2005年08月25日

「まんが水戸黄門」



 「まんが水戸黄門」はテレビドラマ人気にあやかってか、1981年に「水戸黄門」のアニメ版としてテレビ東京系列で放映された。内容を子ども向けに設定し、さらに面白おかしく、演出も大げさ。特に印籠を出すシーンは「巨人の星」の左門豊作のシーンでバックに鯨が出現するような、葵の御紋がバーンと出ます。劇画調でないのが笑えるところですが。勧善懲悪、子供に訴える主題をもってきて、それなりに描ききった。制作はテレビ東京・ナック、全46話。
 キャストは水戸黄門に杉田俊也、助三に鈴置洋孝、角之進に池田勝、捨丸に松岡洋子、鈍兵衛に竜田直樹とややマイナーのところでかためている。角助の二人はどうみてもあの魔球を投げる投手とその相棒。
 オープニングは「ザ・チャンバラ」。荒木とよひさ作詞、土持城夫作曲、羽田健太郎編曲、歌は塚田三喜夫。時代劇を微塵も感じさせないモダンな音運び、イントロを聞くとSFものかと思ってしまう。ハネケンさんの編曲が光ります。エンディングは「ビューティフルモーニング」で荒木とよひさ作詞、羽田健太郎作・編曲、歌は塚田三喜夫。こちらは爽やかなメロディ。オープニングにしてもいいかなと思うくらい。歌詞がすばらしい。このアニメがマイナーなために埋もれてしまっているがなかなかの秀曲だ。

 鳥は光を食べて生きている
 雲は空を泳いで生きている
 ビューティフルモーニング
 生まれたての朝
posted by KAZU at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515634

この記事へのトラックバック