2004年07月15日

毎日、ノープロブレム

 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称「こち亀」は日曜日の人気番組。ある意味でナンセンス、ギャグ満載のアニメなのだが、時折痛烈な社会批判と風刺を含む社会派アニメでもある。バカらしくて見ていられないという方もいることと思う。しかしながら、さすがに人気・長寿アニメだけあってまたその主題歌も多数、おもしろいものがある。集めればアルバムひとつできてしまう。CDを買ってまで持ちたいと思ったのは一曲だけだが。
 さてその買ってまで持ちたかったのが「毎日、ノープロブレム」。小町と奈緒子ふたりの婦警が歌う。シリアスではないが警察官が主人公、正義感あるれる熱血漢たちがくりひろげる物語に強烈な毒気をもったキャラクターたちがあばれまくる。小町と奈緒子もその内の二人。いかにも当世風の女の子二人の私生活を歌ったエンディング。軽快で覚えやすい。「こち亀」ナンバーワンの主題歌だと思っている。

 目覚まし時計 蹴飛ばし小指がアイタタタ
 とりあえず 眉毛をかいたら 駅までダッシュ

 CDはボーカルが前に出てバック(伴奏)が控えている感がある。これよりテレビバージョンのバックがグッと前に出ている方がノリやすい。3インチシングルCDで僕も取り寄せで買った。なかなか見ないCDだが、最近「こち亀」主題歌集のCDアルバムが出たのでこちらに収録されている。(こち亀百歌選〜主題歌ベストコレクション〜)

 ついでにこのシングルCDのC/Wに「ほんのささいな恋だから〜マリアのマンボ〜」というのが入っている。これはアニメや原作を知らない人には意味のわからない歌。マリアが両津のところにおしかけ女房を演じる歌。

 だけどお前は男
 それはささいなことですわ
 しっかりお前は男
 誰でも欠点ありますわ

 男であることを「ささいなこと」「欠点」と言い放つマリアがおかしい。
posted by KAZU at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515209

この記事へのトラックバック