2008年04月10日

Ultraseven X



 「UltrasevenX」は2007年10月から12月にかけて深夜枠で放映された円谷プロ製作の特撮テレビドラマ。「ウルトラセブン」生誕40周年記念番組。製作は円谷プロ、中部日本放送、ULTRASEVEN X PROJECT、監修は円谷一夫、監督に八木毅、鈴木健二、梶研吾、小中和哉、全12話。
 舞台は我々の世界によく似た並行世界、いわゆるパラレルワールドで我々の世界よりも進んだ科学を持った人類が統一された国家によって情報コントロールされて、平和に暮らしていた。しかし、地球を狙う侵略者の侵入は後を絶たず、地球に侵入したエイリアンを一般市民には知られないよう秘密裏に捜査して処分する組織「DEUS」(デウス)が存在していた。隊員はエージェントと呼ばれ司令からの命令を受けて行動していた。物語の前2/3は主にジン、ケイ、エスの3人のエージェントの活躍を描く。残りの1/3で物語の核心、赤い巨人(ULTRASEVEN X)の秘密を描く。

☆ジン
 DESUのエージェント、コードネーム「ジン」。第1話から記憶を失って登場する。謎の女エレアからウルトラアイを受け取り救世主赤い巨人に変身する能力を得る。国家の極秘プロジェクト「Aqua Project」とその陰謀を調べ知るに至って一旦殺害されるが、その陰謀を知った我らの世界のセブン(モロボシダン)がパラレルワールドへ入りジンの体へ入ったことによって甦る。最終回ではセブンが我らの世界へ帰還することによって、記憶を完全に取り戻した。演じるのは沖縄出身の与座重理久さん。
☆エレア
 ジンの恋人。ジンが殺され、記憶を失って甦った後は、ジンの意志を受け継いで「Aqua Project」とそれにまつわる陰謀を探り、ジンに力を貸す。演じるのは加賀美早紀さん。
☆ケイ
 ジンとパートナーを組むDEUSのエージェント。沈着冷静、感情を差し挟まないプロ中のプロ。演じるのは脇崎智史さん。
☆エス
 DEUSのエージェント。潜入捜査を得意とする女性。ジン、ケイに負けるとも劣らない戦闘術を披露する。チョコレートが好きでいつも携帯しパクパク食っている。最終回ではケイと共に自爆してDEUSの基地を破壊しようと決意した時はケイの手を握って女性らしい一面をのぞかせた。演じるのは伴杏里さん。
☆司令
 DEUSの司令官でビデオシーバーを通して命令を伝え、声のみで姿を見せない。いつも的確な命令を伝えていたものが、最終回で本部に潜入したケイとエスに対して「よくここまで来た」「最後の指令を下す、ここで死にたまえ」と本性を現している。声を演じたのは夏木陽介さん。

 全編にわたって暗く重い雰囲気のストーリーで、最終回はハッピーエンドであったにもかかわらず、最後まで明るく期待の持てる未来、楽しいシーンはなかった。強いて言えばEpisode7 "YOUR SONG" 一話だけはスキッと気分の晴れたエピソードだった。このエピソードとULTRASEVEN Xの謎については改めて記事にしたいと思う。
 主題歌については先に既出記事参照。
posted by KAZU at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516591

この記事へのトラックバック