2011年08月23日

「困ったなァ」

 「困ったなァ」は1976年にNHKの少年ドラマシリーズで放映されたドラマ作品。原作は佐藤愛子さんのジュブナイル「困ったなァ」、脚本は土井行夫、音楽は熊谷賢一、演出は鈴木孝昌、製作はNHK名古屋放送局、全12話。少年ドラマシリーズで放映された佐藤愛子さんの原作ジュブナイルは集英社文庫のコバルト・シリーズや秋元文庫から文庫化されましたが、全部テレビ放映後だったような気がします。僕は当時「マッティと大ちゃん」は買いました。今は全部絶版のようですね。
 中学1年生の田村モモコは「困ったなア」が口癖の女の子。モモコの日常をおもしろおかしく描いています。特筆すべきはゲストに野口五郎さんが出演されていることでしょう。モモコは野口五郎の大ファンで彼と結婚する妄想シーンもありました。真っ白なウェディングドレス着てました。現実のシーンではモモコが野口五郎にサインももらうシーンで本人が登場してます。
 キャストは田村モモコに「ママの卒業式」の平松里枝子、モモコの母に伊藤友乃、おばあちゃんに津島道子、山本さんに山岸映子、野田三郎に斉藤和樹、正木先生に石井啓一、浅田先生に藤岡ひろ子、野口五郎には本人・野口五郎さん。
 平松里枝子さんのオープニングの冒頭での「困ったなア」のセリフと本当に途方にくれた表情だけが頭に残っていて筋は余り記憶にないです。

「困ったなァ」オープニング (QuickTimeムービー形式です)
posted by KAZU at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47518527

この記事へのトラックバック