2004年07月12日

ΑΙΟΡΟΣ

 ギリシア文字を少しかじられた方なら読めると思うが、アルファ・イオタ・オミクロン・ロー・オミクロン・シグマでアイオロスと読む。僕は語学としてのギリシア語を勉強したことはないので、アルファベットとローマ字読みができるだけだが。この表記は「聖闘士星矢」で何度か登場する。最新シリーズ「冥王ハーデス十二宮編」ではオープニングにも登場するので一度よく見てほしい。
 ファンの方はよくご存知だと思うが、アイオロスは物語中13年前、前教皇を殺し入れ代わった双子座のサガが降臨した赤ん坊のアテナを殺そうとした時にアテナを救って脱出した射手座の黄金聖闘士である。聖域脱出を図るアイオロスは山羊座のシュラに発見され、聖衣をまとってシュラと戦う。必殺技はアトミックサンダーボルト。熱き心の持ち主だが優し過ぎた故に必殺のアトミックサンダーボルトでシュラに止めを刺さなかった。それが仇となって瀕死の重傷を負う。ギリシャに来ていた城戸光政に射手座の聖衣とアテナを託して息絶える。
 「聖闘士星矢・黄金聖闘士編」の感動の場面はいくつかあるが、そのひとつは星矢たちが人馬宮にたどり着いた時の場面。射手座の黄金聖衣が現れ、矢を星矢に向けて放つが、矢は壁にささり、崩れた壁からアイオロスの遺書が現れる。
 「ここを訪れし少年たちよ、君たちにアテナを託す アイオロス」
 アニメでは全文がギリシャ語だった。無人の人馬宮でアイオロスの遺書に熱き心を感じた星矢たちが決意を固める。
 この感動を見たことのない人に伝えるのは難しい。僕は「聖闘士星矢」の画面に「ΑΙΟΡΟΣ」の文字を見る度に感動の場面を思い出さずにはいられない。
posted by KAZU at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44515206

この記事へのトラックバック