2007年02月07日

「竹取物語」



 「竹取物語」は1987年、東宝系で公開されたSFファンタジー作品。監督は市川崑さんで、市川監督と三船敏郎さんの初顔合わせ、豪華キャストで話題を呼んだ作品。製作は東宝映画・フジテレビ。そして文部省選定となっている。僕も劇場へ見に行った。
 「竹取物語」のあらすじは日本人ならまず知っているだろうし、「竹取物語」をモチーフにした作品も多い。興味はストーリーではなくてキャストのお芝居と市川監督の描き方だろう。そしてもうひとつ「竹取物語」の省略されることの多い真ん中の部分、求婚者が姫から難題を出されてそれを解決するために旅に出るシーンがどのように描かれているかが一番興味があった。
 時代は8世紀末、竹林の側に住む“竹取りの造”とその妻“田吉女”は5歳の娘加耶を亡くして沈んだ毎日を過ごしていた。ある満月の夜に閃光が走り竹藪に何かが落下する。竹取りの造が竹藪に入ると黄金色の金属物体がありその中に女の子が入っていた。水晶の珠を握りしめた女の子はみるみる成長して5歳の少女になった。造は娘を家に連れ帰ると妻は「加耶と呼んで育てましょう」と訝る造を承知させる。
 人間離れした行動を見せる加耶。加耶を包んでいた金属が黄金であることがわかり、造はそれを少しずつ売って蓄えを増やしていった。そんなある日、家に帰ってみると加耶はいつの間にか十七歳の娘に成長していた。造は人目につかないようにと都から離れたところに屋敷を建て移り住んだが加耶の美しさに噂が広まり、車持皇子、安倍右大臣、大伴大納言の3人が求婚する。加耶は知り合った盲目の少女明野から求婚をさけるためにこの世の三大奇宝である「蓬莱の玉の枝」「火鼠の皮衣」「竜の首の玉」を条件にしてはどうかと言われる。車持皇子は「蓬莱の玉の枝」を安倍右大臣は「火鼠の皮衣」を大伴大納言は「竜の首の玉」を求めて難波津の港から旅立つ。先の二人が持ち帰った物は偽物で、絶対に燃えない「火鼠の皮衣」が燃えるシーンは実に愉快だった。大伴大納言は天竺の海で竜との格闘の末に何も持ち帰らず戻ってくる。
 一方満月の夜、加耶の水晶珠が光り、無機的な音を発し始める。そしてそれを聞いた加耶は月を眺めて深い溜め息をつく。心配する造夫婦に加耶は黙ったまま月を指さすのだった。「お前は月からきたのか?」妻は月と加耶の間を断ち切ればと水晶珠を湖へ捨ててしまう。しかし、そのせいで加耶は死んだように横たわり動かなくなる。命からがら戻った大伴大納言は「珠は加耶に戻すべきです」と湖へ潜り珠を取り戻してくる。加耶は大納言の愛を確信するのだが・・・。
 次の満月、月からの迎え(宇宙船)がやってくる。竹取りの造は帝に助力を頼むのだが、月からの使者の圧倒的な力に為す術もない。月へ帰ることがつらい加耶であったが、
「人間の真ごころ、忘れません・・・」と宇宙船に乗り去っていく。

 キャストは加耶(かぐや姫)に沢口靖子、竹取の造に三船敏郎、妻・田吉女に若尾文子、帝に石坂浩二、皇后に岸田今日子、大伴大納言に中井貴一、車持皇子に春風亭小朝、安倍の右大臣に竹田高利、盲目の少女・明野に小高恵美、密偵・理世に中村嘉葎雄、理世の妻に横山道代、僧上道尊に伊東四朗、商人の宇陀に常田富士男、藤原大國に加藤武、彫金師に山口弘知、坂上太政大臣に浜村純、村の長者に出光元、小野房守に井上博一、五歳の加耶に中野美穂、他。
 映画の見どころは、まず最初のかぐや姫が入っていた黄金のおくるみ(筍形)。竹の節から生まれてこないところが斬新かつ真実味があるところ。この輝きが神々しい。それから宮中の素晴らしい衣装。皇后の十二単や帝の衣装は贅を凝らしたもので衣装全体で2億5千万円もかけたそうだ。三つ目に天竺の海での大納言と竜の戦い。竜が実に見事、怪獣映画顔負けだ。四つ目に最後のシーン。宇宙船から姿を見せた宇宙人がファンタジーらしい姿ながらどこかリアルでSFタッチ。宇宙船も超現実的な姿をしていて8世紀の日本の風景と激しく対比している。最後に上昇していく宇宙船が蓮花の形に変わるあたりは、再びファンタジーの世界へ視聴者を引き戻してくれる。
 最後の主題歌だが、シガゴのメンバーであったピーター・セテラの歌う「STAY WITH ME song for KAZUYA姫」。愛をテーマにした「竹取物語」の“愛”を高らかに歌うバラード。

STAY WITH ME
words & music by John Lewis Parker & Bobby Caldwell

How can you say it's over
What can there be that we can't overcome
Why do you turn away
Are you so afraid of needing someone

Don't we say forever
I still believe the feeling's strong enough
Before you walk away
Let me hear you say you don't need my love

Stay with me
Darlin' after all that we've been through
Nobody else can warm your lonely nights
No ones gonna love you like I do
Stay with me
Can't you see we've got too much to lose
Oh stay with me
Stay with me
Baby please

posted by KAZU at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516155

この記事へのトラックバック