2010年01月31日

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」



 2004年に「魔法少女、はじめました。」のキャッチコピーで始まった「魔法少女リリカルなのは」。テレビシリーズが3本製作されて、今頃なんで劇場版・・・と思いつつも、ちょっと理由あって半分現実逃避で行ってきました。大変盛況で満席。観客の大半が二十代と思われる男性が占めるという異様な雰囲気。しかし本編がスタートした後はもうストーリーに没頭してしまいました。ストーリーはテレビ版第1期を踏襲しているので分かっているのですがジーンときます。大きな違いはなのはとフェイトの目が大きくてかわいすぎるところ、小学三年生のなのはがますます大人っぽく、魔法少女がさらに魔砲少女化してバトルアニメになっているところでしょうか。涙、涙、涙、でぬぐうのが大変でした。一人で行って正解。
 企画・製作はNANOHA The MOVIE 1st PROJECT、監督は草川啓造、音楽は佐野広明、アニメ制作はセブン・アークス、アニプレックス配給、カラー130分。キャストはテレビシリーズとほぼ同じ。

☆キャスト
 テレビシリーズと比べて違っているなぁと感じたのはフェイトの母・プレシア・テスタロッサですね。テレビ第1期ではアリシアに対する回想やフェイトを作り育てた回想はなく、あんなに憂いに沈んだ表情は見せなかったです。テレビシリーズでは高町家の面々やアリサとすずかの登場場面も多かったのですが、そこは劇場版でちょっと残念。リンディ艦長は相変わらず同じで最終場面では艦を出て現場へ出向いており、日本茶に砂糖とミルクを入れるのは変わらない。

高町なのは/田村ゆかり
フェイト・テスタロッサ/水樹奈々
ユーノ・スクライア/水橋かおり
アリサ・バニングス/釘宮理恵
月村すずか/清水愛
アルフ/桑谷夏子
プレシア・テスタロッサ/五十嵐麗
リンディ・ハラオウン/久川綾
クロノ・ハラオウン/高橋美佳子
エイミィ・リミエッタ - 松岡由貴


☆主題歌
 主題歌はテレビシリーズから離れてオリジナルですが、本編中でテレビシリーズのエンディング「Little Wish 〜lyrical step〜」のインストルメンタルが使われていて懐かしかったです。
・主題歌「PHANTOM MINDS」(水樹奈々作詞、吉木絵里子作曲、陶山隼編曲、歌は水樹奈々)
・エンディングテーマ「My wish My love」(椎名可憐作詞、太田雅友作・編曲、歌は田村ゆかり)
・挿入歌「Don't be long」(矢吹俊郎作詞・作曲・編曲、歌は水樹奈々)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44517118

この記事へのトラックバック