2011年03月29日

「ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ」(1)



♪終了直後の作品から。

 「ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ」は2010年に放映開始された少女向けテレビアニメ。原作はセガ・小学館が発売したカードゲーム「リルぷりっ ゆびぷるひめチェン!」、監督は森脇真琴、音楽は村松崇継、制作はテレコム・アニメーションフィルム、製作はテレビ東京、小学館集英社プロダクション、トムス・エンタテインメント、全51話。
 おとぎの国でハピネストーンが失われておとぎの国が荒廃し始める。国の危機に女王様はセイ、ダイ、リョクの三匹の魔ペットに人間界へ行ってプリンセス少女を捜すように命じる。魔ペットたちは主人公の雪森りんご、高城レイラ、笹原名月に出会い、三人は女王様からおとぎの国の危機を伝え、ハピネストーンを集めるようにと運命を託することになる。りんご、レイラ、名月の三人は人々を幸せにするために「リトルプリンセス」にひめチェン(変身)する。各エピソードの流れは事件(トラブル)でマイナス指向の心をリトルプリンセスの歌がハッピーにして人々の心からハピネストーンが生まれ出るというもの。見どころは3D映像によるリルぷりのダンスと歌。
 震災報道のために最終回がズレていて、先日は「えっ!なんでやってるの?」という感じでした。最後は僕の思っていたのとは異なる展開で終了してしまい興ざめでした。どちらかというと「東京ミュウミュウ」のような現状維持の形で終わってほしかったです。
 りんご、レイラ、名月の声を演じるのはスマイレージの和田彩花、前田憂佳、福田花音で、劇中の歌はもちろんのこと、オープニング、エンディングも歌っている。クレジットはリルぷりっ。
(つづく)
posted by KAZU at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517391

この記事へのトラックバック