2004年12月23日

ゴ・ガドル・バ

 グロンギ族の最後を飾って、いよいよ僕の一番好きなこの怪人をご紹介。(笑)
 ゴ・ガドル・バはカブトムシ種の怪人で未確認生命体第46号。クウガと同様に超変身する。格闘体、射撃体、剛力体、俊敏体と目の色と武器が変化。変電所の電気を吸い取って金の力を手に入れ電撃体にも。剛力体の剣はクウガのタイタンフォームの鎧を切り裂き、一旦はクウガにも打ち勝つ。ゲゲルの目標はリント(人間)の戦士としての警察官。警察署に押し入り警察官を殺害する。「ゴセパ・ザバギン・バシグラ・ゴ・ガドル・バザ」(おれは破壊のカリスマ、ゴ・ガドル・バだ)フォルムはズ・ザイン・ダに次いで気に入っている。もう少し角をアピールしたデザインの方が良かったのでは。
 人間体が最高にカッコイイ。絶対に笑わない不敵な面構え。無口だが喋ると低い声で力強く自信に満ちている。実力も伴っていて目的のためにはリントに対してもグロンギに対しても情け容赦なし。人間体を演じるのは軍司眞人氏。黒のコスチュームも髪形も100点満点。(写真、最下段左端
posted by KAZU at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515381

この記事へのトラックバック