2006年10月23日

「宇宙人ピピ」



 「宇宙人ピピ」は1965年にNHKで放映された実写とアニメの合成作品。原作は小松左京氏、制作はテレビ動画、脚本を平井和正氏がてがけている。全52話。
 ちっちゃな円盤でやって来た、これまたちっちゃな宇宙人ピピが巻き起こす騒動を楽しく描いている。ピピの存在を知っているのはピピと出会った家族だけ。ところがこのピピはそういうことはおかまいなしに円盤で町の中へ出て行く。体の調子が悪くなった時などは病院へ行ったはいいが、頭が痛いのって頭を外して差し出すから、さあ大変。円盤とピピがアニメで実写と合成されている。
 ピピの声を中村メイコさんが演じ、他に北条文栄、安中滋らが出演。 安中滋さんはかすかに覚えているが、ピピの顔と声が強烈な印象で小学生低学年だったこともあって他はあまり覚えていない。
 オープニングに「宇宙人ピピ」。 若林一郎作詞、冨田勲作・編曲、歌は中村メイコとコロムビアゆりかご会。他にも挿入歌などがあったようだが、記憶に残っていない。

ピッ ピッ ピ ピ ピ
ピッピキピ ノ ピッピ
ほら 星くずに
そら のってきた
いたずら坊主の宇宙人
ぼくらと遊びに きたきたそらきた

posted by KAZU at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44516057

この記事へのトラックバック