2009年03月22日

マゼラン星人・マヤ


 「ウルトラセブン」の名エピソードのひとつ、第37話「盗まれたウルトラ・アイ」に登場した異星人の女性。人間の少女の姿で登場、本編ではその正体を見せていない。テレパシーでダンと会話している。「地球は侵略する価値もない狂った星」。
 マゼラン星が地球へ放った恒星間弾道弾を目標どおり着弾させるため、妨害する可能性があるダンからウルトラ・アイを奪う任務を帯びて地球へ来た。ウルトラ・アイを奪うことに成功し、母星へ「ダイイチニンムハ カンリョウシマシタ。ムカヘノ エンバンヲ オクッテクダサイ」と通信を送るも返信がない。更に、「ムカエハ マダカ」と通信を送る。「コウセイカン ダンドウダン スデニハッシャセリ。ムカエニ オヨブジカンナク・・・」と母星から返信がある。これを傍受したダンは「この星で生きよう、この星でいっしょに」とマヤを説得する。無言でウルトラアイを返すマヤ。変身してミサイルの軌道を変更したダンが戻ってきた時、既にマヤは自害した後だった。
 マヤを演じたのは吉田ゆり(現・香野百合子)さん。1951年生まれだそうで、セブン放映時は設定と同じく16、7歳ですね。
posted by KAZU at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ウルトラセブン
この記事へのコメント
こんばんは。
「盗まれたウルトラ・アイ」このエピソードも胸に残る話でしたね。マゼラン星の少女・マヤは狂った星・地球を破壊する為、邪魔になるウルトラセブンの変身アイテム・ウルトラアイを奪い取る為に地球へ送られてきましたが、彼女は少なくとも自分の任務に疑問を抱いていた筈です。本当に地球が狂った星なら、何故セブンは守ろうとするのか?

そして、彼女は見ました。プラネタリウムという文化施設、そこで純粋に宇宙の星々に目を向けている人々、自分よりも年少の少年少女達、他の星々に友好的なアナウンス(自我自尊な言い方にも聴こえますが、他の星々を友人と認めているのは分かります)。
地球人は荒廃的な人間達ばかりでは無い。だからこそセブンは地球を守る。マヤにはそれが分かった筈ですが、母星の上層部に不信感を抱きつつも彼女はそれに従わなければ生きていけない。だから彼女は己を隠して終始無表情を貫いていたのでは。

最終的にマヤは母星(上層部)から見捨てられるのですが、彼女の迎えを求める通信に迎えは無理と返信をよこしたのは彼女に友好的な善良な者だったと思われます。彼女に危機を伝えれば彼女は自分で対処すると見ての事でしょう。
そして、彼女はダンにウルトラアイを返しダンはセブンに変身、恒星間弾道ミサイルの進路は変えられ地球は危機を逃れます。

危機が去ったのを確認した後、マヤは自害してしまいます。同じ宇宙人の自分が他所の星でも生きているというのに何故マヤにはそれができなかったのかとダンは嘆きますが、マヤにしてみれば生きる為とはいえ犠牲にしようとした(冒頭の運転手さんは亡くなったかもしれない)地球の人々の恩恵を受ける訳にはいかなかったのでしょう。
地球がダンにとって「第2の故郷」であっても、マヤにとっては「他人の星」なのです。後に地球人が彼女のような運命を辿らない為には裏切りの無い世界を作らなければいけないのですが、それはなかなかできないようですね。
Posted by A-chan at 2020年10月23日 22:32
A-chanさん、こんにちは。

このエピソードは本当に印象深いお話でした。
セブンが怪獣や異星人と戦闘をしないという少ないエピソードの中でも秀逸です。
マヤがウルトラアイを返すに至った事情は余りに悲しいですね。おそらくマゼラン星では最初から使い捨てのつもりだったのでしょう。
Posted by KAZU at 2020年10月25日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516846

この記事へのトラックバック