2010年04月04日

「鉄人28号」の勇姿



 昨日、高校の先輩・後輩と会って食事を共にしたのですが、その時に後輩のひとりと話題になったのが「鉄人28号」の鼻の形。鉛筆の先のように尖っているのは実写版でも、アニメ初代版でも同じですが、その後は随分とスマートな洗練されたデザインとなりました。アニメ第4作目は再び舞台を昭和30年代に戻し、キャラクターを含めて初代に近い形へ戻りました。ストーリーは原作とは大きく異なりますが。
 ということで歴代の鉄人28号を集めてみました。@は初代モノクロ時代の鉄人(1963-1966年)。Aは「太陽の使者鉄人28号」(1980-1981年)。Bは「超電動ロボ鉄人28号FX」(1992-1993年)。Cは「鉄人28号」(2004年)。勿論僕にとっては初代の作品が一番印象深い訳ですが、その次は「太陽の使者」でしょうか。アニメ化第2作として主題歌レコードも買いました。最後の2004年版は深夜枠だったので話題性は高かったですが殆どみていません。確か原作者の横山光輝先生が放映中に亡くなったのでしたね。
posted by KAZU at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517149

この記事へのトラックバック