2007年11月30日

Number One

 音声多重放送が一般的になり、海外の作品をオリジナル音声で聞くことができるようになったのは大変嬉しいことです。日本語に訳されてしまうと本来の意味やニュアンスが正確に伝えられているか疑問です。前にも何かの機会に書いたと思いますが、アメリカでは職場でも名前で呼ぶのが普通で「スパイ大作戦」の謎の指令は「おはよう、フェルプス君」とは言っていなくて、「グッドモーニング、ジム」と名前を呼んでます。



 「新スタートレック」で一番ひっかかったのが「Number One」という呼称。副長のウィリアム・トーマス・ライカーに対しては日本語では「ライカー副長」や単に「副長」とファミリーネームプラス階級で呼ぶのが多いけれど、英語の方では愛称の「ウィル」や階級の「コマンダー(Commander・中佐)」が多用されてます。その中でピカード艦長だけがライカー副長のことを「Number One」と呼ぶ場面が度々ありました。宇宙艦隊の階級はアメリカ海軍のものに倣っているようですが、この「Number One」は英国海軍の副長を指す言葉だそうです。艦長を除くクルーの中で一番階級の高い人を意味するらしいですが、これなどは英語で聞かない限りわからないことです。
posted by KAZU at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516456

この記事へのトラックバック