2012年12月15日

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(1)



 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は2010年に放映されたアニメ作品。原作は伏見つかさの同タイトルのライトノベル。監督は 神戸洋行、音楽に神前暁、制作はAIC Build、製作はアニプレックス・ムービック・アスキー メディアワークス・バンダイナムコゲームス。テレビ放映12話+配信版4話の全16話。
 主人公・高坂京介は高校2年生。警察官の父と専業主婦の母、3つ下の妹と暮らしている。ある日玄関で18禁の美少女ゲームを見つけたことがきっかけで、妹の「妹もの」の美少女ゲーム好き、隠れオタク趣味を知ってしまう。学業優秀、陸上選手、モデルという非の打ち所のない妹ながら不仲な妹だったが、妹の秘密を知ってからは振り回されつつも妹のために奮闘する、兄の姿を描く作品。
 テレビシリーズは12話で、京介が妹・桐乃のアルバムを見るという選択で、留学をとりやめてしまうというストーリーで完結させているが、Web配信版では12話で京介が桐乃のアルバムを見ないという選択から別ルート (本来の原作のストーリー“TRUE ROUTE”) から15話の本来の最終回へ繋がるという構成になっている。
 作品そのものは、京介のモノローグの多いちょっと「涼宮ハルヒの憂鬱」風の作風で、不仲な妹ではあるけれど、妹思いの兄の姿を描くことで、18禁のエロゲーにはまる女子中学生の妹、という放送上の問題設定もクリアして余りある好感の持てる作品に仕上がっている。「ヨスガノソラ」のような兄と妹の禁断の仲を描いたものとは大違い。
 桐乃は実は兄さん大好き、というそぶりや表情を見せるものの決定的な台詞や行動はなくて、逆に兄は妹大好きを随所で振りまいているのが何とも微笑ましい。
posted by KAZU at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
再放送中のTRUE ROUTE版を見てますが、関東地方だけなのかな。
Posted by RASCAL at 2012年12月22日 15:50
RASCALさん、こんばんは。

たしかABCで関西もやってたと思います。
僕はDVDでまとめて見てしまいました。
4月からの第2期も楽しみです。
Posted by KAZU at 2012年12月22日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60788171

この記事へのトラックバック