩乃、作曲 / カワノミチオ、歌 / ありましの。
 イントロなしでいきなり始まるタイプ、各エピソードの終了と同時に視聴者の気持ちをそのままつかんで次のエピソードに引き込んでいくような不思議な魅力があります。

◇「CRIMSON RED」(第11話〜第15話)
作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / 星野裕矢。
 イントロが不安を掻き立てるのですが、歌詞は上向きです。

◇「大いなる和」(第19話〜第25話)



 作詞・作曲・プロデュース / S.E.N.S. Project、歌 / 山寺宏一。
 山寺さんがPVでおっしゃっているように、自身が演じたデスラーとは直接関係のない楽曲になっています。
 自分が子供の頃見たアニメのヒーローを演じた声優さんたちは次々と鬼籍に入る年齢に達し、学生時代に見たアニメのヒーローを演じた声優さんが超ベテランになった今、同年代の声優さんでは一番大好きで尊敬する山寺さん。歌もめちゃ上手いです。

◇「ヤマトより愛をこめて」(第26話)



作詞 / 阿久悠、作曲 / 大野克夫作曲、編曲 / 宮川泰、歌 / 沢田研二。
 エンディングにこの曲が流れ始めた時は「さらば宇宙戦艦ヤマト」を思い出して感動しました。かの作品では多くのクルーを失ったあと、古代と雪は反物質のテレサと共にガトランティスへ飛び込んで消滅、文字通り消滅したそのあとに流れる曲ですからね。音源は「さらば宇宙戦艦ヤマト」当時の音源を使用しているとのこと。沢田研二ほどのスターが曲のタイトルに「ヤマト」を入れるかどうかで一悶着あったのを思い出しました。もう、そんなことはどうでもいいですね。名曲です。
posted by KAZU at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション

2019年04月23日

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(7)



※キャラクター&キャストの最後はガトランティス。

○ズォーダー / 手塚秀彰
 現ガトランティスの大帝。全戦闘員がクローンによる人工生命体で生み出されるガトランティスにおいて特異な存在。先代はガイレーン、次世代にはミル。すべての記憶を受け継ぐとして回想が現代本人のものか分からないところが、存在そのものを理解し難くしている。

○シファル・サーベラー / 甲斐田裕子
 「白銀の巫女」の名で呼ばれる。ガトランティス中枢部を操ることのできる唯一の存在。桂木透子もサーベラーのクローン。

○ガイレーン / 柴田秀勝
 ガトランティスの諜報記録長官。ゴーグルを着けた老人で先代のズォーダー。現ズォーダー以上に思慮深く、先々を憂える。ズォーターを守って死亡。

○ゴーランド / 山路和弘
 テレザート星の守護艦隊の司令官。ヤマト(古代)が波動砲を撃つことはできないと信じており、結局波動砲で消滅する。

○ノル / 比上孝浩
 次代のゴーランド。クローンには親子の概念はないと育てられたが、それに疑問を持つ。波動砲でゴーラントと共に消滅する。その瞬間にゴーラントに抱きしめられた穏やかな表情が印象的。前半部分での本作テーマの描写となっているシーン。

○ミル / 内山昂輝
 デスラーに付き従うガトランティスの若き将校。次代ズォーダーで、デスラー、キーマン、古代、ズォーダーが耳を傾ける中で、解決策を見いだすことができると周りが期待した中、デスラーを救出するために到着したガミラスの兵士に射殺されてしまう。
posted by KAZU at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション