2004年07月13日

5分だけのわがまま

 「蒼き流星SPT レイズナー」のエンディング。
 この時期のアニメは仕事の関係でなかなか見られなかったものが多い。とりあえずはオープニングとエンディングを録音してはみるものの、毎週見ることができないのでついつい歌だけになってしまう。
 しかし、オープニング「メロスのように」も「5分だけのわがまま」も名曲だ。アニメ作品としてはどちらかというとマニアチックなもので、ファンが限定された感がある。その分だけ知名度が低いのが残念だ。

 あの人の横顔を黙って見つめていれば
 そばにいるそれだけで何となしに落ち着けるのよ

 この古風な態度、けして推さず、ただ待とうとするが、

 5分だけわがままをそっと言わせて
 今だけはその瞳私のために

 と時間を切ってわがままを言うのである。二番でも同様。

 … 引き止めることなどしない
 さよならのその前にもう一度だけ
 思い出になるくらいくちづけをして

 歌は富沢聖子さん、サビの部分のコーラスとのハーモニーが素晴らしい。この曲はオープニング「メロスのように」を歌うAIR MAILもカバーしていてレコードでは「メロスのように」のB面に入っている。富沢聖子さんとはまた違った雰囲気でなかなかよい。聞き比べてみるのもおもしろい。
posted by KAZU at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515207

この記事へのトラックバック