2011年09月30日

「僕にできること」



 「夏目友人帳 参」終わりましたね。今シーズンは友人帳に名前を書かされた妖怪が名前を返してもらうために夏目に近づいてくるというパターンのエピソードは少なかったです。当然、友人帳の名前を返す場面も少なくなります。「蟲師」と同じく“敵役”という存在がない、ないわけではないのですが、それにかかわるエピソードはほんのわずかで、心あたたまるエピソードが多いのが魅力です。ゲストの声優さんも楽しみでした。
 エンディングは先にご紹介してありますが、オープニングはHOW MERRY MARRYの歌う「僕にできること」。この曲もエンディングに負けず劣らず良い曲です。爽やかな、緑色の風のイメージ。歌詞の中に前向きな夏目の気持ちを表した言葉が散りばめられています。作詞:竹内修、工藤圭一、作曲:工藤圭一、編曲:松岡トモキ、伊藤隆博、HOW MERRY MARRY。
 それから第4期の制作・放映が決まっているようですね。最後にニャンコ先生が「3か月待つのだ」と言ってましたが、その通り1月から4期の放映が予定されています。またまた楽しみです。
posted by KAZU at 08:45| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
第4期はあるだろうと思っていましたが3期の
放映中に発表されたのはびっくり。「蛍火の
杜へ」も大盛況でしたし、人気爆発中なの
でしょう。嬉しい半面、ちょっと女子ファンに
こびた感じになっているのが気になりますね。
Posted by あびょん・いとう at 2011年10月01日 00:26
あびょん・いとうさん、おはようございます。

>ちょっと女子ファンに
>こびた感じになっているのが気になりますね。

確かにちょっと飛ばし過ぎのような気がします。
もうちょっと“間”が欲しいです。

ファンの期待をはずさない造りなので、
いいですが。
Posted by KAZU at 2011年10月01日 08:05
>ちょっと女子ファンに こびた感じに…
原作の掲載誌が掲載誌だけに、そうなるでしょうね。そもそも、キャラ設定も そういう方向ですし。
ボクとしてはもっと媚びて欲しいかな。腐女子、腐兄の皆さんも期待してますっっ(^^ゞ

最終話、面白かった〜 和めたし、チョビも斑も はしゃいでたし。
Posted by t_aki(たみぃ) at 2011年10月02日 08:52
t_aki(たみぃ)さん、おはようございます。

>原作の掲載誌が掲載誌だけに、

そうですね、全然気にしない僕でも
買うとなると一瞬ためらってしまいますもん。

いずれにしても、アニメの質は全く変わらず
視聴者の期待を外さないのでヨシ!
1月を待ちましょう。
Posted by KAZU at 2011年10月02日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48250971

この記事へのトラックバック