2007年12月27日

dreamのアニメ主題歌



 avexのオーディションから20世紀最後の年、2000年1月1日にデビューしたdreamですが、2008年1月1日でデビュー8周年を迎えます。何といってもバックがavexということでテレビ番組とタイアップした曲が多いですが、中でも「ヒカルの碁」のオープニング「Get Over」は好きな曲で、今でも時々聞いています。「Get Over」が流行っている当時、CMでのイメージソングも多いdreamの大きなディスプレイが小学校の近くの店舗の広告スペースに掲げられていたので毎日のように見ていました。しかしながら、歌っている姿は全く見たことがなくて、最近パソコンのスペックを上げてネット上の動画を見ることができるようになり、先日見た「Music is My Thing」は新鮮でした。移籍してからはアニメ主題歌とは縁がなく寂しいのですが、今年グループ名を“DRM”に改名、これからも頑張ってほしいところです。

「My will」
デビューした年の秋 (2000年秋)に「犬夜叉」のエンディングとして流れた曲。「犬夜叉」の主題歌としても、エンディングとしても、アニメ作品によくマッチした曲だと思う。
♪そっと目覚める・・・
メンバーの松室麻衣の作詞、作曲はy@suo ohtani。
(Read More につづく)
「Get Over」
先にご紹介したように「ヒカルの碁」のオープニング。
♪きみが今 僕をささえて
♪僕が今 君をささえる
松室麻衣作詞、BOUNCEBACK作曲、2001年の作品。

「SINCERELY 〜ever dream〜」
同じく「ヒカルの碁」のエンディングとして流れたのがこの曲。
松室麻衣作詞、菊池一仁作曲、2002年の作品。

「MUSIC IS MY THING」
2003年、“新生dream”と呼ばれた時の最初の曲でしたっけ?
これも「ヒカルの碁」のエンディング曲ですが、そのままオープニングにもっていっても通用するくらいのノリの良い曲です。 さすがに人数が増えただけパワーの感じられる曲。レンタル落ちでCDを買ったんですが、コピーコントロールだったし、処分しちゃいました。今となっては惜しまれます。
John Sauli・Yuko Ebine作詞、Fonny De Wulf作曲。

「I ♥(ラブ) ドリーム world」
放映時間の関係で殆どエンディングしか見ることができなかった「アソボット戦記五九」のオープニング曲。編成が変わってちょっと一息ついた頃の曲。残念ながらオープニング映像を一度も見たことがありません。アレンジがCDのものとは違うらしいのですが、そう聞くと是が非でも一度見てみたいもの。
音羽志保作詞、迫茂樹作曲、2003年のナンバー。
posted by KAZU at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516483

この記事へのトラックバック