2010年06月05日

「けいおん!」〜番外編 ライブハウス!〜



 「けいおん!」の第1期は全部で13話で、第12話が「最終回 けいおん!」で実質上の最終回になっています。第13話が「番外編 冬の日!」でのんびりまったりした雰囲気で軽音部の面々の日常を描いています。第2期はこの雰囲気をそのまま引き継いだ形で展開しているんだな、と思う。DVDが発売され、これにはテレビ放映されなかった第14番目のエピソード「番外編 ライブハウス!」が収録されています。
 12話が学園祭、13話が2学期の期末試験の後で、時系列としてはその後、年末の様子を描いています。律のドラマーの友人がライブハウスでの大晦日のレディスバンドのライブに誘います。大晦日まであと1週間しかなく、律と唯が賛成、澪と梓が反対しますが、紬が賛成したことでライブに出演することに。エピソードの中心はライブに出演するまでの経緯に加えてメンバーやその周囲の人たちの思い出話をまじえ、ライブそのものの描写はほんのわずか。ライブの後、唯の家に押しかけたメンバーとさわちゃん先生。新年を唯の家で迎え、初日の出を見て物語は終わります。
 「けいおん!」は唯を中心にして5人のメンバーの成長を描いていくのですが、学校を離れたところは見せてくれません。視聴者にとっての謎は謎のままで終わってます。律の弟が13話で登場したくらいですか。唯と憂の両親は出てきますが顔は見せていないし、家の事情もさっぱりわかりません。憂がいなければ唯は生きていけるのか?と思ってしまうくらい。第1期の心配事はここに尽きます。
posted by KAZU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517208

この記事へのトラックバック