2011年04月24日

「24歳のノボルくんへ…」



「24歳のノボルくんへ、15歳のミカコだよ」

 GyaO!で「ほしのこえ」の無料配信をしていたので久しぶりに見てみました。考えてみれば残酷な物語で、離ればなれになった二人が再会できる可能性はあるものの、それは全く描かずにブツンと24歳のノボルの日常で物語を切断しています。
 ずっと日常なんですね。ミカコはコクピットの中でもずっと制服のままで、学生時代のノボルもずっと制服のままで。
 携帯電話は中継のシステムがないと使い物にならない程に出力は微弱。中継のない8光年余り先の宇宙空間から送信した電波が地球に届いたというだけですごいと思います。
 これまた久しぶりにサウンドトラックCDを引っ張りだしました。これは今ではかなり貴重品かな。DVDはたぶんどこでもレンタルできるし、未鑑賞の方は是非。
posted by KAZU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517783

この記事へのトラックバック