2006年12月20日

ウルトラ警備隊〜平成ウルトラセブン〜

 「ウルトラセブン」のウルトラ警備隊というとキリヤマ隊長以下、フルハシ、ソガ、アマギ、アンヌ、ダンの6名だが、平成ウルトラセブンになって時は流れて・・・。
 次期隊長になったのがフルハシ隊長(毒蝮三太夫)。1994年のテレビスペシャルで放映された「太陽エネルギー作戦」でのこと。この時は残念ながらモロボシ・ダンは登場していない。隊員にカジ(影丸茂樹)、リサ(鈴木亜美)、トーゴー(松山鷹志)の3名。いずれもフルハシ隊長を支えて、活躍する優秀な隊員達だった。特にリサ隊員はアンヌ隊員とは異なり格闘技にも長け、エレキング攻撃に際してもウルトラガンを持って防衛軍の陣頭指揮を執っていた。ダンは出演していないがアンヌ(ひし美ゆり子)は登場する。ひし美さんが自らの著作でこの時セブンを応援して呼びかけるのに「セブン!セブン!」と叫んでいるが、ここは「セブン」ではなくて「ダン」であるべきだったと述懐している。
 次作、「地球星人の大地」でもウルトラ警備隊の面々はフルハシ隊長以下同じメンバーだ。この作品ではダンとフルハシが再会している。
 1998年の「ウルトラセブン3部作」ではさらに時は流れて、かつての参謀タケナカ(佐原健二)は長官に、フルハシは参謀に昇格。ウルトラ警備隊の隊長にはシラガネ(南条弘二)、隊員はカザモリ(山崎勝之)、シマ(正岡邦夫)、ミズノ(古賀亘)、サトミ(鵜川薫)、ルミ(あだち理絵子)というメンバーに。このメンバーは「Evolution5部作」まで変わらず登場することになる。「1999最終章6部作」でカジは参謀に昇格して登場、「Evolution5部作」ではカザモリが退役、ユキ隊員(勝村美香)が加わり、サトミ隊員が殉職するという展開となる。
posted by KAZU at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ウルトラセブン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516112

この記事へのトラックバック