2010年05月06日

「宙のまにまに」(7)



 「宙のまにまに」はジャンルとしては学園ラブコメでしょうが、原作のストーリーをかなり飛ばして追っているということなんでしょう、全12話で1年を経過しているにもかかわらずストーリー的に何にも進展していないという印象が強いです。美星と朔の関係もそう。朔と姫の関係もそう。それでもそれぞれのキャラがそれぞれに成長しているところが見えます。特に文江は変化が大きいですね。
 そんな中で一番のラブコメらしいシーンというと最終回のこの人でしょう。近江あゆみは一番好きなキャラと書きましたが、万人考えることは同じようで、人気投票でも一位のようですね。

健康「ありがとう、近江さん。でも、どうしてこんなによくしてくださるんですか?」
あゆみ「それ、わたしに言わせる気?」
健康「えっ」

 「それ、わたしに言わせる気?」---この台詞が効いてます。
posted by KAZU at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517181

この記事へのトラックバック