2011年06月27日

「ぬらりひょんの孫」(5)



 キャラクターの最後は四国八十八鬼夜行を。

・隠神刑部狸玉章(たまずき) / 石田彰
 四国八十八鬼夜行の長。隠神刑部狸の息子。少年の姿をした残虐な性格の妖怪。四国八十八鬼夜行を率いて奴良組壊滅を図るもその残虐さゆえに部下に見離されて失敗する。父・隠神刑部狸の懇願で延命を許される。

・犬神 / 岡本信彦
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。普段は舌を出した少年の姿をしているが、妖怪の姿は犬。玉章に魔王の小槌で斬られる。

・夜雀
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人、鳥妖怪。ついに一言も発しなかった。百鬼夜行戦で雪女に敗れる。

・袖モギ様 / チョー
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。「土地神殺し」の異名を持つ小柄の妖怪。服の袖を掴まれて振り向き姿を見てしまうと呪いがかけられて殺される。リクオの学友・鳥居夏実を呪ったことでリクオに殺される。

・鉤針女 / 折笠愛
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。髪の毛が鉤針になった女の妖怪。百鬼夜行戦では毛倡妓と戦うが、仲間を次々と斬っていく玉章を止めに入り魔王の小槌で斬られる。

・手洗い鬼 / 斧アツシ
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。巡礼僧の姿をした妖怪で自称「四国一の怪力」。百鬼夜行戦で青田坊に敗れる。

・犬鳳凰 / 竹田雅則
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。炎を操る鶏の妖怪、自称「四国一のキレ者」。三羽鴉に敗北を喫する。

・岸涯小僧 / 後藤哲夫
 四国八十八鬼夜行「七人同行」の一人。小柄の水妖怪。百鬼夜行戦で河童と対峙し敗れる。

・ムチ / 鶴岡聡
 四国八十八鬼夜行の妖怪。狒々を殺し、さらにぬらりひょんを狙ったが部下をゆらに倒され、自身はぬらりひょんの真明鏡止水にはまりドスで刺されて殺される。

・旧鼠 / 子安武人
 「旧鼠組」組長。ネズミの姿をした妖怪。牛鬼にそそのかされ、ゆらとカナを人質にリクオの三代目襲名を放棄させようとした。昼のリクオはそれを飲もうとしたが、夜のリクオは部下を連れて反撃し、リクオに殺される。

・隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶだぬき) / 森功至
 八百八狸の長、巨漢のタヌキ妖怪。四国八十八鬼夜行を築いたが既に隠居の身。ぬらりひょんの旧知。
posted by KAZU at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46368682

この記事へのトラックバック