2011年10月23日

祭壇座アルターのハクレイ



 もうひとりの裏の主人公が祭壇座のハクレイ。教皇セージの兄でジャミールの一族を束ねる長。黄金聖闘士並の力を持ちながら、黄金聖衣は弟に譲り、教皇の座も弟に譲って裏から教皇とアテナを支える。聖衣を修復する技術を持つことは勿論のこと、蟹座の聖闘士が使う積尸気も操る。牡羊座のシオン、鶴座のユズリハは自分の弟子。
 祭壇座は蠍座の南に位置する星座で、いわゆる南天の星座。蠍座でさえ満足に見えない日本の空では殆ど見ることができない。教皇を補佐する聖闘士とされているが、本編には聖衣のみ登場していて、ハクレイが纏った姿は見なかったような。
 単身、前アテナの血の付いた剣を持ってハーデス城に出向き、群がるスペクターをなぎ倒した。死闘の末、眠りの神・ヒュプノスの封印に成功、ハーデスの結界を無力化しようとしたが覚醒したハーデスに殺される。声を演じたのは堀内賢雄さん。
posted by KAZU at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49217203

この記事へのトラックバック