2011年11月21日

バット・リー



 二人目は池田秀一さんが声を演じる拳聖バット・リー。激獣バット拳の使い手で、翼を持たないコウモリの姿をしている。モットーは「忘我の中に修行あり」。多くの弟子をとったらしいが、多くを語らず自ら進んで教えを説くことがなく、レツに対しても「技を捨てろ」と説いただけで、他には何も言わなかった。シャーフーが「こだわりの男」と言うようにこだわりはあるかもしれないが、美希のいうような頑固で偏屈な感じは受けなかった。前半で戦いに介入したのはドカリヤに乗っ取られたゲキビースト/ゲキシャークの攻撃を受けた時のみ。さすがというか、あっさりとゲキシャークを弾き返してます。
 何と言っても池田秀一さんの声がカッコイイ。映像を見なければ、シャア・アズナブルがレツに修行をつけているような錯覚に陥ります。
posted by KAZU at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50716885

この記事へのトラックバック