2011年06月01日

「ドラ猫大将」



 「ドラ猫大将」は1961年にアメリカで放映されたハンナ・バーベラ・プロダクションのアニメ作品。日本では1964年にハンナ・バーベラの一番最初の作品としてNET系列で放映されています。次作の「トムとジェリー」が余りに有名で、数々の賞を取った人気作のために、「ドラ猫大将」の方はちょっと忘れ去られている感があります。でも今一度見てみるとワンパターンのドタバタ活劇の「トムとジェリー」よりもメイン・キャラクター数も多いし味のある良い作品だと思います。原題は「Top Cat」

☆キャラクター&キャスト
・大将/谷幹一
 本作の主人公。ドラ猫横町に住む猫仲間のリーダー。カンカン帽をかぶった黄色の猫。悪知恵をはたらかせて一儲けしようと企むが失敗するというのがストーリーのお約束。
・クロヘイ/和久井節緒
 写真左端の黄褐色(明るい黄土色)の猫。
・ベニ公/三遊亭歌奴
 左から二匹目、ずんぐりした青い猫。
・チュウチュウ/立川談志
 左から四匹目、細身のピンクの猫。
・サンタ/長門勇
 右から二匹目、茶色の猫。
・オタマ/向井真理子
 右端のオレンジ色の猫。ちょっと抜けたところがあるけど憎めないキャラ。僕はこのオタマが一番好きでした。
・ディブルさん
 大将たちが住んでいる町の巡査。恐そうな顔をしているけど、恐ろしい人物ではなくて気のいいおまわりさんです。

☆主題歌
 主題歌は「ドラ猫大将」で鈴木やすしさんが歌ってます。


ワハハ 俺らは陽気だ
ワハハ 金はないけど
めかして いかして お出かけだい
ノラ猫 チビ猫 ついておいで
ワハハ インチキ悪戯大好きだい
猫の中の猫 俺らはドラ猫
エヘン 大将!
さあさ 俺らのお手並みみておくれ
それでは!
posted by KAZU at 08:45| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
連日の「懐かし」アニメで嬉しいです。
「ドラ猫」は再放送をみていたのか、記憶
が鮮明です。オタマやベニ公のしゃべり方
が特に好きでした。オープニングも
しゃれていて、当時の私にはある種あこ
がれのライフスタイルだったような。
Posted by あびょん・いとう at 2011年06月01日 23:51
あびょん・いとうさん、こんばんは。

声を当てている方々がアニメ声優がまだ確立して
いなかった時代で、今から見れば異色ですよ。
確かにオープニングはしゃれていましたね。
Posted by KAZU at 2011年06月02日 04:11
どら猫大将の日本語の主題歌が聞きたい!日本語の吹き替えビデオが見たい!! と、探し回っていますが無いんですよね・・・。TopCatはDVDを持っていますが日本語のが見たいんです!!どなたかお持ちではないですか?? いやあ、大好きでした!
Posted by June at 2017年04月25日 02:04
Juneさん、いらっしゃいませ。

日本語の吹き替えがなんとも味があってよかったですね。
本国アメリカのは手に入りますが、日本語販はないですね。僕はテレビから録音した主題歌は持っていますが、他に音源はみつかりません。
Posted by KAZU at 2017年04月25日 06:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45645360

この記事へのトラックバック