2005年12月23日

「ブロッカー軍団IV マシンブラスター」

「ブロッカー軍団IV マシンブラスター」は1976年から1977年にかけて放映されたロボットアニメ。制作は日本アニメーション。日本アニメーション初のロボットアニメということだが、実際は制作委託でしょうね、何となく背景の描き方などが某社と同じ雰囲気がある。全38話。
 ブロッカー軍団は由利博士がモグールに対抗するために作った4体のロボット軍団。ボスパルダー、サンダイオー、ブルシーザー、ロボクレスの4体で、操縦を担当する者のエレパスによりその能力を最大限に発揮する。
 僕が大学受験を控えた年の作品で余り見ていないが、主題歌もちょっとしんきくさい、歌いにくい曲、ストーリーの描き方もイマイチだった印象が強い。歌詞のなかで歌われる「円月回転」「一文字くずし」「不動組み」の必殺技も全然記憶に残っていない。
 キャストは主人公・飛鳥天平に安原義人、石田厳介に玄田哲章、ビリー剣城に津嘉山正種、早見仁太につかせのりこ、北条ユカに麻上洋子、由利博士に加藤精三、ピコットに小宮和枝、ゴライアスにたてかべ和也、他。
 オープニングはヒデ夕樹が歌う「ブロッカー軍団マシンブラスター」でとくら清和作詞、小林亜星作曲、筒井広志編曲、コーラスに東映児童合唱団。エンディングは少し演歌の匂いを漂わせる「男・天平の唄」で武者浩作詞、小林亜星作曲、筒井広志編曲、歌は北原浩一。アニメ主題歌としては異色の曲でおもしろいのだが、これを天平(安原義人氏)が歌っていればもっとよかったろう。
posted by KAZU at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515760

この記事へのトラックバック