2012年01月30日

「夏目友人帳 肆」第四話「代答」



 「夏目友人帳」も4シリーズ目となると人気シリーズとは言え若干マンネリ化してくるところですが、そこは「夏目友人帳」この第四話は良いお話でした。ストーリーと脚本と演出がぴたっとはまって。
 妖をどう表現するかが一番のポイントですが、「夏目友人帳」に登場する妖は人ではないものでありながら、人の言葉を解し人と同様の感情を持ち合わせる。今回の「代答」はあまりにも人に近かったですね。だからこそ、見ている人をひきつけるものがあったのではないでしょうか。罪の意識と感謝の気持ちと。
 最後に手紙の中身を見るシーンよりもカリカミが修復した文を渡すところで一番うるっときます。
posted by KAZU at 17:56| Comment(4) | TrackBack(1) | アニメーション
この記事へのコメント
同感。
1,2話を見た時点では、マンネリかなーと思ったのですが、これはいいお話でした。
第5話の「過ぎし日の君」も、地味ですけどいいお話でした。
Posted by RASCAL at 2012年02月02日 12:36
RASCALさん、こんばんは。

第5話もいいお話でしたね。
関西はそちらよりも一週間遅れかな。
昨日見たところでした。
Posted by KAZU at 2012年02月02日 23:06
夏目あいかわらずいいですね。私も4話、5話
続けてみてジンときました。
*KAZUさんが放映中のタイトルにふれるのは
めずらしいのでは?
Posted by あびょん・いとう at 2012年02月04日 18:02
あびょん・いとうさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。

二週続けて良いお話でしたね。
さすが夏目。
伊藤静さんもますます磨きがかかってきて
ファンとしてはうれしいです。

一応、現在放映中のものは記事にしない方針なんですが、
今回は夏目にじ〜んときて載せてしまいました。
Posted by KAZU at 2012年02月04日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53368884

この記事へのトラックバック

夏目友人帳 肆「過ぎし日の君に」の「少し幸せだった」
Excerpt: [画像] 夏目が中学の時に少しだけ住んでいた町に住むユリコ。赤点をとるたびに 神社を訪れるユリコが中学時代に夏目と出会ったのも、この神社だった... 放映中の「夏目友人帳 肆」。かわらぬやわらか..
Weblog: おとローグ 日々好日!
Tracked: 2012-02-04 17:59