2004年08月31日

「ふしぎな島のフローネ」

 「家族ロビンソン漂流記・ふしぎの島のフローネ」は1981年放映の世界名作劇場の一作。フローネ一家はスイスを発ってオランダから船出、イギリスへ寄港、喜望峰を回りオーストラリアをめざすが、南太平洋オセアニア地区で遭難、無人島に漂着する。フクロオオカミに襲撃されたり、マラリアにかかったりと苦難にも会うが、家族みんなで全く悲壮感のない楽しい無人島暮らしを始める。途中で遭難船乗りのモートンさんを加えてさらに賑やかに。ところが、この無人島は火山島でやがて噴火の兆候が見られ、モートンさんの判断もあって、大きないかだを作り噴火の始まった無人島を脱出する。そして苦労の末に無事オーストラリアに到着するという物語。
 一番ハラハラしたのはやはりフクロオオカミに襲撃された第12話「かあさんの活躍」。フクロオオカミは20世紀初頭に絶滅しているので、このお話はそれ以前の話ということになる。おもしろかったのは椰子の実を集めたために夢の中で巨大化したヤシガニに追いかけられるフローネの話。いちばんあきれたのは最後島を脱出する時に動物達までいかだに乗せたこと。かわいそうだというフローネの強引な押しに、モートンさんは食料にする腹でしぶしぶ承諾するが…。
ダチョウが出てくるけど、オセアニアにいるはずがないだろ!
 オープニングは「〜裸足のフローネ〜」歌は潘恵子さん。声優さんやっても歌を歌っても少女の声は最高です。
posted by KAZU at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515256

この記事へのトラックバック