2011年10月24日

蟹座キャンサーのマニゴルド



 第1章の終盤に登場した蟹座の黄金聖闘士。教皇の命を受けて、サンクチュアリを脱走したテンマを一旦は捕捉したが、神話の時代ハーデスに唯一傷を負わせた聖闘士としてテンマに賭ける教皇とハクレイによって放免されると、今度は一転テンマを影から守る役を担う。
 教皇セージの唯一の弟子にして、蟹座の黄金聖闘士ならではの積尸気を用いた技の使い手。ちゃらんぷらんなところがあって、口も悪いが教皇の弟子だけあって実力者。テンマ、ユズリハ、耶人を助けたあと冥界へ足を踏み入れ、タナトスと対峙する。圧倒的な神の力に絶体絶命の時、師セージが現れる。死闘の末タナトスを封印するも師弟共に倒れ、魂だけになって、テンマに挨拶し、サンクチュアリに戻ってセージの教皇の仮面と封印したタナトスをシオンに託して消滅する。声を演じたのは小野大輔さん。
 カッコイイ黄金聖闘士ではなかったけれど、印象は強烈です。
posted by KAZU at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49233413

この記事へのトラックバック