2022年06月26日

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(1)



 「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は2015年10月からTOKYO MX、KBS京都・他で放映されたミステリーアニメ作品。原作は太田紫織による同タイトルのミステリー小説。監督に加藤誠、キャラクター原案に鉄雄、キャラクターデザイン・総作画監督にサトウミチオ、音楽にTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。音楽制作はランティス、制作はTROYCA、製作は「櫻子さん」製作委員会。全12話。

★ストーリー



 北海道旭川市に住む高校生・館脇正太郎は、山の中の洋館に住む良家のお嬢様を見かける。そのお嬢様に憧れて洋館に立ち寄るようになるが、ある日そのお嬢様が動物の死体を扱い、裏庭で煮ている姿を見かけてしまう。その女性は洋館に住む女主人にして標本士の九条櫻子。正太郎は近くの老人ホームの認知症の女性の捜索をきっかけに櫻子と知り合い交流を持つようになる。正太郎は櫻子の行く先々で骨・人の死に絡む事件に巻き込まれていくことになる。時系列が前後しながら、櫻子のミステリアスな過去が語られていく。
 この作品の魅力は何と言っても九条櫻子の声。伊藤静さんの演技が素晴らしい。「夏目友人帳」の緒方ユリコ同様、表現力が光りますが、この時はゲストキャラ。本作は主人公ですから。伊藤静さんのファンなら外せない一作。
posted by KAZU at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189625338

この記事へのトラックバック