2006年10月25日

「魔法少女リリカルなのは」(1)

 「魔法少女リリカルなのは」は2004年に深夜枠で放映された魔法少女ものアニメです。原作は都築真紀/ivory、アニメ制作はセブン・アークス、全13話。
 このアニメの特徴は土日の朝枠などの幼児・小学校低学年向けアニメと比較すると、すごく丁寧なつくりで絵がきれいなこと。さすが21世紀の魔法少女ものという感じです。それからキャラクターが男性はかっこよく、女性はみんな美少女系です。そして年齢設定がみんな若い。なのはの両親などは子供たちが大きいのにもかかわらず新婚気分が抜けない二人で、特にお母さんはキャピキャピ。年齢設定はあり得ない程若く、なのはは小学校三年生という設定ながら、同級生のすずかやアリサとの会話だけを聞いていればとてもとても三年生などとは思えません。最低でも五年生クラスの会話。中学一年生かと思うような高度な会話を交わしてます。
 主人公の高町なのはに田村ゆかり嬢。僕はやや大人っぽい声の田村さんの声が好きですが見事に魔法少女を演じてます。敵役フェイト・テスタロッサに水樹奈々さん。こちらも若手の歌う声優さん。主題歌も歌ってます。物語の発端を持ち込んだ異世界の少年ユーノ・スクライアに水橋かおりさん。水橋さんは少女の役がハマリ役ですが、この作品で少年を演じて高い評価を得ています。物静かな大人の女性を演じてもまたいい味を出す方です。なのはの父・高町士郎に一条和矢、なのはの母・高町桃子に天野エリカ、なのはの兄・高町恭也に緑川光、なのはの姉・高町美由希に白石涼子、なのはの同級生アリサ・バニングスに釘宮理恵、同じく同級生月村すずかに清水愛、。導入部に登場するのはこのあたりまででしょうか。
 詳しくはオフィシャルページをみていただくとして、順次「リリカルなのは」の魅力をご紹介していきたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516059

この記事へのトラックバック